2017年 2月 の投稿一覧

社会保険料を削減したい人は、春の残業を控えよう

社会保険料

社会保険料(健康保険料と厚生年金)を減らしたい、節約したい方は、春の残業を抑えましょう。というお話です。
サラリーマンやOLなどの会社員の方で、社会保険料を減らしたい!という方は、必見です。

社会保険料、高いですよね。まずは、社会保険料が決まるしくみを把握しておきましょう。




社会保険料の計算方法

社会保険の金額は「標準報酬月額」×「保険料率」で決まります。
保険料率は自分でコントロールできないので、「標準報酬月額」を少なくします。

標準報酬月額の決まり方

「標準報酬月額」は4月から6月の給料の平均で決まります。要は4月から6月の給料の合計÷3か月ということです。一年間の給料ではありません。
残業代が支給されるのは、1か月遅れになることが多いので、3月から5月の残業を減らせば、4月から6月の給料額面が下がります。
結果として、「標準報酬月額」が下がる可能性があります。
(細かいですが、給料だけではなく、会社で交通費が支給されていれば、その交通費は月割りで標準報酬月額に含まれて計算されます。)

春(3月から5月)の時期は残業を抑えよう!と意識するだけでも社会保険料が下がるかもしれませんね。その分、今の制度だと年金額も少し減ります。
標準報酬月額には等級があり、等級で負担額が変わります。等級を下げるのがポイントです。

具体的にどれぐらい変わる?

具体的にはどれぐらい変わるの?と疑問を持つ方もいらっしゃると思うので、具体例をご紹介します。
40歳以上で、残業をして標準報酬月額が380,000円の方が、春の残業を減らして、標準報酬月額が325,000円になったとします。

社会保険料具体例
上の表の赤枠部分をご覧ください。サラリーマン負担分は半分なので、折半額の列を見ます。
380,000円の場合は、社会保険料が健康保険21,964円(介護保険あり)、厚生年金34,546円の合計56,510円となります。
325,000円の場合は、社会保険料が健康保険18,496円(介護保険あり)、厚生年金29,091円の合計47,587円となります。

社会保険料の差額は、8,923円となります。毎月これだけ手取りが増えるわけです。
社会保険料を減らすだけで、年間10万超の差がでます。

なお、現在の社会保険料は、ボーナスからも引かれますが、ボーナスの場合は、保険料率をかけるだけなので、自分で削減節約はできません。

春に残業するなら夏以降にしようという方も増えるかもしれませんね。
時間を決めて仕事したほうが、ダラダラ仕事するより、ストレスもかからず、体にも健康的で生産性が上がるかもしれませんし。




社会保険料上がりすぎ?!

社会保険料が平成29年3月から上がります。
毎年上がっていますね。20年前ぐらいから、給料だけでなくボーナスからも社会保険料を取られるようになりました。

10年前の平成19年の社会保険料率は、会社員の負担分で健康保険4.715%(介護保険あり)、厚生年金7.498%でした。
平成29年からは、会社員の負担分で健康保険5.78%(介護保険あり)、厚生年金9.091%です。

要するに、ここ10年だけでみても12.213%→14.871%で2.658%上がっています。(東京都の場合)
ん?大したことない?額面30万円の場合、サラリーマン負担分で8,000円ほどあがっている計算です。
社会保険料は、給料から天引きされるので、額面30万円の給料の方は、8,000円手取り額が減っているわけです。
総務省が公表している「家計調査」で、3年連続して個人消費が減っているというデータも納得ですよね。

少子高齢化が進んでいるので、現状の年金や健康保険の制度の維持は、厳しいのではないでしょうか。将来世代に負担がいくことのないように望むばかりです。
病院に行かない人にメリットを与える制度にしてもいいんじゃないかと思います。

こちらの記事でも、給料から天引きされる税金や社会保険料の計算方法を紹介しています。




ソーシャルレンディングのリスク、問題点とその対策

少額・短期間から投資でき、利回りも高くて話題のソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)。
しかし、完璧な投資商品はありませんから、リスクや問題点もあります。以下に挙げる特性を理解した上で、適材適所で活用していきましょう。

 

元本保証がない

元本保証はされません。借り手やソーシャルレンディング事業者に何かあった場合、最悪のケースだと投資した資金が一切返ってこないことがあります。
もちろん、逆に、投資額を超えて損をすることもありません。

元本保証はされませんが、元本割れがあったりすると投資家が離れていってしまうので、ソーシャルレンディング業者は色々と対策をしています。例えば、融資先の審査をしっかりと行ったり、担保を取ったり、会社代表者の連帯保証を取ったりしていることもあります。そのような業者を選べば比較的安心です。

当サイトで紹介しているソーシャルレンディング業者はほとんどが担保を取っているはずです。担保を取っていれば、借り手に何かがあったとしても、元本が保全できる確率は高まります。

また、クラウドクレジットが行っている保全策については以前こちらの記事で紹介しています。

ちなみに、今までソーシャルレンディングが元本割れしたという話は聞いたことがありません。
たとえば、maneoは過去6年間で600億円以上の貸し付けを行っていますが、元本割れはもちろん、予定利回りを下回ったことも一度もないそうです。

 

途中解約できない

ソーシャルレンディングは満期が決まっており、原則的に途中解約ができません。その期間中に必要になるお金を投資してしまわないように、運用期間を確認した上で投資しましょう。

途中解約はできませんが、そのおかげで解約しようかどうしようか迷って時間を無駄にすることもありません。株式投資だとつい途中で売りたくなってしまい、売ったら株価が上がっていったなんてこともありますが、ソーシャルレンディングではそういう心配はないです。

ソーシャルレンディングは運用期間があらかじめ決まっているため、収益をコントロールしやすいというメリットもあります。それについてはこちらの記事も参考にしてください。

 

投資後にできることがない

投資したあとは業者におまかせで、自分にできることはありません。逆に言うと何もしなくていいというメリットとも言えます。
そのため、忙しい会社員や、初心者でも始めやすいです。

 

満期前の償還(早期償還)

ソーシャルレンディングでは、貸し付けた資金が予定よりも早く投資家に返済されることがあります。
そうなると、他の投資先を探さないとなりませんので、手間がかかります。

ただ、早期償還は基本的にはメリットだと考えています。
なぜなら、短期間で高い利回りを得ることができるからです。
ソーシャルレンディング各社のファンド一覧を見ていると、年あたりの利回りは運用期間が長いほど上昇する傾向にあります。

たとえば、最近のみんなのクレジットのファンドの例をあげてみます。
《第100号》 不動産ローンファンドは18ヶ月で8.10%
《第101号》 不動産ローンファンドは16ヶ月で7.50%

100号案件が16ヶ月で償還されれば、101号案件と同じ運用期間なのに、利回りが0.60%高くなるということになるのです。
※利回りは年換算利回りです。

また、みんなのクレジットトラストレンディングといったキャッシュバックがある業者の場合は、運用期間が短くなるほど利回りが向上します。
運用期間が変わってもキャッシュバック額は変わらないからです。
ちなみに、私もつい先日、みんなのクレジットで9000円のキャッシュバックを受けました。

ただし、後述する待機時間も考慮すると、早期償還によって実質利回りが低下する可能性があります。

 

投資先が見えない

ソーシャルレンディングでは投資先の詳細が分からないようになっています。これは、怪しい事業や会社だから公開していないのではなくて、法律や金融当局によって規制されているためです。
投資先(借り手)を投資家(あなた)に公開してしまうと、貸金の扱いになり、投資家が貸金業者になってしまうという理屈です(!)。

なんとも奇妙な話です。このあたりの法制度がしっかりとしてくれば、アメリカのようにソーシャルレンディングがさらに普及すると思うのですが。

とにかく、投資家からは投資先が分からないので、ソーシャルレンディング事業者を信用するしかありません。信用できる業者を選ぶようにしましょう。当サイトでは、私たちが投資するに値しないと判断した業者は紹介していません。

 

分配金は雑所得

ソーシャルレンディングの多くは毎月分配金が支払われます。これは雑所得になるため、所得が多い人にとっては税制上不利です。

株の利益は約20%課税されるのですが、ソーシャルレンディングの場合、本業の所得が多い人は最大で約55%も課税されてしまいます。この場合、法人化を行うことで税金を減らせる可能性があります。また、収入の少ない家族がいれば、その人の名義にすることで節税することもできます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

株と違って特定口座のような仕組みがないため、確定申告が少し面倒です。
この辺は今後の法整備に期待したいところです。

 

投資までの待機時間がある

ファンドにはそれぞれ募集期間がありますが、募集終了日から実際に投資が実行されるまで時間があります。この間は資金をすでに振り込んでいるにもかかわらず利息が発生しないので、実質の利回りは低下します。

たとえば、クラウドクレジットの例を見てみましょう。(図はクラウドクレジットから引用して加工)

クラウドクレジット運用期間
赤枠で囲った部分を見てください。募集終了は2月下旬なのに、貸付実行は3月上旬になっており、この間は利息が発生しないことが分かります。

また、投資効率を考えれば、募集終了間際に投資するのがよいということになりますが、人気の案件だと、募集開始後すぐに投資しないと募集終了してしまうことがあります。たとえばラッキーバンクトラストレンディングではしばしば起こります。その場合、さらに待機時間は長くなります。

投資が実行されるまでは借り手にはお金が渡ってはいないでしょうが、ソーシャルレンディング事業者にはお金が渡っています。そのため業者の倒産リスクを負うことになります。
業者の倒産を避けるという観点では、クラウドクレジットmaneoには大企業が出資しているという点を考慮するとよいでしょう。

 

出金手数料がかかる

業者によっては出金手数料がかかります。一方で無料の業者もあります。
みんなのクレジットオーナーズブックは有料ですが、クラウドクレジットラッキーバンクトラストレンディングは無料です。

こちらの記事にまとめていますのでご覧ください。

 

おわりに

ソーシャルレンディングのリスクや問題点について見てきました。投資をする上で、リスクを知ることは大切です。
知ることでヘッジできるリスクもあります。複数の業者や案件に分散投資を行い、運用期間もずらすことで軽減できるリスクもあるということは覚えておきましょう。
分散するのは投資の基本です。

 

ソーシャルレンディングランキング

全て無料で口座開設できます。

1位 クラウドクレジット
海外に投資できる点が、他のサービスにはない特長で利回りも高め。
海外分散投資をしたいならおすすめ。伊藤忠商事が株主。
クラウドクレジット

2位 オーナーズブック
不動産特化。金利は5%と比較的低めだが、物件やリスクに対する説明が豊富なので、よく知った上で投資できる。SNS機能で投資家同士が交流できる点は他にない魅力。
オーナーズブック

3位 トラストレンディング
無料会員登録とメルマガ購読で1500円キャッシュバック。10万投資で合計5000円キャッシュバック

4位 maneo(マネオ)
日本初のソーシャルレンディング。最大手で業界シェア50%超。実績ナンバーワン。投資先が豊富。

5位 FUNDINNO(ファンディーノ)
日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスで、うまくいけば数十倍になって返ってくることも。
ファンドの募集が開始されました。

6位 クラウドバンク
証券会社が運営するクラウドファンディング。
140億円の募集実績がある。
クラウドバンク

7位 ラッキーバンク
不動産に特化したサービスで、利回りも高い。出金手数料無料も嬉しい。急成長中。
ラッキーバンク

 

サンリオ【8136】の決算短信を分析をしてみた【2017年3Q】

サンリオ

私はサンリオの株主なんですが、第三四半期の決算発表から売られているので、握力を高めようと決算短信を見てみました。
ざっとみた感想は次の通りです。あくまで個人的な感想ですし、厳しい目で見ています。

3つの雑感

まずは3つ、感想を記載します。

配当性向が高すぎる

2017年3月期(2016年4月から2017年3月の1年間)の予算(着地予想)でも1株当たり当期純利益(a)は94.29円となっています。
このうち、1株当たり配当額(b)で80円を支払う予定としているので、配当性向は約85%(b÷a×100)となり、サンリオが行う新規の投資は厳しくなると考えられます。
また、サンリオの場合、株主優待も行うわけで、その引当額は54百万円であり、1株当たりの影響額は1円もありませんが、一応コストはかかっているという認識でいたほうがいいかと。

予算達成は厳しいかも

2017年の1月から3月の売上については、特に真夏のアイスなどのように季節的な影響で売上が爆発的に増加することは考えられにくいです。
売上が前年2016年の1月から3月と同額しか伸びないと仮定すれば、売上予算の達成は厳しいものと考えられます。
利益についてはコストカットなどの施策により、達成可能な水準かもしれません。

海外事業の伸び悩み(特に欧州と北米)

海外は軒並み厳しい状況となっていますね。
欧州と北米については赤字が出ているんですよね。来期も赤字が出れば、欧州事業と北米事業については、減損の対象になるかもしれないので要注意です。
減損になったら、利益は結構下がりますからね。そこで、株価がドカッと下がるので、そこでナンピンしましょうか。それまでキャッシュを貯めておきます。
欧州も景気がよろしくないようです。日本も個人消費が減っていますし、、、株価は金融緩和の影響か好景気ですが。

株価はどうなの?

まず来期の2018年3月期の配当は、減額になる可能性は高いものと判断しています。株価は2018年3月期を織り込みにいっているんじゃないでしょうか。
2017年3月期の配当が、利益に比べて高すぎるんでしょうね。
2017年3月期は、法人税等の還付金が入っています。税引後利益から配当するので、今後、2017年度の売上水準で推移すると減配は避けられません。
なんで現状は利回りが高く出ていますが、利回りも妥当な水準に落ち着くかもしれませんね。

今後のサンリオの事業展開

厳しい視点で見ましたが、利益は出ており、ロイヤリティなどのストックビジネスなので問題はないでしょう。
社長問題なども株価に影響を与えているのかもしれません。
今後のサンリオの事業展開に期待です。
あっ私は売りませんよ。例え配当が0円でも優待がなくなるまでは、売りません。

私はあんまりしませんが、最近だと貸株もあります。(貸株は株価下落要因にもなるので、私はあまりしません。)
貸株金利は0.1%とかですが、銀行利息に比べるとずっと高いです。
雑所得扱いなんで、20万以下の雑所得なら、所得税の確定申告の必要もないですし、会社員にはいいかもしれません。
貸株については、またの機会に書きたいと思います。




オイシックスはおいしく、安全、簡単!【共働きには節約も♪】

オイシックス

共働き、子育てママにおススメのオイシックスです。オイシックスは、有機野菜などの食材を宅配している会社です。
我が家では2週間に1度頼んでいます。おいしくて、安全で、簡単です!

オイシックスが取り扱う商品は、確かにイオンなどのスーパーと比較すると値段は高いです。
しかし、ついつい外食をしてしまう共働き世帯には、外食をしなくなるといった意味で、節約にもなります。

新鮮でおいしく安全な商品

オイシックスの商品は、まず何より新鮮でおいしいです!
また、独自の安全基準を設けており、安全です。
特にお子様には、安全なものを食べさせてあげたい!という方も多いと思います。

やっぱり、食べ物は安全なものがいいに決まってます。
スーパーでは買えない選び抜かれた食材を多く扱っているのも魅力ですよね。

今食べたものは10年後、体に出るというので、我が家では添加物が多すぎる食品は極力選ばないようにしています。
ちなみに我が家では、生活クラブやオイシックスなどで食費のほとんどを占めています。
外食はほとんどしません!
おいしい素材に、おいしい調味料があれば、手の込んだことをしなくても、ただ焼いて塩を振るだけで十分おいしいんです!

オイシックス

簡単レシピのKit Oisixは節約にもなる

オイシックスでは、Kit Oisixという商品も売っています。
20分で家族にやさしい食事が作れます!
レシピや調味料などもついているので、献立も考える必要ないですし、忙しいママには、うってつけなんです。

共働き世帯だと外食することが多いと思いますが、外食するなら、Kit Oisixです!
結局、外食する回数が減って、節約になるんですよね。

その上、スーパーに往復する時間も節約できるし、子どもにせがまれてお菓子など不要なものを買ってしまうということが減ります。

健康で安心な食材を食べることができ、食費も安くなり節約できるといいことづくめです。

Kit Oisixはこちらからどうぞ!試してみて気に入らなければ全額返金してもらえます。

【Kit Oisix】20分で2品作れます♪

KitOisix

オイシックスのメリットとデメリット

ここまで色々とおススメさせていただきましたが、個人的に考えるオイシックスのメリット、デメリットもご紹介します。

メリットは今までご紹介した通りです。

  • おいしい
  • 安全
  • 簡単
  • 結果的に節約(特に共働き世帯)

デメリットは一つ

  • 価格が高い

デメリットもお伝えしたほうが、納得がいくかなと考えていますので、敢えてお伝えしています。
オイシックスの唯一のデメリットは、価格が高いことなんです。

なぜ高いかを有価証券報告書をみて分析してみます。あくまで個人的な雑感です。

有価証券報告書からわかるオイシックスの利益率

オイシックスは上場企業なので、有価証券報告書が公表されています。
この有価証券報告書の損益計算書を見ると、売上総利益(粗利)がざっくり50%となっています。
要するに、仕入れた商品の値段が50円とすると販売する商品の値段は100円になるんです。販売価格は仕入価格の2倍ということです。

インターネットをする上で、販管費(広告費など)がかかっているので、ネット業界の利益率としては良心的なほうですが、公表データなので紹介してみました。

スーパーや外食の利益率

スーパーや外食の利益率も紹介しておきます。
スーパーの利益率は30%、外食の利益率は70%と言われています。
オイシックスの利益率はスーパーと外食の利益率の半分ぐらいということです。

お金よりも健康

オイシックスは価格は高いけど、それでも購入したい!という人も多いのは事実です。
大切なのはお金よりも健康です!

健康であれば、老後も働くことができます。定年が70歳~75歳になりそうですし、一番大切なこと、それは健康です。体が資本です!
安全な食べ物を食べて健康に気を使っていることで、体調を悪くして収入源がなくなることを考えると、お得かもしれません。

高いのにはきちんと理由があるんですよね。

「損して得とれ」と言われるように、長い目で食べ物にも気を付けていきましょう。

そして、オイシックスが初めての方は、デメリットの価格の高さを感じさせないお買い得な限定商品があります。
初めてなら断然こちらのセットから!

オイシックス
おそらく、利益は出ないんでしょうね笑
それだけ自信があるということでしょうか。
まずはお試しにどうぞ!

おまけ~オイシックスの株主優待をもらおう~

オイシックスの株主になって、オイシックスを応援してみたいという方は、GMOクリック証券で購入を考えてみるのもいいですね。
オイシックスは株主優待もあります。おいしいお米がいただけます。
GMOクリック証券は購入手数料も安いですし、GMOの株主優待をもらうと、購入手数料がキャッシュバックされます。

こちらも合わせてご覧ください。

KitOisix

オイシックス

ソーシャルレンディング投資状況を公開【2017年2月】

「共働き貯金.com(当サイト)の管理人はソーシャルレンディングを勧めているけど、本当に投資しているのだろうか?」
はい、もちろんしています。投資状況を公開してみます。

投資状況

みんなのクレジット

投資額:10万円
利回り実績:14.6%
分配金総額:1552円
キャッシュバック総額:13,000円

みんなのクレジットは「運用実績」のページで利回り実績が表示されるようになりましたね。
源泉徴収もしっかりとされていますし、文句ないです。

みんなのクレジット201702実績

以前の記事で予想した通り、新たなキャンペーンが開催されて利回りが上がりましたので、明日(2017/2/20)追加投資をするつもりでいます。
記事で言及した97号への投資はしてませんでした・・・

今なら新規口座開設で1000円キャッシュバック、15万円以上投資でさらに2000円キャッシュバックのキャンペーンも合わせて実施中です。

ラッキーバンク

投資額:30万円
年間利回り:9.4%
分配金総額:0円 (次回分配予定金額:2,891円)

ラッキーバンクも投資したばかりなので、まだ分配金はもらっていませんが、もうすぐ2,891円もらえるそうなので期待してます。

 

トラストレンディング

投資額:10万円
年間利回り:9.0% (キャッシュバックと誕生日プレゼント込みで14.5%)
分配金総額:0円
キャッシュバック総額:5,000円

トラストレンディングにも投資したばかりなので分配金はもらっていません。
キャッシュバック5000円はしっかり受け取っています。(メルマガ購読をして、10万円投資すればもらえます)
誕生日には500円分のQUOカードももらいました。

 

グリーンインフラレンディング

投資額:20万円
年間利回り:14%
分配金総額:0円

個人的に太陽光発電などの再生エネルギーが好きなので投資しています。利回りも高いですし。
本当は風力発電の方が好きなのですが、タイミングが悪かったようで投資できていません。風力発電所を眺めていると癒されますよね。(個人の感想です)

投資したばかりなので、まだ分配金は出ていません。

 

口座開設済みだが投資していない業者

以下の業者には口座開設をしていますが、まだ投資をしていません。

クラウドクレジットに投資をしていない理由は、私が外国株式を大量に保有しており、ポートフォリオが海外資産に偏っているからです。
ただし、海外資産を持っていない方は多いと思いますので、そういった意味でオススメしています。ソーシャルレンディングだけで海外に分散投資できるのは魅力です。
ちなみに、海外投資の確定申告については下記の記事で紹介していますが、結構面倒です。その点もクラウドクレジットを通せば楽になります。

オーナーズブックmaneoSBIソーシャルレンディングについては利回りが相対的に低いため、まだ投資していません。
はい、私のリスク選好が強いということです(笑)
これらの業者はリスクが比較的低いので、ソーシャルレンディング初心者の方には特にオススメです。
投資先の分散のため、私も今後の投資を検討しているところです。

FUNDINNOについては、まだファンドが募集されていないので、投資したくてもできない状況です。
日本初の株式投資型クラウドファンディングということで注目しています。