投資カテゴリ

確定拠出年金(401k)はサラリーマンにとってシンプルかつ最強の節税商品

401k

2017年になりました。いよいよ、確定拠出年金という制度がサラリーマンやOLでも幅広く、利用できるようになりました。
今まで確定拠出年金を利用できるのにしていなかった人も、これを機に一度やってみませんか?

そもそも、会社員が自主的に節税対策でき、その掛金が将来の自分の資産になる制度ってこの制度以外にありましたか?
生命保険は、全額が節税にはなりません。確定拠出年金は、全額が節税になります。確定拠出年金の掛金は毎年、最大276,000円です。
最大276,000円節税になる。それだけ画期的な制度となっています。

節税が無縁のものではなくなりました。NISAやるなら、まずは確定拠出年金からです。
難しいことを考えず、シンプルに、節税しながら老後の資産を確保するためには確定拠出年金(401k)が最強です。
あーもう節税とかよくわからないから、めんどくさい、という方は確定拠出年金だけやってください。年収別節税額も紹介しています。

大きなメリットは、「全額所得控除」と「運用益が非課税」という二点です。
リスクは、「特別法人税」と「原則、60歳以降にならないと受け取れないこと」でしょうか。

確定拠出年金のメリット

全額所得控除

掛金の全額が所得控除となり、所得税と住民税が節税になります。
本当に節税メリットだけを享受したいという方は、定期預金を運用商品に選択すれば元本割れのリスクはなくなります。*
*口座維持手数料などはかかります。

なぜ、老後のための資産運用なのに、掛金が所得控除になるの?ということですが
正直、公的年金では年金制度をまかなえないと国が諦めているような、、、70歳定年?75歳から年金支給?
昔は60歳から年金支給でしたよね。おっとこれ以上は、誰か来たようです、、、

節税してあげるから老後の資金はあなた個人でたくわえて、という意図が見え隠れします。
なのでやらなきゃ損とも考えられますね。

運用益が非課税

運用益は原則、毎年税金がかかります。税金がかかると元手が小さくなります。

確定拠出年金は運用益が非課税となっています。
ということは、元手を減らさずに次の運用に回せるということで、それだけ利益額が大きくなる可能性があるので、将来大きなプラスになり、あなたの老後を豊かにする可能性があるのです。

ちなみに、運用益が非課税のものの代表として確定拠出年金とNISAがあります。
NISAとの違いは掛金が節税になるか、どうかです。(NISAのほうが投資上限金額は120万と多いですが。)
掛金が節税となる確定拠出年金を優先した方が、税金が安くなっていいですね。

その他のメリット

受取時には退職所得が適用できるため、税金上お得です。
よく退職金を受け取るとき、年金で受け取るか一時金で受け取るか、迷っている方もいらっしゃいますが、年金で受け取ると雑所得で公的年金控除ですが、一時金で受け取ると退職所得になります。
税金上は、退職所得ほど有利なものはないので、私なら迷わず退職所得を選択します。
退職所得は分離課税で所得が半分になり、非常に優遇されているんです。
今の税制があなたが退職するときまで継続していればという条件もありますが、確定拠出年金のお金は、退職所得で受け取るといいです。

確定拠出年金のリスク

リスクとして、一点目は特別法人税でしょうか。この税金「資産残高の1.173%」というかなり重い税率が定められています。
確定拠出年金の残高に対して1.173%なので、かなり痛い課税です。現状、凍結されております。
ただ、凍結です。廃止ではありませんので、いつこの税金がかかるかわからないのも現状です。
ただ、今のところは会社員(サラリーマン・OL)は最大年間27万ぐらいしか拠出できないので、そんなに心配はいらないところです。

例えば10年後300万の残高になったとしても、特別法人税という税金は3万3千円ほどしかかりません。
それまで、毎年所得控除で節税ができるメリットを考えると悪くないです。

もう一つのリスクは、原則60歳まで解約ができないことです。年金なので、当たり前ですが、それより前に必要な資金まで確定拠出年金に拠出することはやめましょう。
この二つのリスクは注意が必要です。

 

助成金にも影響

こちらはあえてメリットに入れませんでした。給料額面から給与所得控除を引いて給与所得を求めて、所得控除の合計を引くという所得計算をする必要があるからです。
自分の計算で所得計算ができれば、子育て関連の助成金に影響するかも?!というお話をここで紹介します。

保育料や幼稚園の助成金の基準となる所得は、所得控除後の税金を元に決めている自治体が多いです。
(お住いの市町村のホームページで確認してください。)

確定拠出年金(401k)の掛金が、この子育て支援などの所得の判定に影響するわけです。(変更される可能性もありますよ。)
すごくケチくさいかもしれませんが、あと一歩で助成金の金額が上がる対象世帯の方であれば、確定拠出年金を掛けて所得控除額を増やすだけで、所得が下がり、助成金が上がることもあります。
知らないより知っている方がいい制度です。もちろん、制度を利用することは悪いことではありませんし、利用できるならした方がいいです。

ただ、最低限のマナーと良心は必要だと思います。健康で、年金を払わず年老いて、生活保護になった方にマナーはありますか?

もちろん、後悔している方も多いと思いますが、私が!私が!もらって当たり前!という権利の主張だらけ。そうならないための確定拠出年金です。確定拠出年金の本質は、自分で老後の資金を積立することです。

小さな声で言ってみました。スルーしてください。

年収別節税額

税理士監修の上で試算した、年収と節税額の大まかな目安です。
(あくまで大まかな目安です。)

全てに共通していますが、共働き世帯であれば、迷わず夫婦のうちで所得の高いほうが優先的に確定拠出年金に入るべきです。
年収が高い人が確定拠出年金に入ったほう(所得控除額が増える)が、節税額が大きく世帯の合計税金が減るからです。
例えば妻のほうが所得が高ければ妻が確定拠出年金に入ること、夫のほうが所得が高ければ夫が確定拠出年金に入ることが重要です。

  • 年収0円から年収100万まで
    住んでる自治体によりますが、所得税も住民税も無税です。401kの必要はありません。
    ただし、運用益が非課税になったり、退職所得が適用できるメリットはあります。
  • 年収100万から年収103万まで
    住民税均等割がかかります。大企業のパートなどでは社会保険もかかってくるかも。401kの必要はありません。ただし、同上。
  • 年収103万から年収131万まで
    所得税もかかってきます。大企業のパートなどでは、社会保険もかかってくるかもしれません。
    ご自身の税金額によりますが、原則掛金の15%が節税になります。
  • 年収131万から年収430万まで
    原則、掛金の15%が節税になります。
  • 年収430万から年収630万
    原則、掛金の20%が節税になります。
  • 年収630万から年収1050万まで
    原則、掛金の30%が節税になります。
  • 年収1050万~
    原則、掛金の33%~55%まで節税になります。

ふるさと納税と比較

ふるさと納税も最近流行っていますが、ふるさと納税をしても、納める税金の金額は変わりません。
返礼品があるのでお得感があるものとなっています。返礼品はお得なものが多いようですね。

ふるさと納税の場合は、老後の年金は確保できません。確定拠出年金の場合は、自分の資金を確保しつつ節税となるので非常にいい制度だと思います。
しかも、ふるさと納税は保育料や幼稚園の助成金などの基準となる所得を判定する時は、考慮外となっていることもあり要注意です。

会社員の方であれば難しいことを考えず、シンプルに節税しながら老後の資産を確保する、それが確定拠出年金(401k)です。

以下の記事で、401kの詳細を記載しています。ぜひご一読ください。




ソーシャルレンディングの確定申告~収入・経費と税金計算の仕方~

calculator-385506_640

ソーシャルレンディングが話題です。高い利回りと短い投資期間が魅力ですね。
「なんか怪しいけど、まずは10万円でもソーシャルレンディングに投資してみよう」と思っている方も多いのではないでしょうか。

ここでは、投資する時に忘れてはいけないソーシャルレンディングの税金の計算の仕組み(収入と経費)と確定申告の仕方を、税金のプロである税理士がご紹介します。
確定申告のところでは、会社員の方が行う確定申告の記載例を紹介しています。確定申告の参考にしてください。

はじめに~確定申告不要基準~

確定申告が面倒だなという方は、次の条件に該当すれば確定申告は不要です。
(原則は、住民税の確定申告はしないといけませんが、、、実際にしてる人いるんでしょうか?、、、最終的にはあなたの判断です。)

・給与所得や退職所得以外の所得が20万円以下

雑所得のみで20万円以下であれば、しなくて問題ないです。
ただし、ソーシャルレンディング以外にも雑所得があり、合算して20万円を超える場合は確定申告をしなければいけません。
目安としては、ソーシャルレンディングの利回りが年5%だとすると、他に雑所得がないならば年間400万円まで投資しても確定申告の必要はないということです。

ただし、給料のみで年収額面約600万以下の方は、ソーシャルレンディングで得た利益が20万円以下でも、確定申告すると還付される可能性が高いです。
確定申告が面倒という方は、この基準だけでも覚えておいてください。

ソーシャルレンディングの収入

ソーシャルレンディングで得た収入はどの所得に分類されるのか気になりますよね。
ソーシャルレンディングは雑所得という所得の分類になり、給料などの所得と合算して税金を求めます

ソーシャルレンディングで得た収入は、あらかじめ、源泉所得税20.42%が差し引かれます。
各ソーシャルレンディング業者から、年明けには源泉徴収票が送られてくるので、あまり気にしないでいいかもしれません。
「年の途中で収入が知りたい!」など、しっかり管理したいと考えている方は、ソーシャルレンディングのマイページから運用実績などを見て、税引き前の金額を確認してください。

株式投資をやっている方であれば、わかりやすいかもしれません。
特定口座で源泉徴収ありの株式投資と同じような仕組みです。ただ株式投資と違って、分離所得ではなく、雑所得となっていることに注意が必要です。

また、みんなのクレジットなどは新規口座開設時や、10万円以上の投資実行時にキャッシュバックキャンペーンを行っています。このキャンペーンで得た収入は一時所得になります。
一時所得は、年間50万円までは特別控除があるので税金はかかりません。
ただし、再投資ボーナスなど継続してキャッシュバックがあるキャンペーンは雑所得になります。一時所得と雑所得の違いは「継続」しているかどうかです。
継続してあるキャッシュバックについては、雑所得として計上しておいたほうが無難です。

ソーシャルレンディングの経費

忘れてはいけないのが経費です。収入-経費が雑所得の所得金額になりますので経費の計上は忘れないでください。
経費にする場合、領収書は必ず保存しておいてください。

ちなみに、雑所得の場合は、青色申告決算書を作成する必要はありませんので、経費を項目ごとに分ける必要はありません。
(これは、通信費か、これは旅費交通費か、あれこれ悩む必要はありません。全部をがっちゃんこして経費を算出すれば大丈夫です。)

経費にはどんなものがあるでしょうか。
税務署側が経費として認める可能性が大きい順に紹介します。
*税法も対応しきれていない分野なので、あくまで一税理士の見解ということをあらかじめご承知おきください。

税務署が認める可能性大の経費

  1. ソーシャルレンディング関連の書籍、セミナー代、セミナーにいくための交通費
    交通費は領収書でなく、出金伝票などでもOK。セミナー資料は残しておいてね!
  2. ソーシャルレンディング業者からの出金手数料
    関連記事:ソーシャルレンディングの出金手数料の比較と節約方法
  3. ソーシャルレンディング業者との電話代

税務署が認める可能性中の経費

  1. インターネット代
    全額ではなく、そのうちの10%などに按分する必要あり。(10%だけを経費にできるということ)
    ソーシャルレンディングをするためだけにネットを引いていれば100%可能かも?!その場合、ブラウザの閲覧履歴は全てソーシャルレンディング関連か確認しておいてね
  2. スマホ代
    インターネット接続環境がない場合などに経費になる。これも、按分する必要あり。上のインターネット代とスマホを併用するのは厳しいかも。

税務署が認める可能性小の経費

  1. 家賃、電気代
    程度による。按分する必要あり。会社員なら最高で10%程度にしておいた方が無難。
  2. 交際費
    ソーシャルレンディング投資家の集まりなら、おそらくOK。ただ、最低限にしたほうが良い。
  3. PCやスマホ、タブレットなどの消耗品
    インターネットと同様、ソーシャルレンディングをするためだけに買ったなら100%可能かも?!でも一切、他のことに使っていないってパッと見わかります?
    プライベート専用のPCを何台か持っているなら可能かも、、、(それでも雑所得なんで、按分したほうが無難です。)

経費をざっと紹介しましたが、金額でいうと、年5万ぐらいを経費にできたらいい方かもしれませんね。

おまけ~青色申告にするには?~

経費という観点から見れば、青色申告にできるなら非常にいいですよね。青色申告特別控除の65万円が使えます。
事業所得にして青色申告をしたい!という方は、貸金業を個人で営みましょう!
開業届に「貸金業」と書けば、ソーシャルレンディングも本質は貸付なので、同じ業務として青色申告となります。*
*事例がないですが、税務署側も事業所得であると認めると、個人的に判断しています。

ただ、貸金業になるまでのハードルは高いです。
(貸金業は財務当局などの登録が必要で、めちゃくちゃ面倒です。純資産5,000万円以上や貸金業務取扱主任者が必要だったり。闇金ウシジマくんにならないように笑)
それほど、事業所得にするのは難しいのです、、、
比較的、新しい投資なので、税制の仕組みは変わるかもしれませんが。

こちらの記事では、ソーシャルレンディングの税金が雑所得に分類される根拠や、ソーシャルレンディングの節税について、紹介しています。
是非ご一読ください。

ソーシャルレンディングの税金計算の仕組み

ソーシャルレンディングの収入から経費を引いて、ソーシャルレンディングに関する所得金額を求めます。

会社員がソーシャルレンディングの税金を求める方法は次の通りです。
ソーシャルレンディングの所得金額とその他(給与所得)の所得などを合わせて、合計金額を求めます。
合計金額に税率をかけて税金を求めます。*
*株式やFXなどの分離課税は除く

では、実際どうやって確定申告するか見ていきましょう。

ソーシャルレンディングの確定申告

前提は次の通りです。

  • 会社員で給料600万円で、源泉所得税186,360円を会社が徴収済み。社会保険料は844,260円
  • 所得控除は基礎控除380,000円と、扶養家族として70歳以上の親を扶養している
  • ソーシャルレンディングは複数の業者で行っている。
  • ソーシャルレンディングの年間収入は合計572,000円、経費は17,500円。源泉所得税は115,086円
  • 確定申告B表を選択。(給与所得のみであれば、A表B表どちらを選択されてもOKです。)

上記の条件で確定申告をしてみます。こんな感じになります。

確定申告書第一表から抜粋

確定申告書 第一表 記載例

確定申告書第二表から抜粋

確定申告書 第二表 所得の内訳 記載例

確定申告作成コーナーというところで作成する順序でお伝えします。

一番先に、提出方法やあなたの生年月日などの情報を入れていきます。準備が終わったら、さっそく入力していきましょう。

まず、確定申告第二表の所得の内訳(第2表にあります)の赤で囲った部分④を入力します。
給与も忘れずに入力してください。給料は源泉徴収票から、給料と源泉徴収額を転記します。

名称などの部分は、住所なども記載するところもありますが、面倒であれば正式な会社名だけでも入力してください。
ちなみに、ロードスターキャピタル株式会社は、オーナーズブックの運営会社です。それ以外は社名の通り、クラウドクレジットラッキーバンクみんなのクレジットです。

次に、雑所得の収入と経費、源泉徴収税を記載するところがありますので、ソーシャルレンディング業者から来た源泉徴収票をもとに収入と源泉徴収税を転記していきます。
4社の合計の収入が572,000円、源泉所得税が115,086円となっていることを確認します。

経費は、ご自身で年間の合計を集計したあと、ネット代や書籍代などは、収入の比率などで按分します。
こうした方が税務署から見て、収入先のソーシャルレンディング業者ごとに、しっかり経費を管理しているんだなという印象を持たれていいかなと思います。
でも面倒くさいという方は、一番収入の多いクラウドクレジットに全額経費を計上してもいいです。
記載例では、こんな感じに経費を配分してみました。

確定申告書第二表から抜粋

確定申告書 第二表 雑所得(公的年金等以外)、総合課税の配当所得・譲渡所得、一時所得に関する事項 記載例
必要経費等は4社合計で17,500円になっていることを確認してください。
ソーシャルレンディングの所得は収入572,000円-経費17,500円=554,500円になります。

では、次に行きましょう。確定申告書第一表に移ります。(再掲)

確定申告書 第一表 記載例
ここでは、①の部分がソーシャルレンディングの収入、②の部分がソーシャルレンディングの所得を示しています。

①の収入は572,000円、②の所得は554,500円で、ソーシャルレンディングの収入と所得が、確定申告第一表に転記されていることを確認します。

扶養控除などの所得控除の情報を入れて、必要であれば住民税の情報を入れて、住所氏名を入力して、はいおしまいです!簡単でしたね。
あなたの口座情報を入力し、還付される税金をもらってください。

計算すると還付金額がわかります。還付金額は確定申告書第一表の③の部分です。
なんと還付金額は83,463円になりました!

源泉所得税が、ソーシャルレンディングであらかじめ115,086円引かれていたわけですが、確定申告することにより、還付金額が83,463円となりました。
ソーシャルレンディングの収入を申告したことで住民税が約55,000円上がるとしても、約28,000円得になったわけです。
(内訳は給与所得還付分約25,000円とソーシャルレンディング分3,000円)

確定申告により、社会保険などはあがりません。
給料が600万でも還付金額があり確定申告した方がお得な例でした。

以上、ソーシャルレンディングの確定申告の記載例のご紹介でした。

ソーシャルレンディングランキング

全て無料で口座開設できます。

1位 クラウドクレジット
海外に投資できる点が、他のサービスにはない特長で利回りも高め。
海外分散投資をしたいならおすすめ。伊藤忠商事が株主。
クラウドクレジット

2位 オーナーズブック
不動産特化。金利は5%と比較的低めだが、物件やリスクに対する説明が豊富なので、よく知った上で投資できる。SNS機能で投資家同士が交流できる点は他にない魅力。
オーナーズブック

3位 maneo(マネオ)
日本初のソーシャルレンディング。最大手で業界シェア50%超。実績ナンバーワン。投資先が豊富。

4位 FUNDINNO(ファンディーノ)
日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスで、うまくいけば数十倍になって返ってくることも。
ファンドの募集が開始されました。

5位 クラウドバンク
証券会社が運営するクラウドファンディング。
140億円の募集実績がある。
クラウドバンク

トラストレンディング2017年最初の投資案件が一瞬で募集終了

ショックを受けるサラリーマン

あけましておめでとうございます。
2017年1本目の記事です。

本日からトラストレンディングで2件の新規案件募集がありました。

不動産担保付きローンファンド45号(利回り9.5%、運用期間12ヶ月)と
トラストレンディング 不動産担保付ローンファンド45号

流動資産担保付きローンファンド44号(利回り10.0%、運用期間12ヶ月)です。

トラストレンディング 流動資産担保付ローンファンド44号

9:00募集開始だったのですが、10時頃に見たところ、既に募集終了していました。ショックです。これほどまでに早く埋まってしまうとは。

新年最初のソーシャルレンディング投資は参加できずに終わってしまいました。

トラストレンディングは案件が少ない割に、利回りが高いのですぐに埋まってしまうんですよね。

トラストレンディングは、新規で10万投資すると3500円のキャッシュバックがあるので、実質利回りはさらに高いです。

もっと投資案件数が多ければいいんですけどね。

残念ですが次回に期待です。

 

さて、不動産担保ローンと言えば、ラッキーバンクでも1月7日から新規案件の募集が開始します。

第175号ローンファンド Lucky Bank 65億円突破記念(利回り9.40%、運用期間17ヶ月)です。

ラッキーバンク 【1/7募集】第175号ローンファンド Lucky Bank 65億円突破記念

東京都渋谷区と中央区のプロジェクトになります。

こちらもトラストレンディングに負けず劣らず高利回りですね。

ラッキーバンクは以前にも紹介したとおり、自社の利益を削って投資家に還元してくれているので、利回りが高めです。

競争率が高そうなので1/7 11:00ちょうどにPCの前にスタンバイして投資したいと思います。

私は、今回30万円ほど用意してチャレンジするつもりです。

イメージトレーニングも入念に行っておきます。

ラッキーバンクに投資したい方はこちらから口座開設ができます。

それでは本年もよろしくお願いします。

ラッキーバンク(LuckyBank)は怪しい?詐欺?評判とリスクもまとめました

ラッキーバンクは日本初の不動産に特化したソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービスです。
口座開設者数や調達金額が速いペースで伸びており、勢いのある会社です。

この記事ではラッキーバンクの特長や、評判、利回りが高い理由、怪しくないか?、詐欺じゃないか?といったよくある質問についてまとめました。

ラッキーバンクの特長

金利は8~10%程度のことが多く、運用期間は1~2年程度となっています。
銀行預金や国債の金利が0%台であることを考えるとかなりの高利回りです。

数万円という少額から投資が可能のため、敷居が低いです。
分配金を毎月得られるのも嬉しい点です。

全案件が不動産担保ローンです。
不動産を担保にしているので、仮に借り手(投資先)が返済できなくなっても、不動産を売却することで資金を回収できる可能性があります。

なぜ不動産に特化しているのか?

不動産の購入や開発には多額の費用がかかりますが、それを融資してくれる銀行がなかったり、あっても時間がかかるといった問題がありました。
ソーシャルレンディングを使えば、このような問題を解決することができるため、
ラッキーバンクは不動産に特化したソーシャルレンディングサービスを行っています。

ラッキーバンクの評判(口コミ)は?

利回りが高いし、分配金がちゃんと返ってきて嬉しいといった声がよくあります。
毎月分配な点も魅力なのでしょうね。

「幸せを貯金する」という、ラッキーバンクに込められた社長の理念に共感するという声もありました。

投資する上でのリスクは?

不動産市況が悪化して、不動産が値下がりすることがリスクと考えられます。
また、公式サイトには以下のような記載があり、担保が不十分な案件が存在するようです。

場合によっては、登記留保等により担保権が登記されない不動産担保貸付に係る貸付債権が含まれる場合もあります。

ただ、ラッキーバンクは2014年から事業を行っており、比較的歴史がある会社です。
既に170件の案件を組成しており、運用先は290件に上ります。調達額は70億にも達します。
にも関わらず、これまで一度も元本割れはしていません。

こんなに利回りが高いなんて怪しい。危険じゃない?

ラッキーバンクの利回りが高いのは、まずは利益を抑えてソーシャルレンディング市場で高いシェアを得ることを目的としているからです。
実際、社長が「今は投資家への還元を増やしている」と言っています。
今後、顧客が増加するにつれ、ラッキーバンクの取り分が増えて、利回りが低下する可能性がありますから、利回りが高いうちに投資した方が良いかもしれません。

借り手企業は、もっと利回りが低い銀行から借りればいいじゃないかと思うかもしれません。
でも、銀行の審査は何ヶ月もかかりますし、銀行は短期の融資を嫌がります。
そこで、ラッキーバンクのようなソーシャルレンディングで資金を調達するわけです。

借りる期間は不動産を売却するまでの短期なので、借り手からしてみると利回りが高いことを気にするよりもどんどん不動産を仕入れて売るほうが儲かるのですね。

 

田中翔平社長について教えて

ラッキーバンク・インベストメント株式会社の社長の田中翔平氏は、1990年生まれの26歳です。
なんと平成生まれの社長です。
ラッキーバンクの創業時には2014年で24歳頃というのですから驚きです。
若すぎて不安に思われる方もいるかもしれませんが、副社長の奥山晴雄氏という経験豊富なベテランが補佐しており、盤石な体制と言えるでしょう。

口座開設はどうやるの?

登録自体はネットで完結します。
必要事項を入力して登録すると、郵便で投資家承認キーが送られてくるので、それをマイページで入力すれば口座開設完了です。

ラッキーバンクの口座開設はこちらから行えます。

口座開設の際にマイナンバーを提出する必要がある?

はい、あります。
現在は証券会社やソーシャルレンディング会社は、どこも提出が必要なはずです。
提出する機会が多いと思いますので、スマホでマイナンバーカードの両面を撮影して、保存しておくと楽です。
運転免許証などの身分証も一緒に保存しておきましょう。

ラッキーバンクのユーザー層は?

年齢でいうと30代、40代の男性がメイン層です。

年収で言うと300万円未満の人が20%近く、500万円未満の人が半数近くを占めています。
一方で、年収3000万以上の方も投資をしており、非常に幅広い方から評価を得ていると言えます。

手数料について

口座開設手数料、口座維持手数料、取引手数料は無料です。
ここまでは他の投資型クラウドファンディングにもよくありますが、ラッキーバンクは出金手数料も無料です。
(みんなのクレジットは756円*かかりますし、クラウドクレジットは月に1回までは無料ですが2回目以降は756円がかかります。 )

唯一、入金手数料については、銀行振込という形になるので、あなたがお使いの銀行の振込手数料がかかりますが、これも住信SBIネット銀行などのネットバンクを使えば無料になります。

*三井住友銀行以外で3万円以上の場合

出金をするにはどうしたらいい?

マイページにログイン後、「払戻依頼」ボタンを押しましょう。

ラッキーバンク出金

出金手数料は無料です。

確定申告はどうしたらいいの?

ソーシャルレンディングの税金に関しては、以下の記事を参考にしてください。

投資する際に気をつけることは?

ラッキーバンクは、案件募集後すぐに募集を終了してしまう傾向にあります。
募集開始がされてから口座開設をしていては間に合わないので、早めに開設しておくべきです。

ラッキーバンクの口座開設はこちらから行えます。
ラッキーバンク

みんなのクレジットは怪しい?詐欺?元本割れするんじゃないの?

怪しいので検査する人

話題の「みんなのクレジット」ですが、あまりの利回りの高さ、キャンペーンによるキャッシュバックの多さに怪しさを感じている人もいるようです。
さらには、「詐欺じゃないか?」なんて疑っている人もいるみたいですね。

先日も、購読者の方から問い合わせを頂きましたので、私なりの見解をお答えしたいと思います。

なんか怪しい。投資をするのに躊躇してしまう

「みんなのクレジット」の会社概要を見てみましょう。
以下のような記載があります。

貸金登録番号 東京都知事 (1) 第31585号

貸金業法によって、貸金業者には貸金登録が義務付けられています。
みんなのクレジットは東京都知事の登録を受けているということになります。

まだ営業者が東京都内にしかないので、都知事の登録を受けていますが、複数の都道府県に営業所を作ると、財務局の登録を受けることになります。

金融商品取引業 関東財務局長(金商)第2905号

この財務局の登録は非常に要件が厳しく、財務要件や人的要件などを満たす必要があり、調査も定期的に行われます。
その関東財務局の許可も得ていますし、

日本貸金業協会会員 第005927号

日本貸金業協会の会員でもあるのですね。

怪しくない理由は以前の記事にも書いています。

 

キャンペーンも含めた利回りが高すぎる。詐欺じゃないの?

「みんなのクレジット」の特徴は、キャンペーンによるキャッシュバックでしょう。

これについては、投資家が集まるまで、一時的に身を切って利回りを高くしているのではないでしょうか。
投資家が集まって、投資先企業も増えれば、ネットワーク効果が働きますので、身を切った分も後から回収できるという想定なのでしょう。

ある程度投資家が集まったら、利回りが下がり、今のようなお得なキャンペーンも無くなるのではないかと予想しています。

 

元本割れするんじゃないの?

「みんなのクレジット」では、今まで一度も元本割れをしたことがありません。
完済実績については、みんなのクレジットのサイトに行くと、上の方に「返済実績一覧」というリンクがあるので、そこから見ることができます。

みんなのクレジット返済実績

このような詳細なデータを公開しているのも、「みんなのクレジット」の信頼できる点ですね。

また、融資額の120%以上の担保を全案件に設定しているので、いざとなったら担保を売却することで返済が可能と思われます。
もちろん、絶対は無いので、そこは投資先を分散するなどしてカバーする必要があります。

 

とりあえず口座開設

口座開設は無料なので、良い案件が出てきたときのためにも、とりあえず口座開設はしておくといいです。
みんなのクレジットはこちらから開設できます。

 

どうしてもみんなのクレジットは怪しくて不安だという方に

そういう方には最大手のmaneoをオススメしています。融資額600億、ユーザー数40000人の実績があります。
maneoの公式サイトはこちら

また、オーナーズブックも比較的リスクが低くオススメできます。
その分、利回りは低いですが、不動産に特化しており、物件やリスクに対する説明が豊富です。
オーナーズブック