ソーシャルレンディング

オーナーズブックの投資スキーム。デフォルトした際のリスクは?

ビルとお金

先日、オーナーズブック(OwnersBook)の「クラウドファンディングセミナー」に行ってきました。
初心者コースと経験者コースがありますが、私が参加したのは経験者コースの方です。

今回はオーナーズブックの投資スキームを紹介し、
「『オーナーズブックが潰れた場合』と『借り手企業が潰れた場合』にそれぞれどうなるか?」について紹介します。

オーナーズブックの概要を知りたい方は、まずは下記の記事をご覧ください。

オーナーズブックの投資スキーム

オーナーズブックの投資スキームは下図のようになっており、一般的なソーシャルレンディングと同様です。

オーナーズブック投資スキーム

このスキームは、コストが比較的安いので、他社でもよく使われています。
その一方で、案件の覆面化(投資先の詳細を隠すこと)をしなければいけないデメリットもあります。

金銭消費貸借契約(お金を貸し借りする契約)においては、
借り手の保護のために情報開示をしないよう、金融庁が求めているためです。

金融庁が、法人ではなく個人がお金を借りることを想定しているらしく、
「個人の家に多くの投資家が『金返せ!』と押し寄せてきたらどうするんだ?」
という懸念があるそうです。

でも、ソーシャルレンディングの借り手は法人ですし、
投資家が借り手に直接お金を請求できないという契約に既になっているので、気にしすぎですよね。

オーナーズブックの運営会社が破産するリスク

さて、ロードスターキャピタル株式会社は自己資金で不動産投資をしているため、それに失敗した場合、
子会社のロードスターファンディング株式会社が行っているソーシャルレンディング事業に影響が出る可能性があります。

もし仮にロードスターキャピタルが破産した場合、
子会社のロードスターファンディングの株式をどうするかは管財人(*)が決めることです。
それについて投資家が関与することはできません。
管財人にとっては、ロードスターキャピタルの資産を最大化することを考え、なるべく高値でロードスターファンディングの株式を売却するのが合理的と言えます。
ソーシャルレンディングの運営ノウハウを持った他の事業者が、株式を買って、継続して運営してくれるのが理想ですね。
*管財人: 民事再生法または会社更生法に基づき、財産を管理するために裁判所に選出される人。

とはいえ、オーナーズブックは「堅実」をキーワードにしていますので、
ロードスターキャピタルの事業も堅実に行い、事業が失敗しないことを期待しています。

ソーシャルレンディング専業の会社の場合は?

一方、オーナーズブックとは異なり、ソーシャルレンディング事業のみを行っている会社もあります。
そのような会社は、他の事業の影響を受けることはありませんが、
それなりの額のローンを組んで、投資家からお金を集め続けないといけません。
事業者によりますが、貸し付けた額の2%程度を手数料として事業者がもらう仕組みなので、
それで会社の経費をまかなえているかは考えたほうがよいでしょう。

つまり、ソーシャルレンディング事業を専門で行っている会社の場合、投資家からお金を集められないと潰れるということです。
その点、オーナーズブックは不動産事業を多角的に行っており、それらの事業で儲けているという点は強みと言えます。

借り手がデフォルトしたらどうなる?

ここまでは、ソーシャルレンディング事業者(オーナーズブック)が潰れた場合についての説明でした。
次に、借り手企業が潰れた場合についてです。
その場合、オーナーズブックは担保に取っている不動産を売却(任意売却)したり、競売にかけたりします。
なお、担保の買い手を「オーナーズブック自身が」見つけてこれるようにする特約を、あらかじめ借り手と結んでいるケースが多いです。
これは、オーナーズブックの情報網、顧客網を用いて、納得のいく価格で担保を売却できるようにするためです。
オーナーズブックが担保に付けた評価額で売却できる自信があるということでもあります。

ここで気になるのが、「そのことをシニアローンの債権者(主に銀行)がどう思うか?」という点です。
最近募集された「渋谷区商業ビル第1号ファンド第1回」の財務構造を見てください。

渋谷区商業ビル第1号ファンド第1回
https://www.ownersbook.jp/project-detail/index/1058/より引用

この例では、3.46億円の不動産を担保にして、銀行とオーナーズブック(図中ではOwnersBook)がお金を貸しています。
銀行の方がたくさんのお金を貸していますし、シニアローン(返済順位が高い通常のローン)なので優先的にお金を返済してもらえる権利があります。

一方、オーナーズブックはメザニンローンとしてお金を貸していますので、返済順位が銀行より低いです。
「この状態で、オーナーズブックが勝手に担保を売却する特約を結んでしまって、銀行が納得するのか?」という疑問が生じます。

実は、これは問題ありません。
なぜなら、銀行にとっても、オーナーズブックが高く売却してくれる分には問題ないからです。
もちろん、オーナーズブックが見つけてきた買い主よりも高く買ってくれる買い主が他に見つかれば、そちらに売却することになります。

ちなみに、財務構造を見ると、銀行が2.25億円を借りているように見えますが、
その額の抵当権または根抵当権を設定しているだけで、実際に全額借りているとは限りません。
根抵当権の場合、実際の借入額と同額か1.2倍になっていることが多いようです。
つまりこの場合、1.875億円を借りていて、その1.2倍の2.25億円の根抵当権が付いているのかもしれません。

オーナーズブックの担保の考え方

オーナーズブックは、お金を貸すときには常に担保を取っていますし、担保額に対する貸付額の割合(Loan to Value 略してLTV)は80%以内を目安にしています。
担保は自社の不動産鑑定士だけでなく、外部の不動産鑑定士にも査定してもらうことで、公平性を保っています。

元々、オーナーズブックには不動産のプロが集っていて、社長自らも不動産鑑定士ということもあり、借り手の事業の評価よりも、担保の評価の方を得意にしています。

担保の価値がローン額より高ければ、貸したお金がちゃんと返ってきます。
逆に、仮に担保価値が大幅に下がったとしても、借り手の事業が無事ならば貸付金が返済される可能性があります。

まとめ

今回は、オーナーズブックの投資スキームを紹介しました。
その上で、オーナーズブックが潰れた場合と、借り手企業が潰れた場合について考察しました。
セミナーを通じて、オーナーズブックへの理解が深まったので、ますます投資意欲がわきました。

オーナーズブックの公式サイトはこちらです。

 

関連する記事

オーナーズブック投資のコツ

オーナーズブックに投資する際のコツはこちらの記事をご覧ください。

maneoグループの合同説明会

maneo、ガイアファンディング、アメリカンファンディング、LCレンディング、クラウドリースの合同説明会に行った際の記事です。

オーナーズブックの借り手はなぜお金を借りたがるのか?その理由は?

お金を借りたい

先日、オーナーズブック(OwnersBook)の「クラウドファンディングセミナー」に行ってきました。
初心者コースと経験者コースがありますが、私が参加したのは経験者コースの方です。

今回は、「オーナーズブックからお金を借りる企業は、どういう理由、用途でそうしているのか?」を紹介したいと思います。
借り手の気持ちを知ることで、投資をする上でヒントになるかもしれません。

今回の記事は、経験者向けコースなだけあって、以前の記事より高度な内容が含まれています。
初心者の方は、まずは以前の記事からご覧ください。

オーナーズブックの借り手がお金を借りる理由

借り手がオーナーズブックからお金を借りる理由は主に次の2つです。

  1. マンションデベロッパーの開発資金のため
  2. 担保余力が回復した際の追加借り入れのため

1. マンションデベロッパーの開発資金

不動産会社がマンションを建てるときに必要なお金をオーナーズブックから借りるケースです。
(マンションデベロッパーとは、マンションを建てて売る会社です。大手だと三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンスなどです。このような大手はオーナーズブックからお金を借りることはないと思いますが。)
不動産会社は、まず土地を担保にして銀行からお金を借ります。
しかし、建物が完成して不動産価値が上がっても、銀行は追加融資をしてくれません。
そのため、お金に困ることがあります。

「お金が足りないなら完成したマンションを売ればいいんじゃないか?」
あるいは、「完成する前に売ればいいんじゃないか?」と思うかもしれませんが、
テナント(入居者)が入る前にマンションを売ろうとすると販売価格が安くなりがちです。
だから、デベロッパーはなるべく人を入居させてから販売したがります。
そこで、マンションが売れるまでのお金を、オーナーズブックから借りるというわけです。

このケースだと、マンションが想定より早く売れた場合などには、早期償還が発生します。
早期償還というのは、予定日よりも早く投資家にお金が返ってくることです。
期間が短いので、投資家がもらえる分配金は減ります。

2. 担保余力が回復した際の追加借り入れ

不動産会社は、基本的にお金が手元にたくさんある方が良いと考えています。
その方がビジネスチャンスをつかみやすいからです。たとえ、それが借金であったとしてもです。

銀行から借りたローンの返済が進むと、担保の価値に比べてローン残高が減っていきます。
すると、借り手の不動産会社は、その担保を使って追加で融資してくれないかと銀行に頼むわけです。

しかし、担保に余裕ができても、銀行は追加で貸してくれないことが多いです。
この辺り、銀行は融通が利きません。
かといって、他の銀行から追加で借りるのは、既に借りている銀行との信頼関係もあるので難しいです。
次回から貸してくれなくなるかもしれません。

最初に貸してくれるときは金利が安いですが、貸さないとなったら徹底的に貸さないのが日本の銀行なんですね。
そこで、オーナーズブックのようなソーシャルレンディング事業者にお金を借りることになります。

使い道を見抜くには?

さて、あなたがオーナーズブックで投資しようとしている案件は
上記のどちらにあたるのでしょうか?

残念ながら、これは推測するしかありません。
なぜなら、オーナーズブックは借り手に資金の使い道のヒアリングは行うものの、
実際にどのように使われるかを制限できないからです。

おわりに

今回は、不動産会社がオーナーズブックでお金を借りる理由を2つ紹介しました。
オーナーズブックの案件紹介を見て、借り手企業のお金の使い道を想像してみるのもいいかもしれません。

オーナーズブックの公式サイトはこちら

オーナーズブックの案件の選び方のコツはこちら

オーナーズブック(OwnersBook)に投資する際の案件の選び方

オーナーズブック不動産担保

オーナーズブック(OwnersBook)に投資する際の案件の選び方のコツについて、セミナーで教わってきました。
オーナーズブックでは、借り手企業の詳細な情報は公開されていませんが、
担保となる不動産については比較的詳しく掲載されています。
そのため、担保について詳しく分析することが重要です。

今回の記事は、通常の不動産投資を行う際にも役に立つと思います。
なお、オーナーズブックについての紹介はこちらの記事をご覧ください。

投資(選び方)のコツ

安定性を重視したいなら、担保はレジデンスを選ぶ

担保を選ぶときは、レジデンス(マンションなどの住居)の方が価格が安定しています。
リスクを抑えたい方はそちらを選ぶといいでしょう。
ただし、例外的に東京都の港区などにある外人向けの大きな高級マンションは景気に連動します。

一方、オフィスの価格は、景気に連動します。
景気が悪くなったときに、一気に担保の価格が下がり、元本割れしてしまうという可能性があります。
特に、銀座や表参道のような”きらびやかな”立地の場合は、その傾向が顕著です。

建てられた時期をチェックする

担保となっている建物が地震などで倒壊してしまっては価値が減ってしまいます。
そのため、地震に強い建物を選ぶ必要があります。

その際に目安になるのが1981年6月1日に施行された新耐震基準です。
これ以降に建築確認(*)を受けた建物に関しては、新耐震基準が適用されています。
建築確認後を受けた後に、建物が完成するまで時間がかかることを考えると、
大型の建物の場合は1982~1983年以降に竣工(完成)した建物であれば、耐震性については合格点と言えるでしょう。
*建築確認: その建物が法令上問題ないかどうかを役所がチェックすること

もし、新耐震基準(1981年)の建物が、地震でバタバタと倒れるようでは、
バブル期に建てられた大量の建物も危険という話になってしまいます。
1995年の阪神大震災でも、倒壊した建物の多くが旧耐震基準で建てられており、
新耐震基準で建てられた建物の多くは大きな被害を免れたそうです。

稼働率をチェックする

都内のマンションで、稼働率が90%を切っている場合は理由を調べたほうが良いでしょう。
80%だと低すぎて危険です。

オーナーズブックでは、このように稼働率が掲載されています。

3. 賃貸借の状況
1階から4階までを住居として現在賃貸中です。1Kタイプ6戸(16㎡台から20㎡台)及び2LDKタイプ1戸(56㎡台)の計7戸から構成されています。稼働率は88%(2017年6月1日時点;専有面積ベース)となっております。
https://www.ownersbook.jp/project-detail/index/1057/より引用

ただし、この案件の場合、1つのマンションに7戸しかないため、
1戸空きになっただけで90%を切ってしまっています。
このような場合はあまり気にしなくて良いでしょう。

なぜ、一般に90%を切ってはいけないかというと、
家賃を1000円ずつ下げて募集すれば、いずれ入居者は見つかるからです。
それだけのことすら怠っている物件は危険だと考えられます。

賃料をチェックする

昨今の入居希望者は、SUUMOなどの検索サイトを使い、家賃を1000円単位で比較しますので、
大きく家賃相場から外れるということは考えにくいです。

以下は、最近募集された「江東区マンション第1号ファンド第1回」の賃貸借の状況です。
黄色いマーカー部分に賃料の平均坪単価が記載されています。
坪単価(*)なので、SUUMOなどの家賃と比較するためには面積で割る必要がありますが、
賃料が高いか低いかを判断することが可能です。
*坪単価: 住居面積3.3㎡あたりの家賃

3. 賃貸借の状況
(略) 住居部分の現行月額賃料(共益費込)の平均坪単価は11,600円程度となっており、外部不動産鑑定士により査定された住居部分の新規月額賃料(共益費込)の平均坪単価は11,800円程度となっております。
https://www.ownersbook.jp/project-detail/index/1057/より引用

もし、賃料が相場より高い場合も問題です。
なぜなら、その入居者がたまたま高い賃料を払っているだけで、
退去後は相場並の水準に下がってしまうかもしれないからです。

おわりに

今回はオーナーズブックの投資案件の選び方について紹介しました。
今まで、担保について気にしていなかった方は一度見てみるといいかもしれませんね。

オーナーズブックの公式サイトはこちらです。

 

超初心者投資家向け!ソーシャルレンディングって何?リスクはないの?

コインが増えてゆく

ソーシャルレンディングとは何でしょうか?
今まで銀行にしかお金を預けたことがない超初心者向けに

  • ソーシャルレンディングとは何か?
  • ソーシャルレンディングはなぜ必要か?
  • ソーシャルレンディングのメリットとデメリット(リスク)

を紹介します。

ソーシャルレンディングとは?

ソーシャルレンディングは、お金を貸したい人や企業と、お金を借りたい企業を結びつけるサービスです。

以前までは、企業がお金を借りたいと思っても、銀行などの金融機関に頼るしかありませんでした。
逆に、普通の個人がお金を貸して儲けたいと思っても、借りてくれる人を探すのは大変でした。

この両者を、インターネットを通じて仲介するサービスがソーシャルレンディングになります。

ソーシャルレンディングの市場規模は、2016年には500億円近くとなっており、
急激なペースで伸びています。(出典: 矢野経済研究所)
また、世界で見ると日本の100倍の市場規模とも言われています。

それだけ注目されているんです。

お金の貸し借りはなぜ必要なの?

ソーシャルレンディングでお金を貸したい人、借りたい人がいると言いましたが、
そもそも、なぜお金を貸し借りする必要があるのでしょうか?
お金を貸したい人と、借りたい人のそれぞれの立場から考えてみましょう。

なぜお金を貸したいのか?

お金を稼ぎたいから

なぜお金を貸したい人がいるかというと、利息を付けて返してもらえるからです。
要するにお金を貸すことで儲けたいのです。
例えば、10万円を貸して、1年後に11万円を返してもらえれば、1万円儲かるというわけです。

普通、お金を稼ぐためには働かなければいけません。
あなたも、会社に勤めたりアルバイトをしたりして、お金を稼いでいるのではないでしょうか。

でも、お金を貸せば、自分自身は働かなくても、ただ待っているだけで儲かります。
銀行預金の利息と同じようなイメージです。

最近は銀行にお金を預けてもほとんど利息がもらえなくなりました。
本記事の執筆時点で、メガバンクの金利は年0.001%です。
これは、10万円を預けて、やっと1年後に1円の利息が付くというレベルです。

このように、銀行にお金を預けていても、ちっともお金が増えていかないので、
それなりに貯金がある人は、他の投資先を探しているんです。
そこで人気なのがソーシャルレンディングです。

また、会社勤めは一見安定しているように見えて、
倒産やリストラ、パワハラや病気による離職など、何があるか分かりませんから、
会社以外からも収入を得たいというニーズが高まっています。
そのこともソーシャルレンディング人気の理由の1つと言えるでしょう。

社会貢献になるから

社会貢献を目的としてお金を貸す人もいます。

社会のためになることをしたいが自分では何をしたらいいか分からない。
でも、お金なら持っているといった人が、お金を貸すわけです。
募金のようなものです。(募金と違って利益とともに戻ってきます。失敗すると戻ってこない場合もあります)

話は変わりますが、最近はふるさと納税が人気ですよね。
自分が好きな自治体にお金を寄付することで、お米やお肉などの返礼品をもらえる仕組みです。

ふるさと納税においても、子育て支援といった納得感のある使い道をアピールしている自治体の方が、
寄付金が多く集まるそうです。

同様にソーシャルレンディングにおいても、社会貢献を目的としてお金を貸す人もいます。

私も不動産市場の活性化や、再生エネルギーの発展のため、そのような会社にお金を投資しています。

なぜお金を借りたいのか?

次にお金を借りたい側の話をします。

お金を借りたい理由は、投資をしたことがない人でも想像が付くと思います。
普通の人でも、家や車を買う時にはお金を借りますよね。
お金を借りれば、今すぐにお金がなくても、欲しい物を買えます。

会社の場合も同じです。
お金を持っていない会社でも、借りたお金で、たとえば人を雇ったり、
工場を作ったり、商品を生産したりできます。
そうして得たヒトやモノを使って、ビジネスをしてお金を稼ぐんです。

お金を借りると利息分を上乗せして返す必要がありますが、
利息以上に儲けることができるなら借りたほうが得ということになります。
たとえば、100万円を借りて、1年間で200万円儲けることができれば、
利息を合わせて110万円を返済しても、手元に90万円が残ります。

ソーシャルレンディングの仕組み

世の中には、お金を借りたい人と貸したい人がいて、
ソーシャルレンディングを使えば両者のニーズを満たせることが分かりました。

それでは、もっと具体的にソーシャルレンディングの仕組みを見ていきましょう。
業界最大手のmaneoの例を見てみます。

maneoの仕組み
引用: https://www.maneo.jp/apl/structure

右側にいる「投資家」があなた(貸し手)です。
貸し手が「④投資」をすると、ソーシャルレンディング事業者であるmaneoが「借り手(貸出先企業)」に
「⑥貸付」を行います。
しばらくすると貸し付けたお金が「⑦返済」され、投資家に「⑧分配」されるという仕組みです。

細かい話になりますが、投資家は借り手に直接お金を貸すわけではありません。
一旦、ソーシャルレンディング事業者に投資し、その後、事業者が借り手に貸すという流れになります。

また、ソーシャルレンディング事業者は「②審査」とあるように、借り手の審査を行います。
ソーシャルレンディング事業者が「借り手がお金をちゃんと返すことができるか?」を審査していることが、
あなたのお金を守るために非常に重要です。

メリット

ソーシャルレンディングの仕組みは分かったと思います。
次に、投資家がソーシャルレンディングを利用するメリット、利点について紹介します。

利回りが高い

事業者によりますが、利回りが5~10%程度と非常に高いです。
銀行預金(0.001%)や国債(0.05%)と比べると、100倍~10000倍となっており、
圧倒的な高利回りです。

ここで、利回りと複利について簡単に説明します。
こちらのグラフを見てください。

ソーシャルレンディング利回り比較

10000円を7年間投資した場合、いくらになるかを表したグラフです。
ソーシャルレンディングの利回りを10%だとすると、7年間で資産が倍になります(*)
メガバンクの普通預金や国債と比べるまでもない、圧倒的な結果です。

15年後には4.2倍に、30年後には17.4倍になります。
投資の力、利回りの違いによる結果の違いをご理解頂けたでしょうか。

※実際には税金がかかります。ソーシャルレンディングの税率はその人の所得によって異なり、ゼロの人もいます。
税金について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。
>> ソーシャルレンディングの確定申告~収入・経費と税金計算の仕方~

>> 【専業主婦向け】ソーシャルレンディングは最強の投資であることを税金面から考える

手間がかからない

ソーシャルレンディングへの投資には手間がかかりません。
最初だけ口座開設をして、入金して、好きな案件に投資したら、分配金が入金されるのを待つだけです。
面倒な作業はすべてソーシャルレンディング事業者が行ってくれます。

投資後は知識も何も要りません。
つまり、初心者でも、忙しいサラリーマンや主婦の方でも始めやすいです。

少ない資金で投資できる

事業者によりますが、たったの1万円から投資が可能です。
普通の個人が企業にたったの1万円だけ貸し付けるなんてことは、世界の長い歴史を見てもまず無理だったでしょう。
フィンテック(*)の力の恐ろしさを感じます。
フィンテック: ITを用いた革新的な金融サービスのこと。AIやビッグデータといった最新技術を用いるものもあり、近年ブームになっています。

少ない資金で投資できるため、
複数のソーシャルレンディング業者や、投資案件に資金を分散することも簡単です。
そうすれば、投資につきもののリスクを有効に減らすことができます。

ちなみに、投資先を分散してリスクを減らすという方法は
ノーベル賞も受賞している重要な投資方法ですので、ぜひ実践しましょう。

収益が安定している

株式投資やFXに興味がある方もいるかもしれませんが、
ソーシャルレンディングはそれらとは違って、値動きがなく、収益が安定しています。

あくまでイメージですが、株とソーシャルレンディングの収益をグラフにするとこのような感じです。
(個人の感想です!)

株とソーシャルレンディングのチャート

仮に最終的に同じ利益を得られるとしても、株のほうは日々価格が変動します。
そのため、心が落ち着かないです。
私自身、毎日のようにニュースをチェックしたり、仕事中も株価が気になって仕方がありませんでした。

毎日ニュースをチェックするのは良いことかもしれませんが、
特定の企業に関係する非常にニッチなニュースを日々追うというのは辛いものがあります。

株価が下がりだすと、怖くなって売ってしまうこともありますし、
逆に株価が少し上がっただけで満足して売ってしまうこともあります。
どちらも、損をしていることになります。

一方、ソーシャルレンディングは青いグラフを見て頂ければ分かる通り、
決まった月に安定して分配金がもらえます。(ただし、元本割れする可能性もあります)
そのため、精神的にも安心ですし、お金をいつ使うかといった資金計画を立てやすいです。

投資案件にもよりますが、毎月分配金が振り込まれるものも多いです。
私は、毎月ちょっとしたお小遣い気分で受け取っています。
投資額が増えてくれば、お小遣いとは言わず生活費を稼ぐことだって可能です。

少ない期間だけ投資することもできる

2ヶ月だけといった短期の投資案件もあります。
「短い期間だけお金が余ってるけど、銀行に寝かせておくのはもったいない」というときに投資することができます。

運用期間があらかじめ決まっている

投資をする時点で、いつお金が返済されるかが決まっています。(ただし、後述するように早期償還や遅延が起こることもあります)
つまり、資金計画が立てやすい点がメリットです。

たとえば、1年後に車を買う予定があったら、
その資金を1年間だけ投資するといったこともできるんです。

金融庁のお墨付きを得ている

日本でソーシャルレンディング事業を行っている業者はすべて、第二種金融商品取引業と貸金業の登録を受けているはずです。
※ただし、クラウドクレジットは特殊で、海外の関連会社に融資をしているため、貸金業の登録はしていません。

金融庁が検査をしているので、ある程度健全性が担保されていると言えるでしょう。
逆に、もし登録を受けていない業者があったら、投資を控えたほうがいいでしょう。

担保や保証が付いている投資案件もある

ソーシャルレンディング事業者や投資案件によっては担保や人的保証が付いていることもあります。
たとえば、オーナーズブックでは、不動産を担保にしています。
つまり、借り手がお金を返せなくなったときに、不動産を換金することで返すことができる可能性があります。

最近は見かけませんが、maneoでは、保証会社が保証をしている案件が以前ありました。
借り手がお金を返せなくなったときに、保証会社が代わりに払ってくれるというものです。

我々が不動産を借りるときに、保証会社を付けなければ借りられないことがありますよね。
あれは、我々が家賃を払えなくなったときに、保証会社が代わりに払ってくれるものです。
それと似ています。

あとは連帯保証人を付けている案件もありますね。

なお、担保や保証が付いている案件は比較的安全と言えますが、
その分、利回りが低くなる傾向にあります。

デメリット

ソーシャルレンディングへ投資する上で発生しうるリスクについて解説します。

元本割れのリスク

元本割れとは、貸したお金よりも、返ってくるお金の方が少ないことを言います。
これは、借り手に何らかのトラブルがあって、お金を返せなくなったときに起こります。

ただし、まともなソーシャルレンディング事業者でしたら、
借り手にお金を返済する能力があるかしっかりとチェックしていますし、
担保や保証が付いている投資案件もあります。
心配なら、担保や保証付きの投資案件を選ぶといいでしょう。

法人向けに融資するソーシャルレンディングには色々な会社が参入していますが、私の知る限り過去に元本割れは一度もありません。
行政処分を受けた「みんなのクレジット」ですら、元本割れしていません。

しかし、今後ずっと元本割れが起こらない保証はありませんので、そこは注意する必要があります。

ソーシャルレンディング事業者のリスク

ソーシャルレンディング事業者が倒産してしまった場合は、
投資したお金が返ってこなくなる可能性があります。

これを避けるためには、大手が出資している企業がよいでしょう。
たとえばクラウドクレジットは大手総合商社の伊藤忠商事が出資しています。
他の業者については、後述の「ソーシャルレンディング事業者選びが重要」のセクションで説明しています。

担保価値の下落リスク

投資案件の中には、不動産などの担保が付いているものがあります。
担保が付いていれば、借り手の破産といった元本割れリスクへの対策になります。

借り手がお金を返せなくなった時に、
ソーシャルレンディング事業者が担保を売却してお金の回収を図るためです。

注意点として、担保となっている不動産の価格が値下がりした場合は、
お金の回収が十分にできなくなる可能性があります。

現在は、日銀の黒田総裁による金融緩和が続いており、
そのせいで不動産価格も値上がりしています。
今後、不動産価格が値下がりした場合には、リスクがあります。

途中解約ができない

メリットのところで、運用期間(満期)が決まっているという話をしました。
裏を返すと、運用期間が終わるまでは原則として解約ができません。

すぐにお金が必要になったときに困る可能性があるので、
生活に必要なお金まで投資してしまうのは控えましょう。

早期償還・遅延

投資家の意図に反して、ソーシャルレンディング事業者が
お金を満期よりも早く返済してくることを早期償還といいます。
期限前償還とも言います。
早く返ってきた分だけ、利息(分配金)が減ってしまいます。

逆に、満期になっても返してもらえず、返済が遅れるリスクもあります。
その際は、予定よりも多くの利息をもらえることになります。

それ以外のリスク

リスクについては以前こちらの記事にもまとめています。

色々とソーシャルレンディングに投資するリスクをあげてきましたが、投資をしないことにもリスクがあります。
たとえば、インフレが進むとお金の価値は下がります。
仮に2%のインフレが起こった場合、何もしないで貯金しているだけでは、
毎年2%をドブに捨てているのと同じことになります。

インフレ率2%という数字は日銀が目標としている数値ですし、
IMFによると、ロシアは7%、中国が2%、ノルウェーが3.5%などとなっています。
この程度のインフレは起こる可能性があると考えて行動したほうが良いです。
出典: IMF World Economic Outlook Databases

ソーシャルレンディング事業者選びが重要

ソーシャルレンディングは法規制によって、
借り手(投資先)の情報を詳しく公開できないことになっています。
また、投資先はソーシャルレンディング事業者が独自に審査をして決めます。

そのため、ソーシャルレンディングに投資するにあたっては、
先ほど説明したようなリスクを避けるためにも、
ソーシャルレンディング事業者選びが非常に重要になります。

株主で選ぶ

選ぶときに分かりやすいのは株主構成です。
株主が上場企業であれば、社内の管理体制がしっかりしているので、不正が起こりにくいと言えます。
また、潰れそうになっても株主(親会社)が支援をしてくれる可能性があります。

代表的なソーシャルレンディング事業者とその株主をまとめました。

ソーシャルレンディング事業者 株主
クラウドクレジット 伊藤忠商事、マネックスベンチャーズ
オーナーズブック カカクコム
maneo(マネオ) GMOクリックホールディングス、SMBCベンチャーキャピタル
SBIソーシャルレンディング SBIホールディングス
LCレンディング LCホールディングス

手数料で選ぶ

手数料についてはこちらの記事にまとめているので、そこから選ぶのもいいでしょう。
>> ソーシャルレンディング16社の出金手数料の比較と節約方法

投資案件で選ぶ

投資先の情報が公開されていないことが多いとは言え、やはり投資案件を見て決めたいというのは分かります。
その場合、情報公開が進んでいるオーナーズブックや、豊富な投資案件のあるmaneo、色々な国の案件に投資できるクラウドクレジットをお勧めします。

投資先は必ず分散させよう

どのソーシャルレンディング事業者を選ぶにしろ、
リスク回避のために、必ず複数の事業者に分散させて投資しましょう。

1つの事業者に資金を集中させていると、何かあった時に困ります。

当サイトおすすめのソーシャルレンディング事業者はこちらの記事にまとめています。
>> おすすめのソーシャルレンディング業者を徹底比較

どの事業者も口座開設は無料ですから、
少しでも気になった会社には、口座開設をしてみるのがいいでしょう。

全て無料で口座開設できます。

1位 クラウドクレジット
海外に投資できる点が、他のサービスにはない特長で利回りも高め。
海外分散投資をしたいならおすすめ。伊藤忠商事が株主。
クラウドクレジット

2位 オーナーズブック
不動産特化。金利は5%と比較的低めだが、物件やリスクに対する説明が豊富なので、よく知った上で投資できる。SNS機能で投資家同士が交流できる点は他にない魅力。
オーナーズブック

3位 トラストレンディング
無料会員登録とメルマガ購読で1500円キャッシュバック。10万投資で合計5000円キャッシュバック

4位 maneo(マネオ)
日本初のソーシャルレンディング。最大手で業界シェア50%超。実績ナンバーワン。投資先が豊富。

5位 FUNDINNO(ファンディーノ)
日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスで、うまくいけば数十倍になって返ってくることも。
ファンドの募集が開始されました。

6位 クラウドバンク
証券会社が運営するクラウドファンディング。
140億円の募集実績がある。
クラウドバンク

7位 ラッキーバンク
不動産に特化したサービスで、利回りも高い。出金手数料無料も嬉しい。急成長中。

オーナーズブックへの投資にかかる手数料まとめ【OwnersBook】

OwnersBookロゴ

オーナーズブックは、不動産に特化したクラウドファンディング(ソーシャルレンディング)サービスです。
たったの1万円から投資することができる人気のサービスです。

ちなみに、オーナーズブックで投資を実行するときの流れは、このようになってます。

投資家(あなた) → オーナーズブック → 不動産(投資先 あるいは 借入人)

 

さて、投資する上で不安なことの1つに、「手数料はいくら取られるの?」という点があると思います。
実際、手数料というのは投資の利益を決める重要な要素です。

 

結論を言うと「会員登録、口座開設、口座管理、案件取引は無料です。」

良心的ですね。

 

唯一手数料がかかるのは、

  • あなたの銀行口座から、オーナーズブック投資口座へお金を振り込む際の振込手数料(振り込み手数料)
  • オーナーズブック投資口座からあなたの銀行口座への払戻手数料(払い戻し手数料)

です。

振込手数料は、あなたが使用する金融機関によって変わります。
これは、オーナーズブックに払うお金ではなくて、振り込みをする金融機関に払うお金です。
楽天銀行住信SBIネット銀行などのネットバンクから振り込む場合は、無料になることが多いです。
もし、まだネットバンクに口座開設していないなら、投資をする上で必須なので必ず開設しておきましょう。

払戻手数料は、一律324円(300円+消費税)です。
これはオーナーズブックがあなたの口座にお金を振り込むときの手数料ですので、
投資のたびにかかるわけではありません。
出金したいときだけかかります。

 

「無料ばかりだけれど、いったいオーナーズブックはどうやって儲けてるの?」というと、
投資先からの配当金の一部を手数料として取っています。

案件の説明に次のような記述があります。

ロードスターファンディング株式会社は、本案件に関して、借入人から融資手数料相当額(貸付金額の2%を上限とします。)を頂きます。

注:ロードスターファンディング株式会社は、オーナーズブックの運営会社です。

 

たとえば、利回りが5%だったとしたら、オーナーズブックは投資先から7%を受け取っているようなイメージです。
別の言い方をすると、1億円貸し付けた場合、実際には9800万円しか貸し付けられていません。

これって手数料のような気がしますが。
いずれにしろ「利回り5%」と書いてあったら、それ以外にかかるのは出金(払戻)手数料だけということです。

オーナーズブックの公式サイトはこちら
オーナーズブック

 

オーナーズブック以外のソーシャルレンディング各社の手数料についてはこちら
ソーシャルレンディングの出金手数料の比較と節約方法

オーナーズブックに関する詳細はこちら
オーナーズブック(OwnersBook)は怪しい?詐欺?評判とリスクもまとめました