株式カテゴリ

GMOクリック証券で株の売買手数料を無料にする方法

株価チャート

株をしようにもどこの証券会社でしていいかわからない。
ネット証券なら手数料が安いだろうし、どこでもいいかな?

ちょっと待ってください。
ネット証券は手数料が安いイメージがありますが、あまり売買をしない方でも、気づけば年間10,000円かかっている場合もあります。
投資コストは少ないほうがいいに決まってますよね。

ここでは、GMOクリック証券を用いた株の売買手数料が実質無料となる方法を紹介します。

GMOクリック証券の株の売買手数料

株の現物取引の手数料は次の通りです。(GMOクリック証券のHPから抜粋)

手数料プラン 約定代金 手数料(税込)
1約定ごとプラン ~10万円 95円
~20万円 105円
~50万円 260円
~100万円 470円
~150万円 570円
~3,000万円 900円
3,000万円超 960円

なお、手数料プランは1日定額プランもありますが、1日定額プランは選択する方はデイトレなどがメインなので、ここでは割愛します。
(デイトレでも1約定ごとプランのほうがオトクなときも多いですが。)

売買手数料キャッシュバックを狙え!

キャッシュバックにより、売買手数料の実質無料を狙います。GMOグループの株主優待制度を利用するわけです。
私のおススメはGMOインターネット(銘柄コード:9449)の株主優待です。
GMOクリックホールディングス(銘柄コード:7177)にも株主優待にキャッシュバックはありますが、時価総額*1がそこまで大きくありません。時価総額が小さいと、権利落ち*2で株価が下がるリスクが高いです。
その点、GMOインターネットはGMOクリックホールディングスの親会社で、時価総額が大きいこともあり、経験上、権利落ちで株価が下がるリスクはGMOクリックホールディングスよりも少ないです。

*1:企業の株価に発行済株式数を掛けたものであり、企業価値を評価する際の指標。
*2:権利日に権利が得られる配当金や株主優待などの差額分が実質的に目減りするため、権利日の翌日の株価が下落すること。

売買手数料5,000円(上限)をキャッシュバック

GMOインターネットの株主優待には、GMOクリック証券で対象期間中(半年間)に生じた取引手数料を、5,000円を上限にキャッシュバックする制度があります。
つまり、年間10,000円がキャッシュバックされるということです。

制度の改悪がない限り、年間10,000円未満しか手数料を掛けていない方は、実質無料で売買可能です。
もちろん、デイトレードをする方にとっても10,000円のキャッシュバックはありがたいですね。

まずは、GMOクリック証券の口座開設をしましょう。
そのうえで、GMOインターネットの株を権利落ち前に購入します。次回の権利落ち日は6月27日ですので、それまでにGMOインターネットの株を最低単元(100株)買います。
(もちろん、日経平均が安くなるのを待ちましょう。アノマリー的には5月や6月は安くなりやすいです。ちょうどトランプ政策に矛盾が出てきたりして安くなるかもしれませんね。こればかりは、わかりませんが、独り言程度です。)
GMOクリック証券では、ソーシャルレンディングのmaneoにも投資できます。

 GMOクリック証券

NISAでTOPIX、たわら先進国株式、VWOに投資する

たわらの宝船

新しい年を迎えましたので、投資先について見直しました。

2016年までの積み立て対象

今まで積み立てていたのが以下の商品です。
日本、先進国、新興国の株式インデックスに分散投資していました。

  • ニッセイTOPIXインデックスファンド
    • TOPIX(配当込み)に連動
    • 実質コストは0.30% (ただし、信託報酬が0.11%下がる前のデータ)
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド
    • MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)に連動
    • 実質コストは0.51% (ただし、信託報酬が0.04%下がる前のデータ)
  • 野村インデックスファンド(Funds-i) 新興国株式
    • MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み、円ベース)に連動
    • 実質コストは0.82%
    • SBI証券の投信マイレージサービスの対象
      • 投資額1000万未満は0.1%、1000万を超えると0.2%のポイントが付く

実質コストのデータについては、kenzさんの低コストインデックスファンドの実質コスト完全比較 (2016年12月更新)のデータを使わせて頂いています。ただし、リンク先の最下部の注釈にある通り、ニッセイの実質コストは信託報酬の改定前のデータになります。

2017年の積み立て対象

今年は、NISAでは以下の商品を積み立てるように変更します。
日本、先進国、新興国の株式インデックスに分散投資するという方針は変わりませんが、より低コストのファンドに乗り換えます。

  • ニッセイTOPIXインデックスファンド(変更なし)
  • たわらノーロード 先進国株式
    • MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)に連動
    • 実質コスト0.26%
  • バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)
    • FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)インデックスに連動
    • 経費率0.15%

たわらノーロード 先進国株式

たわらに切り替えることで、先進国株式クラスの実質コストが0.25%減少します。

たわらは、2015/12/18設定と比較的新しいファンドでありながら、マザーファンドの規模が3000億円と大きいため、効率的な運用ができているようです。
購入時手数料も信託財産留保(売却時手数料)も無料です。

バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)

VWOに切り替えることで、新興国株式クラスのコストが0.67%減少する上、小型株式や中国A株も投資対象となるため分散効果が高まります。

VWOはインデックスファンドではなくETFです。
今までは毎月の積み立てをETFで行うことはしていませんでしたが、NISA口座では買い付け手数料がかかりませんし、VWOは1株37ドル(約4000円: 1ドル=115円で計算)から買えるので、定期的な積立も可能と判断しました。
毎月自動で購入してくれる積立設定ができないのが難点ですね。

ETFはインデックスファンドと違って配当金が出るのがデメリットですが、NISAでは国内分の20%は非課税です。経費率の低さを考えるとトータルではVWOが得なはずです。

投信マイレージは投資額が1000万円を超えると投資額の0.2%分のポイントが付くSBI証券の制度ですが、随分前からニッセイが対象外になってしまっています。Funds-iだけでは0.2%の金額に達することは無さそうです。これもVWOに乗り換える理由です。
希望すれば、VWOは貸株をすることで0.1%の金利を得ることも可能です。

2017/1/21 追記
今までポイントが付かなかったニッセイや「たわら」もSBI証券の投信マイレージ制度の対象になり、0.05%のポイントが付くようになりました!
これらも保有残高1000万円の判定対象になります。(その場合、従来からの対象銘柄は0.2%のポイントが付きます。)
あと少し発表が遅かったら、ニッセイ外国株式を楽天証券へ移管をしてしまうところでした。

VWOを買うのなら、先進国株、日本株についてもインデックスファンドではなくETFを買えばいいのでは?

VTを買うのと、先進国株、新興国株、日本株のインデックスファンドを組み合わせて買うのを比較してみましたが、インデックスファンドの方がパフォーマンスが良いという結果になりました。
VWOぐらい経費率が下がると、インデックスファンドより得でしたので、新興国株クラスについてはVWOを買うことにします。

その他の方針

今まではバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)の配当金が出るたびに、日本円に両替していましたが、為替手数料が馬鹿になりませんので、米ドルのままNISA口座でVTかVWOに再投資することにします。

NISAについては妻の口座も使用し、最低月20万ずつ買います。枠が足りなそうなので、溢れた分は通常口座に回します。

401kは会社で継続です。マッチング拠出(加入者拠出)はフルで実施しています。

もちろん、ソーシャルレンディングは今後も買い進めます。
債券を持っていませんので、債券代わりに資産の10%ぐらいは買いたいところです。

ソーシャルレンディングランキング

全て無料で口座開設できます。

1位 クラウドクレジット
海外に投資できる点が、他のサービスにはない特長で利回りも高め。
海外分散投資をしたいならおすすめ。伊藤忠商事が株主。
クラウドクレジット

2位 オーナーズブック
不動産特化。金利は5%と比較的低めだが、物件やリスクに対する説明が豊富なので、よく知った上で投資できる。SNS機能で投資家同士が交流できる点は他にない魅力。
オーナーズブック

3位 トラストレンディング
無料会員登録とメルマガ購読で1500円キャッシュバック。10万投資で合計5000円キャッシュバック

4位 maneo(マネオ)
日本初のソーシャルレンディング。最大手で業界シェア50%超。実績ナンバーワン。投資先が豊富。

5位 FUNDINNO(ファンディーノ)
日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスで、うまくいけば数十倍になって返ってくることも。
ファンドの募集が開始されました。

6位 クラウドバンク
証券会社が運営するクラウドファンディング。
140億円の募集実績がある。
クラウドバンク

7位 ラッキーバンク
不動産に特化したサービスで、利回りも高い。出金手数料無料も嬉しい。急成長中。
ラッキーバンク

 

ユニクロの財務分析で日経平均の割高割安を判断してみた

株価チャート

2017年です!年初の日経平均は、上がっていますね。日銀による日経平均・TOPIX連動ETFの購入や、トランプ相場で上がり調子です。
ところで今の日経平均は割高なんでしょうか?割安なんでしょうか?
日経平均は大まかには、ユニクロ(正式名称:ファーストリテイリング 銘柄コード9983)の価格推移で把握できます。日経平均に占めるユニクロの構成割合は2016年末時点で8.4%です。
そのため日経平均はユニクロ指数とも揶揄されます。そこで、ユニクロの財務分析をすることで日経平均の割高割安を判断してみます。
投資は自己責任です。私も外れることが多いですので参考程度に。

株〇とかいろいろとサイトはありますが、私はあまり財務のハイライトは見ません。決算書を見に行きます。決算書関係で見るポイントが別のところにあるからです。
財務分析などの見方については、また別の記事で紹介したいと思います。(未来が見える神様ではないので株価の動きはわかりません笑)

財務はあくまで過去の数字ですが、長期で保有する場合は必要な分析でしょうか。
(株価の影響を受けやすい順番は、材料(思惑)>地合い>財務ですかね。長期では割安水準の株価は訂正され、あがっていきますが。)

ユニクロの財務分析

Yahoo!ファイナンスによると、2016年12月30日現在のユニクロの株価指標はPER42.65倍、PBR7.42倍です。
PERとは株価÷一株当たり利益です。小さいほうが割安です。日経のPERは16倍ぐらいが過去の平均でしょうか。
PBRは株価÷一株当たり株主資本です。小さいほうが割安です。日経PBRは1.2倍ぐらいが過去の平均でしょうか。

会計数字にはマジックが色々とある(税効果、減損など多くの見積もり項目*)ので、PERなどの指標で判断するのは好きではないんですが、明らかな割高です。
*見積もり項目とは将来の費用や利益などを見積もり、会計数値に反映させること
もちろんPERが高くても、その企業の成長率などが高ければ割安になります。

ユニクロは成長しているんでしょうか?有価証券報告書を見てみました。
以下、当期:2015年9月1日~2016年8月31日とし、前期:2014年9月1日~2015年8月31日とします。

ざーっと見て、個人的に気になった点は、次の通りです。
個人的な意見です。

  • 売上高は前期比で微増だが、営業利益、経常利益、純利益が減少。
    売上高は前期比+1050億円ですが、利益は△620億円です。利益は、前期の半分以下になっています。
  • 為替の感応度分析によると、為替はそれほど業績に影響しない
    キャッシュフローを固定させるため、為替予約というものを大幅にしている(要はヘッジ)ので、そこまでの影響はないようです。
    116円/ドルあたりの為替水準だと10億円超の利益が増えるぐらいで、当期の利益480億を考えると影響はほとんどありません。
  • ユニクロUSAがうまくいっていないため、減損が発生
    ユニクロUSAは前期も当期も減損損失が発生しています。
    米国で行う事業展開がうまくいっていない(損益が赤字)ため、米国事業で、新規に固定資産を取得する度に、減損を認識している?と個人的に思います。
    そういう面では米国の展開は心配ですね。
    会計上は利益が出た!となるかもしれませんが、それは固定資産などをすぐに減損して減価償却費の負担を少なくしているためであり、これでは実態が見えにくいところです。
    セグメント事業では、日本と海外事業、グローバルブランドのみで分けているため、こちらはこれ以上分析することはできません。
    海外は中国での売上が順調でしょうか。
  • 税効果(繰延税金資産)は全額を見込んでいない
    難しいと思いますが、ここ5年間ぐらいの将来に発生する課税所得(ここでは利益という意味で大丈夫です。)は、それほど楽観的ではないということです。
    将来イケイケどんどんとユニクロさん自身も思っていない、ということだけで大丈夫です。

うーん、ユニクロが成長しているのかどうかは、決算書からはわかりませんでした。
中国、USA、その他海外がうまく展開できれば希望は見えてくるかと思いますが、成長率を加味して(利益半減してるし、米国ユニクロ苦戦中)も株価指標的には、割高感は否めません。

~とここまで、年始に始まる前に書いてましたが、ユニクロ12月の国内売上について客数客単価が、前年比マイナスになり、非常に悪かったようですね。ユニクロの株価のマイナスが日経にもマイナスの影響を与えていますね。~

結局、日銀とマネーゲームか?

結局のところ、ユニクロの財務分析では割高と出ました。
ということは日経平均も割高か?というとそうとも言えません。ただ日経が下がる余地はいくらでもあるというのが私の意見です。
ユニクロの株価を半額まで落とせばいい!半額セールよくするし!ってそんな簡単じゃないかもしれませんが、日経を下げるための要因として、一理あるでしょうね。

ただ、割高でも上がるときは上がるんです。(バフェットさん、またチャンスを見逃してしまいました)
なぜユニクロの株価が割高でも買われるのか?というと株価は、短期間では地合いと材料で決まるからです!

地合いを左右しているのがマーケットメーカー日銀です。日銀買い占めの影響は大きいと考えてます。

値が下がるたびに、700億円以上買ってるなら全国民に700円ずつ配ったほうがいいぐらいですよ笑
この金融緩和の影響は、引き締めとともに必ずでるんじゃないでしょうか。
そこまで影響はないと当の日銀はいってますが。日経やTOPIXが下がっている場合など、日銀が買い占めるという前提があれば、他の投資家が先回りして買うのは心理的に普通ですから。

「日経が20,000円まで行った後に暴落する」と巷では言われています。まあそうなんでしょうね。20,000円は節目です。
ダウ平均も20,000ドルを目指しているんじゃないでしょうか。
ただいつまでもドル高を許すアメリカではないと思うので、円安の流れはどこかで止まるとは思います。
その時は要注意です。

結局のところ、私は「買い」ポジションを、暴落するまで見送りたいと考えています。(1月後半から2月ぐらい?わかりませんね笑)
外資のポジションみてても一月SQまでは、値を保つ感じでしょうか?まあ気長に待つのが一番ですね。

おまけ~株主は最強~

投資の本質は10年以上お付き合いできる企業の株を持つことです。
株主って経営者よりも権限あるわけです。一緒に会社と事業に参加するつもりで投資するのがベストですよ。
そういう目利きを育てる意味で、財務分析は必要だと思います。
赤字でも成長途中なら、投資の対象にするのは悪くないですし。




【2016年9月】サンリオの株主優待~誰かが喜ぶ鬼ホールド

サンリオ

サンリオからの優待が来ました。
毎回、サンリオピューロランドの無料チケット+限定商品です。

我が家は子供が女の子なので、サンリオについては、常に保有(鬼ホールド)しています。
保有理由は、

  1. 子供が喜ぶこと
  2. ロイヤリティ収入(版権収入)がメインであること

です。

株主優待で子供が喜ぶ

株主優待って商品が来るので嬉しいことですし、非常に有難いですよね。節約にも役立ちます。
でも、それ以上に、子供が喜ぶことが何より嬉しいですね。

サンリオピューロランドで喜び、限定商品で喜ぶ。二つの喜びを与えていただいているサンリオ様に感謝、感謝です。
結局、株主優待って、お金に換算できないものです。(優待に興味ない方は、企業の成長性などを最優先すべきです。)
もちろん、サンリオ様に企業の成長性がないって言っているわけではありませんよ。

買ったことすら忘れて、子供が喜ぶという理由で断固鬼ホールドです。
株の値動き?気にしていません。売る予定のない株の含み損って気になりませんよ(震え声)

企業会計でも、活発に売買しない株は「その他有価証券」として扱い、損益を認識しません。
それと一緒ですよ(言い訳)

誰かが喜ぶことを最優先に

株主優待をとる理由ですが、私は「誰がが喜ぶこと」を最優先にしています。
最近は「株主優待を自分以外の人に譲渡できない」などの制約もありますが。

誰かを喜ばせるために株を保有するのが、一番長続きするんじゃないかと思います。
自分の欲で持っていると、値動きが気になったりしますが、他の人のために持つと、売ろうとしないわけです。
(200株買って、2倍になったら100株売るとかはありますけど。)

男の子だったら、タカラトミーなどもいいかもですね。
奥様に化粧品などの優待もいいかもしれませんね。色々あるので調べてみてください。
もちろん、企業のビジネスモデルや業績は見て投資しましょうね。

ロイヤリティ収入がメイン

二つ目の理由です。難しく言っているだけで、大したことありません。
要するに、サンリオはキティちゃんで収入を得ているということです。
安定的に収入を得られる、キティちゃんがあるわけです。(他にもありますよ。)

ストックビジネスなわけです。ストックビジネスについてはこの記事もご参考ください。

海外展開もしており、為替の影響などもありますが、営業キャッシュフローも毎年黒字ですし、まあ問題ないかなと。
「配当が高いことが、サンリオの新規事業への投資の妨げにならないか」については少し、気にかけていますが。
投資信託などもそうですが、利益以上の配当をすること(俗にタコ足配当なんていわれていますが)は企業にとってはよくないです。
企業は成長・維持することが大切ですから。

まとめ

株主優待をとる理由に、「誰かが喜ぶ」という理由があれば、値動きなんて気になりません。
ただ、会社がつぶれるなどして、株価がゼロになっては困りますので、株主優待を実施している企業のビジネスモデルや業績などは気をつけてください。
とにもかくにも、サンリオ様、ありがとうございます!

【2016年8月】ビックカメラからの株主優待~タダどりのススメ

ビックカメラ優待

2016年8月末が株主優待権利日のビックカメラから優待がきました。
ビックカメラ様からお買物優待券というものを半年に一回もらえます。配当金もいただけます。
いつもタダ取りさせていただいており、感謝の気持ちでいっぱいです。この記事では、タダ取りの仕組み*というのもお伝えします。

*一般信用を使ったクロス取引ではありません。
ビックカメラから株主優待をもらう理由は、次の3つです。

都市型家電量販店であること

今の時代、ネットで買い物も当たり前かもしれませんが、店舗で実際の商品を見て買いたくなるときもありませんか?
ビックカメラといえば、東京だけでも、新宿や渋谷、池袋、有楽町などに店舗があり、足を運びやすいことが特徴です。
足を運びやすいということは、優待も使いやすいということです。優待は使えなければ、取る必要もないわけです。
(ネットで買い物しても使えますが、別途、送料などもかかり面倒です。)

私は優待券をもって、これを買いたい!と決めずに、ビックカメラの店舗に行きます。
足を運べば、必要なものは色々あるわけです。電池やインク、本などもあります。
また、都市型家電量販店である、というのはビジネスモデルとしても悪くないと思います。
家賃など固定費はかかりますが、その分、人口が多いため、需要は増えます。
今は落ち着いているのかもしれませんが、オリンピックまで、インバウンド需要を取り込めますよね。

ビックカメラSuicaカードが便利であること

関東圏にいるとSuicaは便利です。電車に乗っているだけで、ポイントがたまります。
またSuicaは電子マネーなので、コンビニなどでも使えます。還元率はオートチャージ設定で1.5%となります。
このSuicaカード、還元率1.5%と高いですが、二年目から年会費がかかる厄介なカードなわけです。
私は、年会費がかかるクレジットカードが大嫌いでして、持っているのは年会費を上回る特典があると考えているJR東海のエクスプレスカードのみです。(あくまで個人的な意見です。)

ただし!ビックカメラSuicaカードについては、ビックカメラSuicaカードを一年に一回利用すれば年会費が無料になります。
なので、私は、優待券+ビックカメラSuicaカードを握りしめ、ビックカメラの店舗に行き、買い物をするわけです。
これで毎年、Suicaの年会費が無料になります。それに加えて、優待券の値引きがされます!そして配当も手に入る!
トリプルお得なんです!
優待券を使わなくてもいいですが、Suicaは便利ですよ!

権利タダ取りができる株価推移であること

通常、株主優待の権利確定後、株価は値下がりします。これを権利落ちといいます。
ビックカメラの場合、ここ数年すべて権利確定前の値段に回復していることが多いです。
つまり、権利確定前(27日とします)の株価が800円で、権利確定後(28日)の株価は780円になりました。その次の日29日に800円に回復!こんなことが起こるわけです。
29日に売れば、証券会社の手数料などは必要かもしれませんが、配当+優待が損をせずにとれるわけです。
もちろん、一生株価が回復しないこともあります。回復しても三年後かもしれません。優待の権利がタダ取りできるという保証もできませんのでご了承ください。

こういう権利タダ取りは、なぜ起こるのでしょうか?個人的な意見ですが、こんな感じで分析しています。
株というのは「心理」です。人間の心理がすごく反映されているらしく、その裏を読めと言われています。(そんなの無理ですけどね)
優待権利後は、すごく下がるんじゃないかという投資家が多ければ多いほど、投資家としては、株価が高いと思う権利確定前に先に売っておくわけです。売る人が多いと株価は下がります。
なので、株価の推移(チャートといいます)をみて、これは以前の水準に比べて下がっているなと思えば、権利確定の前に買うわけです。
ただし、外部環境は常に考えてくださいね。外部環境が大幅に悪化したり、大きなイベントがあったりして下がっている場合などもあり、色々な要因が重なるため、一概には言えません。
リスクを取りたくない方は、ビックカメラSuicaカードだけでも十分メリットはあります。