会計士作成の家計簿成績表と資産管理表で家計管理を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
excel

公認会計士作成のエクセル無料配布について

共働き貯金.comでは、あなたの貯金や貯蓄について、お役に立てるような記事を提供するよう心がけております。
現状の家計や資産を把握することでこそ、はじめてあなたにとって有用な情報になると考えています。
当サイトでは、現状の家計や資産の把握について手助けができるよう、公認会計士が作成した、下記エクセルフォーマットを添付しております。

家計簿成績表【1か月版】

家計簿成績表【3か月版】

家計簿成績表_資産負債管理表【半年版】

家計簿成績表_資産負債管理表【年度版】

家計簿成績表の説明

なぜか貯金がたまらないな、一体どこにお金がかかっているのかな?と悩まれているそこのあなた!
まず、日々の入出金がわかる普通預金で把握しませんか?
1か月分でも無料で添付しているエクセル(家計簿成績表)を入力してみませんか?

この家計簿成績表では、普通預金の日々の入出金を入力することにより、家計簿成績表で次のことがわかります。

  • 普通預金に残しておくべきお金はいくらぐらい必要か
  • 日々の生活、投資、臨時などで稼いだお金はいくらぐらいあったのか
  • 定期的にかかる固定費は給料のいくらぐらいか
  • 給料に占める浪費の割合はいくらぐらいか
  • 給料に占める自己投資金額の割合はいくらぐらいか
  • 支出のうち、どの出費がどれだけの割合を占めているのか

あなたの家庭では、様々な目的で、貯金や貯蓄をしたいと考えていると思います。
貯金や貯蓄の方法は、みんなが口をそろえて、収入をあげること、節約すること、資産などに働いてもらうことなどをあげています。
それも大切です。ただ、そんな簡単にできますか?
まずは現状を分析することから始めてみましょう。

現状を分析することにより、
うちの家庭は固定費が高いな?あっ!この固定費が下げられるかもしれない!
必要経費が高すぎるな。今月は外食が多すぎたかな?
浪費が少なすぎるんじゃないか?このままじゃストレスたまりっぱなしだなあ、、、

今年は昇給して収入額が増えたから、家計に余裕ができたな。
今年はまとまったお金が必要だったから、思ったよりも出費が多かったな。

などたくさんの発見があると思います。

FPなどに見てもらうのも悪いとは言いませんが、あなたの世帯の家計は、ご本人であるあなたが一番把握しているはずです。
今月は食費が高かったな?来月は少し節制しようか。こんな感覚を持っていれば、あなたの家計は大丈夫です。
それを見える化したのが、このエクセルシートです。「足るを知る」ことがわかるシートにしています。

また共働き世帯の方にもしっかり管理できるよう、配偶者の普通預金の入力箇所もつけました。
ぜひ、ご活用ください。

資産負債管理表の説明

収入から支出を引いた分を貯金するのはいいことです。ただ、やみくもに貯金していませんか?
あなたは、お金があったら今の仕事をしていますか?一度、自問自答してください。

やりがいを感じる仕事なのでお金は関係ない!と思った方も多いでしょう。
皆さんの中には一生食べるのに困らないお金があれば働かない!という人もいるんじゃないでしょうか。

趣味に生きる!ボランティア活動をする!たまには週に2回ぐらいはバイトでもするか。
など、お金(資産)がたくさんにあれば、束縛されなくていいですよね。

あなたの資産と負債を把握することは、お金に関しての「自由」を手にすることの第一歩です。
資産とは現金や株、不動産など将来、お金を生むものです。(利息や配当収入、家賃収入などで現金が手に入ります。)
負債とは住宅ローンや借入金など将来、お金が出ていくものです。(借入の返済でお金が出ていきます。)

なお、資産負債についてはながーい目で見る必要があります。(1か月や3か月で資産がドンっと増える場合、減るのも早いことが多いです、、、新興株やFXとかがそうですね。)
そのため資産負債管理表は半年版と年度版のエクセルシートに作成しています。

資産負債管理表は次のことがわかります。

  • 資産、負債の合計残高はいくらぐらいか
  • 理想の資産の割合はどれぐらいか
  • 定期預金、株式などの資産、住宅ローン、奨学金などの負債がどれだけ年間の普通預金から移っているか
  • アーリーリタイアまでに必要な純資産(資産-負債)がいくらぐらいか
  • 配偶者の資産と合わせた場合、アーリーリタイア可能かどうか

ぜひ、ご活用ください。

お問い合わせなど

当サイトへの情報の掲載は、投資勧誘を目的にしたものではありません。
シートについて何かご不明な点がありましたら、お問い合わせまで。




【免責事項】

当ファイルに掲載された情報に基づいて為された判断を原因として発生した、いかなるトラブル・損失・損害に対して一切の責任を負いません。
当サイトに掲載された全部又は一部の情報は、予告なく変更・中断することがあります。
当ファイルの著作権は共働き貯金.comに帰属します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*