【ステップ別節約】ヘアーカットで毎月3500円以上カット?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
髪

あなたは、美容室や理髪店にどれだけお金をかけていますか?
総務省統計局「小売物価統計調査報告」では、カットで約3,500円ぐらい、パーマで約7,500円ぐらいかかっています。

特に男性は、カットだけという方も多いでしょうが、毎月行く方は平均で毎月3,500円かけているわけです。
そのため、カットに行く回数が 毎月1回 → 3か月に1回 になるだけで、年間で28,000円も節約できる計算になります。
カットに行く回数が、 毎月1回 → 半年に1回 になれば年間35,000円も節約できます。

もちろん、女性も美容院代を節約できます。
美容院に行かなければ、お金だけじゃなく、時間の節約にもなります。美容院に行けば少なくても1時間ぐらいはかかりますが、セルフカットをすれば、その時間も半分以上は削減できます。

では、美容院や理髪店の頻度を少なくする方法と節約金額をステップ別にご紹介します。

ちなみに私は半年に一回髪を切りにいくか行かないかです。美容室代は、年間1万かかりません。
その分、パートナーの小遣いにいってますが、それでも十分節約できている自負はあります。
(結婚してから身なりを気にしなくなったというのもあるかもしれませんね、、、)

ステップ1~入門編~

毎月、髪を切りに美容院などに行っている方は、美容室などに行く回数を2か月に一回にしましょう。
気になるという方は、パートナーに髪を切ってもらいましょう。自分で切るのもありです。

それだけで、美容院などに行く回数(1回あたり3,500円)が、年間で12回(1か月に1回カット)→6回(2か月に1回カット)になります。
3,500円×6回削減=21,000円の節約となります。

まずはここから始めてみましょう!

ステップ2~応用編~

ステップ2は、カットの回数を3ヶ月に1回のペースにします。
身だしなみを気にするのであれば、セルフカットをするか、パートナーに切ってもらうことが必要になってきます。
また、カラーリングをしているのであれば、セルフ染めをするか、パートナーにしてもらいましょう。

これで、美容室に行ってカットしてもらう回数は、年に12回(1か月に1回カット)→4回(3か月に1回カット)に減ります。
3,500円×8回削減=28,000円の節約です。

ステップ1と比べても6回(2か月に1回カット)→4回(3か月に1回カット)になります。
ステップ1からの節約金額は3,500円×2回削減=7,000円の節約となります。

ステップ2は当面の目標です。28,000円の節約となり、半分を貯金したとしても、家族で何か贅沢ができる金額になります。

ステップ3~プロ編~

次は、カットの回数を半年に1回のペースにします。
出来る限り、パートナーに切ってもらいましょう。慣れてくれば、パートナーのカット能力も各段に上がっていきます。
そして、半年に1回、美容室でカットしてもらいます。
髪型をある程度維持するため、2か月~3か月に一回ぐらいの頻度で、毛先を切ったり、トップを梳いたり(すいたり)してれば、髪型は大抵維持できるものです。
メンテナンスを適宜行うことで、美容室でカットしてもらった状態の髪型が維持できます。

これで、美容室に行ってカットしてもらう回数は 12回(1か月に1回カット) → 2回(6か月に一回カット) になります。
3,500円×10回削減=35,000円の削減です。

ステップ1と比べれば、6回(2か月に1回カット)→2回(6か月に一回カット)になります。
ステップ1からの節約金額は3,500円×4回削減=14,000円の節約となります。

ステップ2と比べれば、4回(3か月に1回カット)→2回(6か月に一回カット)になります。
ステップ2からの節約金額は3,500円×2回削減=7,000円の節約となります。

ここまでくると、一か月あたり約3,000円の節約です。浮いたお金でパートナーと小旅行でも行っちゃってー。

ステップ4~髪の神編~

節約の神の域です。
美容室に行きません。すべてセルフカットか、パートナーに切ってもらいます。この場合、美容室代はかかりません。
まさに髪の神です。

節約の概念すら超越し、美容室にかかってたお金がすべて節約できます。
3,500円×12回削減=42,000円の削減です。

まずはステップ3までチャレンジ!その後、ステップ4を目指しましょう。
今後、浮くお金は貯金でもいいですし、パートナーに3年に1回ぐらいはブランドバックなども買ってあげることもできます。
お好きなように。

神の域までは、遥か遠い山頂かもしれませんが、まずはステップ1からチャレンジしてみませんか?
慣れてきたらステップ3までは、大丈夫です。ぜひ、チャレンジしてみましょう。

LICEL 自宅でプロ仕様 プロの力を借りなくても 初心者・美容師向け 高級ステンレス製 カットシザー/セニングシザー(カットはさみ/すきばさみ)ブルー 保管ケース付き はさみ自体にも[Licelロゴ入り]

 

ご褒美も

美容室に行く代わりに、自分で頭皮マッサージをしてみましょう。お金もかからず、毎日頭皮エステができます。
私も美容室に行く代わりに、お風呂の中で、頭皮エステを使用しています。気持ちいいですよ。

パナソニック 頭皮エステ(皮脂洗浄タイプ) シルバー調 EH-HM75-S


パナソニック 頭皮エステ サロンタッチタイプ ルージュピンク調 EH-HE98-RP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*