まだ間に合う!年末間近の自営業の節税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
hands-1345059_640

自営業の方!年末の節税、どうしようかなと考えませんか?まだ間に合います。
(経費を使うとかもいいと思います。継続して処理していることが前提ですが、一年以内の広告宣伝費を使うことや消耗品を購入することなどです。)

年末の節税額が、子供手当などの所得にも影響するかもしれません。(各自治体で異なります。)
この記事では、経費以外での貯蓄性という観点で、年末の時期におススメの節税対策をお伝えします。

第一優先

まずは、将来的に支払わないといけない、義務となるものをまとめて先に支払いませんか?
義務といえばなんでしょうか?健康保険(国保)や国民年金です。
こちらを先に支払います。通常は、翌年3月分まで納付書がお手元にあると思います。
これを先に支払った場合、全額が所得控除になります。

国民健康保険

私は例年、翌3月までの健康保険を年末までに支払います。翌年の1月から3月分の健康保険は、翌年の1月から3月に納付期限が来るので、いつか支払う必要があるわけです。
セブンイレブンでクレジットカードからnanacoにチャージし、nanacoで支払えば、クレジットカードのポイントがつきます。
ただし、限度額には気を付けてください。1回に3万円、1か月に20万円までです。
クレジットカードでチャージができる金額

クレジットチャージの利用制限
nanacoクレジットチャージの金額と利用制限より引用

私は、楽天カードのJCBでnanacoチャージしています。
楽天カードは年会費無料で、ポイントもたまりやすく、還元率が1.0%なので使いやすいカードとなっています。
楽天カード

新規入会でお得!楽天カード

国民年金

国民年金は2年前納が一番割引率が高いです。ただ、毎月支払っている方も多いと思います。そういう方も先に1月分から3月分までを、年末までに支払ってください。
ただし、国民年金に関しては、所得基準により納付額が一部や全額免除される場合もあるので、免除申請は毎年7月か8月にしてください。

これで3か月分の健康保険+国民年金の支払金額は、全て所得控除となりました。

第二優先

小規模企業共済です。毎年、84万円まで全額掛金が所得控除となります。
ベストな掛金は?と聞かれると、退職所得控除で無税となる基準がいいのではないでしょうか。
そのため、1年目から20年目までは毎年40万を掛金として納めましょう。21年目からは70万を掛金として納める。
そうすると現行制度では、20年で事業を辞めた場合でも、無税で退職金として800万が手に入ります。

え?それでも足りない?パートナーがいらっしゃるなら、青色専従者を共同経営者として、青色専従者の方も入りましょう。
(あくまで、専従者の届出をしている共同経営者です。)
その場合、パートナーの方は、給与所得控除+小規模企業共済の所得控除がダブルで使えます。

小規模企業共済は、銀行などが開いている最終日まで現金納付であれば、間に合います。
(審査もありますが、会社員ではなく、自営であれば大丈夫です。)

共同経営者の契約書のひな型などはこちらへ、お問い合わせください。HPではPDFがありますが、Word様式をお渡しします。

本当の第一優先

倒産防止共済は第一優先でおススメしたかったのですが、、、12月5日まで(その月の5日まで)に銀行などに提出する必要があり、年末に間に合いません。
年末に間に合いませんので、ここでは簡単にご紹介します。
倒産防止共済は、所得控除ではなく所得の計算の「経費」になります。
健康保険と国民年金は「所得控除前の所得」の金額が基準で金額が決まります。

倒産防止共済を上手く使うことで、所得控除前の所得金額が少なくなります。
その結果、健康保険が安くなります。このメリットは絶大です。
国民年金も全額免除の基準は、「所得控除前の所得」をもとに全額免除になるかどうかが決まります。
(一部免除の場合は、所得控除前の所得の金額に社会保険料等が加算された所得で考慮されます。)

節税商品としては、非常におススメですが、解約した際は収入になるので難点ですね。そういうときの対策もあるにはあります。
こちらも別の機会で、ご紹介します。

まとめ

まずは、国民健康保険と国民年金を翌3月分まで、12月末までに支払いましょう。
それでも節税額が足りない場合は、金融機関(銀行など)の最終日までに、小規模企業共済を申し込みましょう。
この節税額で、子供手当の金額や子供の教育に関する助成金も違ってきます。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*