お金持ちになる条件はドラえもんにあった!四次元ポケットのご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
猫ドラえもん

一つの収入源に頼るのはリスク

お金を運ぶ人

お金と上手く付き合うためには、当たり前ですが収入が多いほうがいいです。
投資の格言でも「卵は一つのカゴに盛るな」と言われている通り、収入も一つだけに頼る時代ではなくなってきています。
終身雇用・年功序列の雇用環境は崩れ、会社の業績も右肩上がりではなくなってきています。
業績が悪いと、ボーナスなどにも影響が出て、(特にボーナスの比率が高い方は)年間の収入がガクッと落ちることもあります。

給与テーブルも一昔前に比べて、改悪されていることが多いのではないでしょうか。
福利厚生もしかりで、配偶者手当なども削られて行っている現状です。
雇用形態も非正規なども多くなり、正社員と比べて非正規社員のほうが、割合的に多くなってきている状況です。

今の時代、一つの収入に頼っていることが「リスク」と考えられる環境になっています。
この「リスク」を減らすために、収入のポケット(財布)を増やしていきませんか? その方法について紹介していきます。

四次元ポケット

pattern-958081_640

資産家というかお金持ちは、4つのポケット、4つの財布を持っていると言われています。
ここでは、4つのポケットのことを四次元ポケットと言います。この四次元ポケットとはなんでしょうか。
こちらの記事でも紹介しています。

  1. 事業から得る収入(事業所得)
  2. 株式の配当から得る収入(配当所得)
  3. 不動産を貸し付けすることにより得る収入(不動産所得)
  4. 勤務先から得る収入(給与所得)

この四つです。別名、ドラえもんの四次元ポケットです。
ドラえもんがいればこんなに心強いことはありませんよね。それと同じぐらい心強いです。

税金面でいっても、

  1. 事業所得: 青色申告の特別控除65万円
  2. 配当所得: 分離課税+安定収入
  3. 不動産所得: 赤字の場合、事業所得か給与所得でその赤字が差し引ける+安定収入
  4. 給与所得: 給与所得控除

の4つのメリットが受けられます。

しかも安定的な収入が「給料」だけでなく、「配当」と「不動産」があるので、収入アップが見込めます。
例えば、月の給料が手取り20万円でも、配当5万円、家賃収入5万円があれば手取り30万円です。
給料だけと比べて10万円手取りがアップした計算になります。

ドラえもんがいるぐらい心強い味方です。(もちろん、お金で買えないものもたくさんありますよ)

どうしたら四次元ポケットが手に入るの?

猫ドラえもん

from https://jp.pinterest.com/pin/507217976765684734/

このドラえもんの四次元ポケット、1人で得る必要はありません。
1人で得ようとすると、大変ですが、2人ならどうでしょうか。

共働き世帯の方は、会社員+自営業で、給与所得+事業所得です。給与所得控除と青色申告の特別控除のメリットが得られます。
これだけで2つのポケットですね。会社員の方が、不動産を購入して家賃収入があがれば、不動産所得も出来上がります。
これで3つのポケットです。あとは、自営業の方が株を購入したりすれば、配当収入も入ります。
これで四次元ポケットの出来上がりです。

会社員+専業主婦の場合でも、会社員名義で投資物件を購入すれば、給与所得+不動産所得です。
2つのポケットが出来上がりです。専業主婦がパートに出てローンを補填するのもいいですね。
会社員の方が株を購入したりすれば、配当収入も入ります。3つのポケットが完成です。
これだけでも十分ですね。さらに、専業主婦の方が副業などをしてそれが事業となった場合、事業所得も入ってきます。
これで四次元ポケットの完成です。

気を付けていただきたいのは、「株や不動産はリスクが伴う」ということです。
給料も昔と違ってリストラなどの「リスク」が伴うと思いますが、株や不動産の場合は損失が発生する(赤字になる)ことだってあります。
給料は赤字にはなりません。それは常に頭に入れておきましょう。

まとめ

今の時代、一つの収入に頼ることが「リスク」と考えられる環境になっています。
この「リスク」を減らす四次元ポケットは、ドラえもんのように心強いです。
1人で達成しようと考えず、2人で協力することも考えましょう。

ただし、給料と違い、投資には赤字のリスクがありますので、ご留意ください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*