貯金の王道、普通預金のメリットデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
お金と子供

貯金の王道 普通預金

貯金の王道であり、最も身近な存在の普通預金を紹介します。
共働きの方は、お互いの普通預金を見せ合っていますか?秘密主義もいいですが、お互い相手が貯めているだろうとの認識では、なかなか貯金はできないものです。
年収1,000万でも貯金がゼロの家計もありますし、年収300万でも貯金をしている家計もあります。

企業では一年間で儲かったお金がどこにいったのかを決算書を用いて把握・管理します。
普通預金はまさしく決算書と同じように、家計の見直しに役立つ項目がたくさん詰まっています。家計の見直しが貯金額に直結します。
まずは普通預金の入出金明細や通帳でお互いの毎月の収入、支出だけでも把握してみませんか。
収入の何%が固定費(住宅費や保険など、毎月変わらないもの)、必要経費(食事代や日用品代など、毎月変わるもの)、お小遣い、自己投資、教育費などなど、、、
どの支出項目に使われているか、あなたは把握していますか。

日々のお金の流れが見えることで貯金の目的が明確になり、モチベーションが保てることも多々あります。
当サイトではこの把握が明確にできるよう以下のサイトでエクセルファイルを無料配布しています。ぜひご確認ください。

普通預金のメリット

普通預金のメリットについてまとめてみました。

  1. 自由にお金の出し入れができる
  2. ペイオフの対象で安心
  3. 日々の入出金が見える

自由にお金の出し入れができる

定期預金や株、投資信託などとは違い、普通預金はいつでも手続きなしで引き出すことができます。銀行ATMや24時間利用できるコンビニATMで使用できるため、場所も気にせずに利用できます。

また日々の給料も入金されるのが普通預金だと思います。給料が現金受取の場合は、まずは普通預金に入金していることも多いのではないでしょうか。
クレジットカードの引き落としやご自宅の住宅ローン引き落とし口座も普通預金の口座だと思います。
給料日の銀行が混んだり、金曜日の夜のコンビニATMで並んだりという光景をよく目にします。多くの方にとって、身近で便利な存在ということでしょう。
ただし便利だからといって、ATM手数料がかかっていては元も子もありません。ATM手数料は極力、無料で利用できる銀行を選択しましょう。

 

ペイオフの対象で安心

普通預金は、預金保険制度(ペイオフ制度)の対象でもあり、預けている銀行が破たんした場合でも、定期預金などと合わせて1,000万+金利(微々たるものですが、、、)までは保証の対象となります。
保証の対象金額に制限があり、少し心配という方は、金額に制限がない、決済用普通預金というものがあります。
こちらは、銀行に万が一のことがあっても、2,000万でも1億円でも全額が保証の対象となります。
決済用普通預金について詳しく知りたい方は、以下のページを参考にしてください。

日々の入出金が見える

個人ではフリーマネー、一番簡単に、自由に使える、預けるお金に該当するのが普通預金です。
普通預金にはどれぐらい残しておけばいいのか。その答えも、普通預金の日々の入出金明細に表れています。
一般にサラリーマン家庭では、給料の3か月分、普通預金にあればいいと言われています。
共働きなら、お互いの給料の3か月分を残せば、万が一のときでも安心です。ただし、3か月後に大きな支出が想定されている場合は、その分はプラスして残しておきましょう。
最近はリストラなど万が一のことが、普通に起こる時代です。お金に対する危機管理も必要です。

ちなみに自営業の方は、日々の収入が安定しないこともあるので、報酬の6か月分を残しておけばいいと言われています。
運転資金などもあるので一概には言えませんし、自営業の方は貯金ができないことの方が多いと思います。
そのため小規模企業共済や確定拠出年金などで節税しつつ、別の財布に移動しておきましょう。

話が逸れましたが、企業も、運転資金(経営を行うにあたって必要なお金)をしっかり確保したうえで、事業を運営しています。
家計の運転資金(家計をやり繰りするにあたって必要なお金)は普通預金口座でわかります。
家計管理を行うにあたって必要なお金を把握し、家計を見える化することで初めて貯金ができる体制になるのではないでしょうか。

 

普通預金のデメリット

普通預金のデメリットは金利の低さです。
最近ではマイナス金利(銀行が日銀に預けている預金の金利が一部マイナス)の影響もあり、いっそのこと「ペイオフ対象で安心」でご紹介した決済用預金でいいと考える人もいるほど金利が低いです。

そのため、普通預金での運用は考えないほうがいいです。あくまで日々のお金の流れを見える化することでどの費用が減らせるか等を考え、節約しつつ、預金以外の運用先を視野に入れることにしましょう。
ただ、金利は低いですが、そんな中でも少しでも、、、という方もいらっしゃると思います。
では、普通預金の金利は実際どうなっているのか見ていきましょう

普通預金の金利比較

三菱東京UFJ、三井住友銀行、みずほ銀行などのメガバンクや、ゆうちょ銀行の金利は0.001%です。
100万円預けて年間10円です。1,000万円で100円。1億円預けても1,000円にしかなりません。
普通預金ではお金は増えていかないと言っても言い過ぎではありません。
金利が高いと言われるネット銀行でも、楽天銀行で0.02%、住信SBIネット銀行は0.001%です。

 

そのような中で注目に値するのが、イオン銀行の普通預金の金利です。
イオンセレクトカードを持つことが条件となりますが、通常の金利0.02%に0.10%も上乗せされます。その結果なんと、イオン銀行の普通預金の金利は年0.12%となります。
これは高金利と言われるネット銀行の定期預金に匹敵する金利の高さです。

もちろん私もイオン銀行を愛用しています。
「ネット銀行は通帳がないけど、セキュリティは大丈夫?」という人がいますが、振り込みにはログインとは別のパスワードが要求されるのが普通ですし、お金を引き出すためにはキャッシュカードを持ってATMに行く必要があるので、ネット銀行だからセキュリティが低いということはありません。

むしろ、ネットで入出金履歴などの確認ができるのは便利です。
ネット銀行の場合、振込手数料などが無料の銀行もあるので日々の節約になります。

まとめ

普通預金は、利息を得るためのものではなく、日々の入出金を見える化するためのものです。
共働き世帯の方も、普通預金通帳を見せ合えば、日々のお金の流れが家族に伝わり、どこを削れば貯金ができるか分かりますし、どの支出を増やしたいか(自己投資など)を話し合えばより相手の価値観が把握でき、お互いの理解が深まるかもしれません。
普通預金が一定金額貯まれば、さらに貯金を増やすことができます。そのための色々な方法をご紹介していますので、ぜひ当サイトを有効活用してください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*