配偶者控除の廃止の影響額【年収200万から1500万まで】~税理士が計算してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
calculator-385506_640

配偶者控除をご存知でしょうか。
年収が1,220万円を超えると配偶者控除が廃止にされるとニュースでやっていましたね。今、話題の配偶者控除です。
妻(夫)の年間給料が103万円以下であれば、夫(妻)の所得から38万円の控除が受けられるという制度です。
詳細はNo.1191 配偶者控除(国税庁のサイト)をご覧ください。

専業主婦(主夫)でパートなどをやっていない方、パートをやっていても給料が年間103万円以下の方は配偶者控除の対象になります。
この配偶者控除ですが、所得税では38万円、住民税では33万円の控除となっています。
年収200万~1,500万までの方を対象に、配偶者控除が廃止になった場合の増税額はいくらになるのか、まとめてみました。

年収別配偶者控除廃止の場合の増税額

【前提など】
①平成29年度の年収。単位は円。
②12ヶ月間、給料が一定と仮定して社会保険料を算出。(ボーナスはなし)
③平成28年度現在の税法などを基準にとて、税金を計算。税金は、所得税+住民税の合計。
④東京都の社会保険料率及び住民税均等割を適用。年齢は40歳未満で介護保険はなし。
⑤他の所得控除や税額控除は考慮しない。
⑥配偶者控除が廃止になった場合の増税額を一番右に算出。

年収給与所得控除後の所得社会保険料税金(配偶者控除なし)
税金(配偶者控除あり)
配偶者控除の増税額
①-②
2,000,0001,220,000281,42091,70036,80054,900
3,000,0001,920,000422,130176,200121,30054,900
4,000,0002,660,000562,840266,800211,90054,900
5,000,0003,460,000703,550390,100318,30071,800
6,000,0004,260,000844,260523,300451,50071,800
7,000,0005,100,000984,970716,000605,500110,500
8,000,0006,000,0001,074,768962,500851,900110,600
9,000,0006,900,0001,124,5681,221,1001,110,500110,600
10,000,0007,800,0001,174,3681,479,7001,369,100110,600
11,000,0008,800,0001,2241,681,780,6001,658,100122,500
12,000,0009,800,0001,273,9682,099,0001,976,500122,500
13,000,00010,800,0001,323,7682,445,8002,294,800151,000
14,000,00011,800,0001,373,5682,825,8002,669,800156,000
15,000,00012,800,0001,423,3683,275,9003,114,900161,000

※この金額は、個人的に試算したものであり、全ての条件については考慮していません。

いかがでしょうか。年収が上がれば上がるほど、増税額は増えます。
あと、この表から、年収別にざっくり手取り額が計算できるようにしています。
年収から社会保険料、税金を引けば手取り額が求まります。(ボーナスの影響を除いているので、若干手取りが高めになっているかもしれません。)
また、40歳以上は介護保険料の支払いがありますので、この手取り額より低くなります。

給与所得控除もどんどん減っています。
配偶者控除が廃止!というニュースに埋もれて、年収1,000万円以上の方の給与所得控除も狙い撃ちにされています。
平成29年度からは給与所得控除の上限が220万円になります。平成28年度は230万円が上限でした。
これにより、年収1,000万以上の給料の方の所得金額があがります。結果としては、増税ですね。

少し前までに、15歳以下の子供の扶養家族控除の廃止もありました。消費税も上がりました。
増税ブームでしょうか、、、手取りが減っているのに物価は上がると、、、
個人消費が落ち込んでいるのは、こういう背景もあると思います。

会社員の方は、配偶者控除に代わるものとして、節税方法を以下の記事でも紹介しています。ご参考ください。

当サイトでは、貯金をするために有用な記事も提供しているので、他の記事も是非ご覧ください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*