みんなのクレジットへの業務停止命令と業務改善命令を受けて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みんなのクレジットに証券取引等監視委員会から行政処分勧告が出されていましたが、今回(2017/3/30)、関東財務局がみんなのクレジットに1ヶ月間の業務停止命令と、業務改善命令を出しました。

みんなのクレジットへ投資した資金はどうなってしまうのでしょうか・・。

さて、こういうときのために、私は分散投資の重要性を何度も訴えてきました。
今こそ、分散投資です。
みんクレが問題を起こしたから、ソーシャルレンディング全体から手を引くなんて、まさに「羮(あつもの)に懲りて膾(なます)を吹く」(注)です。
熱い吸い物を飲んでヤケドをしたのに懲りて、冷たいナマスも吹いて冷ますという意味。前の失敗に懲りて必要以上の用心をすることのたとえ。(デジタル大辞泉より)

今後一切投資をしないと言うならそれでもいいです。
ただ、当サイトをご覧の方は、会社員の方やその配偶者の方が多いのではないかと思います。
忠告しておきますが、投資をしないで会社員として働いているだけでは、生活は好転しません。
会社の仕事なんて、貴重な時間を切り売りしているだけですし、昇給額もわずかでしょう。
会社が倒産したり、クビになるかもしれません。
クビにならなかったとしても、定年になって身体のあちこちに不調をきたすまで、毎日朝から晩まで働き続ける羽目になります。

あるいは個人事業を営んでいる方は、収入が途切れる不安に苛まれながら、毎日ハードに働いているかもしれません。
子供と遊ぶ時間も満足に確保できないかもしれません。

しかし、投資から得る収入を少しずつでも増やしていけば、だんだんと労働時間を減らすことができ、最後には働かなくても暮らしていけるようになります。
労働からの解放です。
投資家、資本家になるということです。
これこそ資本主義における最強の形態です。

別に投資対象はソーシャルレンディングである必要はありません。
ソシャレンに投資しないにしても、何らかの投資は続けてください。

わざわざ当サイト(共働き貯金.com)に来るくらいですから、あなたは貯金をしているでしょう。
それは大変素晴らしいことです。 多くの人はほとんど貯金もなく暮らしています。
なんと、貯金ゼロの世帯は全体の30%にも上るという調査もあります。
世の中には稼いだお金を浪費して使い切ってしまう人が大勢いるということです。
だから、少しでも貯金があるということはすごいことなんです。

もう一歩踏み出して、投資家への道を歩んでみませんか?
ケガをしてもいいんです。
それを糧にして進んでいきましょう。
リスクを恐れる人にリターンはありませんし、成長もありません。
投資感覚は自分で投資をすることで磨かれていきます。
投資を避けていては、投資感覚を磨くのは難しいです。

貯金をするというのは、働かなくても食べていける経済的自由への第1ステップです。
そして、次のステップは、そのお金を有効に使うということです。
貯金はそれ自体ではリターンを生みません。
貯金を遊ばせておくことは、利益を得るチャンスを逃すということです。
しかも、貯金というのは何もしなくても、インフレが進めば、価値が減っていきます。
安倍政権や黒田日銀総裁は年数%のインフレ政策を進めていますよね。

わずかばかりの昇給を期待して、毎日満員電車に揺られて、嫌いな上司や取引先にペコペコ頭を下げる生活を定年まで続けたいというのなら止めはしません。
でも、もしも、そんな生活に少しでも嫌気が差しているなら、投資すべきです。
だって、そこに高利回りの投資案件があるのですから。
過度にリスクを恐れて、手をこまねいて立ち止まってるわけには行きませんよね。

クラウドクレジットは、先日みんなのクレジットに証券取引等監視委員会から行政処分勧告が出された直後に、以下のように説明しています。

  • 自己資産とお客様の投資資金を適切に分別管理していること
  • お客様の投資資金は全てクラウドクレジットグループ外の事業に使用していること
  • 今後も適切に運用状況を開示すること

私はこの姿勢に大変好感を持ちましたので、クラウドクレジットに100万円投資しました。

あなたの投資先はクラウドクレジットである必要はありませんが、リスクを過度に恐れずに投資を続けていってほしいと思います。

追伸
みんなのクレジットは、きっとそのうち、行政処分記念キャンペーンとか、業務停止記念キャンペーンとか、そんなのを開催してくれるんじゃないかと期待してます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*