自己管理で貯金1000万~あなたの分身(普通預金)と対話~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
head-1345060_640

貯金1000万を目指せ!

貯金1000万を目指すためには、自己管理(セルフコントロール)をする必要があります。
自己管理が貯金1000万の一番の近道です。
そして「自己管理」をするヒントが、普通預金に隠されています。

お金に興味がない方の中には、普通預金の入出金明細は、ただの数字の動きに過ぎないと考えている方も多いと思います。
もちろん、そのように捉えるのも悪くありません。実際、お金は使わなければ意味をなしません。その通りです。

でも、老後のためにとか、子供の教育のために貯金をしようと思ったら、思い立ったが吉日、普通預金を分析し、自分の行動を振り返り、自己管理をする必要があります。
それだけで、「あれ?こんなに貯まるのか?」というぐらいザクザク貯まる可能性もあります!
セルフコントロールするために、あなたの分身である普通預金と対話しましょう

あなたの分身 普通預金

例えば、普通預金の口座を開設しただけでは、普通預金口座の残高はゼロです。あなたの行動があって初めて、口座に命が与えられるわけです。

  • 振込をする
  • 働いた結果として給料が振り込まれる
  • 家賃や食費や交際費、教育費などで使うために出金やクレジットカードの引き落としがある

普通預金口座は、あなたの行動がほぼ全て集約されていると言っても過言ではありません。
そして、普通預金の通帳を定期的に確認することにより、自分の行動を振り返る(自己分析)ことが自己管理の第一歩です。
自分の行動を振り返ることは、自己管理の第一歩であり、モチベーション維持にも役立ちます。

例えば、
目指せ貯金1000万!という目標を掲げます。
当たり前ですが、1年で!これは厳しいです。
宝くじでも当たればいいでしょうが、、、当たっても、普通は、あぶく銭(苦労をせずに貯めたお金)としてすぐに使っちゃうようです。
(私もその傾向、多々あります笑)

そのため、「毎年100万貯金して10年間で1000万を目指す!」と目標に時間軸を持たせ細分化させます。(共働きなら年200万を目指して5年で!なんてアリですね)
毎年100万ということは、毎月8万~9万貯める必要があります。

た・だ・し、Check it out!毎月8万~9万でなくてもいいんです。
足りない分はボーナスで調整してもいいわけです。
調整するといっても目標が毎年100万貯金する!のであれば、調整金額を知るために、普通預金口座を見ておく必要があります。
最低、毎月一回、普通預金口座を見ることで「あーこれ使ったな、あーこれだけ先月は頑張って残業したから手取りそこそこもらえているな」など、あなたの分身(普通預金)と対話しましょう。
(ドケチと倹約、節約は違います。タイミングや立場によっては、こちら側から気持ちよく、お金を出す必要もあります。そういった出費は、当たり前の必要経費ですので後悔しないでくださいね。)

ボーナスだけで一回当たり手取りで100万もらえるなら、それだけ毎年貯金すればいいですが、人間いきなりお金が入れば気が大きくなるものです。
その分、消費してしまうと意味がありません。

あなたの分身と対話することで目標とする貯金額を達成しましょう!
モチベーション維持にもかなり役立ちます。

「え?そういう心構えだけ?!方法を教えてよ~」
いえ、心構えが一番大切なんです。

心が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。

by ウィリアム・ジェイムズ(心理学者、哲学者)

ただ、収入も関係あるよね?地主じゃないし、資産持ちでもない。
そういう方のために、具体的に、年間どれくらいためればいいか、目標の指針を次の記事で紹介しています。
貯金1000万を貯めるため、年間の貯金額の目安を、年収別、働き方別で書いています。

その他、収入アップに関する記事も、共働き貯金.comでは紹介していますので、ぜひ他の記事もご覧ください、

私自身、サラリーマン時代は、ほとんど普通預金と対話することがありませんでした。
通帳を久しぶりに記帳したら久しぶりすぎて、合計出金、合計入金しか記載されていませんでした。
それではなかなか、自己管理できません。貯金もたまりません。
まあ、貯金が目標でなかったのでいいんですが、、、(決して負け惜しみではありません!笑)

もちろん、1000万円貯まらない場合もあると思います。その時でもあきらめないで!10年でなく15年、20年で達成すればいいわけです。
いや10年で貯金1000万だ!という方は今一度、普通預金を見て固定費(家賃や保険、スマホ代など)を削減できないかCheckしてみてください。

まとめ

自己管理で貯金1000万を目指しましょう。1000万といわず、2000万、3000万を目指してみましょう!(たまには贅沢してくださいね。)
共働き貯金.comでは、貯金1000万の手助けとなる、おススメ記事を様々な視点で紹介しています。

普通預金については、メリット・デメリットも紹介していますので、こちらの記事も参考にしてください。

貯金1000万たまったら、ペイオフの対象ではなくなります。決済用普通預金口座であれば、銀行に万が一のことがあっても、全額保障されます。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*