ストックビジネスとフロービジネス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
business-1012761_640

共働き貯金.comでは、貯金をするために有用な方法を紹介しています。

この記事では、副業で稼ぎたいという方や、起業で収入をアップしたいと考えている方に、二つの根本的なビジネスの仕組みを紹介します。
すなわちストックビジネスフロービジネスです。

フローがあるならストック、ストックがあるならフローというように、自分が持っていない部分を補うことで収入アップが見込めます。
会社員はフロービジネスと言われています。そのため、ストックビジネスとなるものを副業にしているだけで、うまくお金と付き合えるかもしれません。
また、ビジネスモデルを知ることで、安定的に収入を得ることができるストックビジネス型の企業に投資する際にも役立ちます。

ストックビジネスとは

ストックビジネス(ストック型ビジネス)とは、継続するビジネスという意味です。
一度でもお客さんとの取引が始まると、関係が続き、継続的な売上を上げることができるビジネスモデルです。
要するに、毎月、固定収入が入るようなビジネスです。「継続」がキーワードでしょうか。

継続して安定的な収入が得られますが、ビジネスが立ち上がるスピードは遅く、単価もそこまで高くないものも多いです。
最近のビジネスモデルは複雑で、一概にはいえませんが、具体的には

  • インフラ
  • 会費や顧問ビジネス
  • 資産運用(不動産や株式投資など)
  • アフィリエイトやアプリゲームなどのネットビジネス
  • 漫画やキャラクターの版権ビジネス

などが挙げられます。

この中で、個人が簡単に始められるとすれば、資産運用でしょうか。
ここでも資産所得が関係していますね。(資産所得については、会計士が教えるお金との付き合い方~平均のワナと資産所得も参考ください。)
資産所得はリスクもありますが、「お金との付き合い」の幅を広げることもできるわけです。

フロービジネスとは

フロービジネスとは単発、スポットで終わるビジネスという意味です。
一度の取引でお客さんとの関係が終わってしまい、継続的な売上を上げることができないビジネスモデルです。
要するに、一回での取引で収入が入るようなビジネスです。「単発、スポット」がキーワードでしょうか。

ストックビジネスと比較して、ビジネスのスピードも早く、単価も高いことも多いですが、収入は継続して得ることはできません。

会社員は、どちらかといえば、フロービジネスに近いと言われています。
勤務している会社へ労働を提供し、給料を得ているというプロセスを考えてみましょう。
一旦、労働の提供を辞めたら、給料を得られないという意味でフロービジネスです。

最近のビジネスモデルは複雑で、一概にはいえませんが、フロービジネスを具体的に挙げると

  • 小売業
  • 飲食業
  • ネット物販
  • 建設業
  • 製造業
  • コンサル業(単発のもの)

といったものがあります。

まとめ

会社員の方であれば、副業でストック型のビジネスを選択することで、フロービジネスとストックビジネスの両方をいいとこ取りできるわけです。
給料で収入を得つつ、ストックビジネスの立ち上がりを待つことができます。ストックビジネスがいったん立ち上がれば、安定的に収入を確保することも可能です。
また、株式投資の際も、安定的な業績になりやすいストック型の企業に投資することも賢い選択かもしれません。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*