タバコはやめない。たとえ780万の節約になろうとも。そんな方の貯金方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
tabako

たばこを1日1箱吸うと65歳までにいくらの損失に?

こんなニュースがありました。1日1箱のタバコやめると45年で780万ぐらいは節約になるそうです。
780万はもったいないな、、、やめようかなと考えますが、、、お金ではやめません。

浪費してもいいじゃないか、人間だもの

私は弱い人間で「このために働いているんだ。」という自分のモチベーションが必要なんです。
現状は、家族とタバコ、そして住まいのためです。

家族を大切にするのは当たり前でしょうし、将来的には両親も扶養する予定ですが、それ以外に自分だけの働くモチベーションがあってもいいじゃないかと。

節約生活を頑張った自分、家族へのご褒美もありだと思います。
好きなことに使う消費は浪費ではないですし、浪費も多少はないと、満足が得られません。諸行無常の世の中ですから。

ただ、「貯金」は、浪費家にはなかなか難しいことです。私もそうです。
そういう方には、あまりストレスなくお金を貯められる方法があるのでご紹介します。

浪費家の方にオススメの貯金方法

給料や報酬が入ったら銀行口座から引き落とすルールを作ればいいわけです。
ポイントは「毎月コツコツ自動で」です。

私は、普段使う銀行口座から、次の3箇所に毎月自動でお金が流れる仕組みを作っています。

  1. 貯金用口座を別に作って、その口座に自動振り込み(定額積立でも可)
  2. 貯蓄型の保険をクレジットカードで毎月購入
  3. 小規模企業共済への拠出

順を追って説明します。

「これだけはどんなことがあっても貯金する」という鉄壁のルールを作っていれば、たとえ浪費家であっても貯金は増えていくと思います。

貯金用口座に自動で振り込み

貯金用口座を作りましょう。この貯金用口座は、安易に出金しないよう、ある程度の固い決意が必要です。
定額積立(自動積立定期預金など)でも大丈夫です。
その際、無理のない範囲で月1万円でもいいので、貯金をしましょう。

この貯金は、いざというときや特定の目的のために使えばいいです。
投資しようが海外旅行にいこうが、子どもの学費などに使おうが、ある目的のために貯金をするという行為が重要なんです。

目先のお金を将来のために貯めておく行為そのものが、浪費家にとっては大切だと考えます。
(私もそんなにできませんので、ここで言い聞かせてます笑)

普段の給料などが振り込まれる口座から、貯金用口座にATMで入出金してもいいですが、手数料が無料であることが必要です。
ATM入出金が面倒という方もいると思います。

そういう方は、定額自動振込サービスが利用できる住信SBIネット銀行を給料振込口座にするのがいいです。
定額自動振込サービスは、「毎月この日に、この口座に振込」できるサービスです。
貯金用口座に自動で振り込むように設定しましょう。
振込手数料は月1回から最大15回まで無料です。

イオン銀行のポイントクラブを利用する

ここでもう一つ、ケチ臭いお話しなんですが、SBI銀行の場合、振込手数料が最低月1回無料とお伝えしました。
ここでイオン銀行のポイントクラブを利用するわけです。

イオン銀行ポイントクラブ

私も最近この制度を知りましたが、住信SBIネット銀行からイオン銀行に毎月5万円を定額自動振込することで、50WAONポイントが無料で得られます。

貯蓄型の保険をクレジットカードで毎月購入

貯蓄型の保険は毎月自動で引き落としされます。
元本割れすることがめったにないため、貯金と同じ効果があります。
さらに、保険の支払をクレジットカードにすると、クレジットカードのポイントもたまるので、実質年払いの割引率とあまり変わらず、オトクですよ。
(年払いの貯蓄型の保険は、高額になるのでクレカ払いができないことも多い)
楽天カードで支払って、楽天ポイントをためて、投資信託を購入する。なんか得した気分になりますね笑

貯蓄型の保険は、色々あります。
代表的なものは、低解約返戻金型終身保険や個人年金保険、外貨建保険でしょうか。

私は、付き合いもあり、学資保険代わりに低解約返戻金型終身保険に加入しています。
保険料の払込期間中の解約返戻金が低い代わりに、保険料が安く設定されている終身保険です。
払込期間の途中で解約すると、元本(掛金)が大幅に目減りする保険ですが、払込期間満了後は年数が経つにつれ、解約返戻金も増えていく設計になっています。

そのため、払込期間が10年など短いものがいいです。
払込期間が20年のものや30年のものについては、オススメできません。
払込期間が長期であれば、それだけ解約する可能性は高くなり、元本割れの可能性も高まるからです。

個人年金はiDeCoの登場により、優位性があまり無くなりました。
個人年金の所得控除限度額(4万など)と比較すると、iDeCoは掛金が全額所得控除されるので、節税につながるからです。

また、保険会社に支払う手数料がもったいないので、外貨建保険はやめておきましょう。
それなら外貨預金などを、ご自身で毎月コツコツ購入していたほうがいいです。

外貨預金も住信SBIネット銀行はメガバンクなどと比較して購入手数料などが安く、自動で外貨を積立できるので、オススメです。

小規模企業共済

小規模企業共済は、自営業の方が対象になりますが、iDeCoと同様、掛金は全額所得控除となります。
iDeCoと異なり、60歳まで出金できないデメリットはありません。
(払込期間20年未満で解約すると元本割れします。廃業の場合は元本割れしません。)

こちらは、節税メリットを最も多く得られ、無担保での借り入れも可能であり、生命保険にもなるため、貯金の代わりに使っています。

小規模企業共済

浪費もいいじゃないか、好きなことに使うなら

タバコは百害あって一利なし。タバコは浪費。
それでもいいじゃないですか。
自分にとって有益なことに使う消費は浪費ではありません。それでストレス解消になったり、仕事を頑張れるなら。

気楽に考えて生きましょう!
…またタバコが増えるやん。。。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*