みんなのクレジット

みんなのクレジットへの業務停止命令と業務改善命令を受けて

みんなのクレジットに証券取引等監視委員会から行政処分勧告が出されていましたが、今回(2017/3/30)、関東財務局がみんなのクレジットに1ヶ月間の業務停止命令と、業務改善命令を出しました。

みんなのクレジットへ投資した資金はどうなってしまうのでしょうか・・。

さて、こういうときのために、私は分散投資の重要性を何度も訴えてきました。
今こそ、分散投資です。
みんクレが問題を起こしたから、ソーシャルレンディング全体から手を引くなんて、まさに「羮(あつもの)に懲りて膾(なます)を吹く」(注)です。
熱い吸い物を飲んでヤケドをしたのに懲りて、冷たいナマスも吹いて冷ますという意味。前の失敗に懲りて必要以上の用心をすることのたとえ。(デジタル大辞泉より)

今後一切投資をしないと言うならそれでもいいです。
ただ、当サイトをご覧の方は、会社員の方やその配偶者の方が多いのではないかと思います。
忠告しておきますが、投資をしないで会社員として働いているだけでは、生活は好転しません。
会社の仕事なんて、貴重な時間を切り売りしているだけですし、昇給額もわずかでしょう。
会社が倒産したり、クビになるかもしれません。
クビにならなかったとしても、定年になって身体のあちこちに不調をきたすまで、毎日朝から晩まで働き続ける羽目になります。

あるいは個人事業を営んでいる方は、収入が途切れる不安に苛まれながら、毎日ハードに働いているかもしれません。
子供と遊ぶ時間も満足に確保できないかもしれません。

しかし、投資から得る収入を少しずつでも増やしていけば、だんだんと労働時間を減らすことができ、最後には働かなくても暮らしていけるようになります。
労働からの解放です。
投資家、資本家になるということです。
これこそ資本主義における最強の形態です。

別に投資対象はソーシャルレンディングである必要はありません。
ソシャレンに投資しないにしても、何らかの投資は続けてください。

わざわざ当サイト(共働き貯金.com)に来るくらいですから、あなたは貯金をしているでしょう。
それは大変素晴らしいことです。 多くの人はほとんど貯金もなく暮らしています。
なんと、貯金ゼロの世帯は全体の30%にも上るという調査もあります。
世の中には稼いだお金を浪費して使い切ってしまう人が大勢いるということです。
だから、少しでも貯金があるということはすごいことなんです。

もう一歩踏み出して、投資家への道を歩んでみませんか?
ケガをしてもいいんです。
それを糧にして進んでいきましょう。
リスクを恐れる人にリターンはありませんし、成長もありません。
投資感覚は自分で投資をすることで磨かれていきます。
投資を避けていては、投資感覚を磨くのは難しいです。

貯金をするというのは、働かなくても食べていける経済的自由への第1ステップです。
そして、次のステップは、そのお金を有効に使うということです。
貯金はそれ自体ではリターンを生みません。
貯金を遊ばせておくことは、利益を得るチャンスを逃すということです。
しかも、貯金というのは何もしなくても、インフレが進めば、価値が減っていきます。
安倍政権や黒田日銀総裁は年数%のインフレ政策を進めていますよね。

わずかばかりの昇給を期待して、毎日満員電車に揺られて、嫌いな上司や取引先にペコペコ頭を下げる生活を定年まで続けたいというのなら止めはしません。
でも、もしも、そんな生活に少しでも嫌気が差しているなら、投資すべきです。
だって、そこに高利回りの投資案件があるのですから。
過度にリスクを恐れて、手をこまねいて立ち止まってるわけには行きませんよね。

クラウドクレジットは、先日みんなのクレジットに証券取引等監視委員会から行政処分勧告が出された直後に、以下のように説明しています。

  • 自己資産とお客様の投資資金を適切に分別管理していること
  • お客様の投資資金は全てクラウドクレジットグループ外の事業に使用していること
  • 今後も適切に運用状況を開示すること

私はこの姿勢に大変好感を持ちましたので、クラウドクレジットに100万円投資しました。

あなたの投資先はクラウドクレジットである必要はありませんが、リスクを過度に恐れずに投資を続けていってほしいと思います。

追伸
みんなのクレジットは、きっとそのうち、行政処分記念キャンペーンとか、業務停止記念キャンペーンとか、そんなのを開催してくれるんじゃないかと期待してます。

ソーシャルレンディング投資にも使える「ラダリング」とは

ハシゴ

投資をするときは、不測の事態があっても構わないように、ある程度の額を投資せずに、貯金しておく必要があります。
不測の事態というのは、たとえば会社をクビになったり、病気で働けなくなったり多額の医療費がかかったりといったことです。

でも、貯金(現金や普通預金、定期預金)の利息はとても少ないので、投資に回せば得られたはずの利益を得ることができなくなってしまいます。
つまり、あまり多額を現金で持っていると、せっかくの利益を逃してしまうことになります。機会損失です。
そのため、現金をいくら確保しておけばいいか、というのは投資する上でよく考える必要があります。

世間的には300万円だとか、給料6ヶ月分だとか色々と意見がありますが、人によって異なるのでここでは踏み込みません。
このお金のことは生活防衛資金と呼ばれていますので、ググってみるといいかもしれません。

ラダリングとは

さて、ラダリングという考え方があります。
これは、債券投資や定期預金のときに使われる考え方で、ラダリング(laddering, はしごの意味)のように満期が異なる商品を組み合わせて投資する方法です。

たとえば、満期が5年の定期預金は償還(お金が返ってくる)までに5年間待たなければいけませんが、5等分して、それぞれ満期が1年、2年、3年、4年、5年の定期に預金するとどうでしょうか?
毎年、5分の1が償還されるようになります。

さらに、満期1年の定期預金が償還されたら、次はまた満期5年の定期預金を契約します。

ラダリング

満期が長いほど金利が高くなる傾向にあるので、これにより5分の1が毎年償還されるにもかかわらず、高い金利を得ることができるようになるのです。
1年以内には使わないけど、5年以内には使うかもしれないお金を運用するのに向いている方法と言えます。

ラダリングをソーシャルレンディングに応用する

この考え方はソーシャルレンディングにも使えます。
ソーシャルレンディングの場合は、必ずしも希望のファンドが希望の日に償還されるわけではないですが、考え方は応用可能です。

たとえば、最近の案件を例に挙げると、以下のように期間をずらしてみてもいいかもしれません。

うまくラダリングをすることで、万が一の時に必要な資金を確保しつつ普通預金や定期預金を減らすことができるので、投資効率を高めることができます。

ソーシャルレンディングは満期が比較的短くて高利回りというメリットがあるので、私も今まではとりあえず定期預金に入れていた資金をソーシャルレンディングに振り分けています。

全て無料で口座開設できます。

1位 クラウドクレジット
海外に投資できる点が、他のサービスにはない特長で利回りも高め。
海外分散投資をしたいならおすすめ。伊藤忠商事が株主。
クラウドクレジット

2位 オーナーズブック
不動産特化。金利は5%と比較的低めだが、物件やリスクに対する説明が豊富なので、よく知った上で投資できる。SNS機能で投資家同士が交流できる点は他にない魅力。
オーナーズブック

3位 トラストレンディング
無料会員登録とメルマガ購読で1500円キャッシュバック。10万投資で合計5000円キャッシュバック

4位 maneo(マネオ)
日本初のソーシャルレンディング。最大手で業界シェア50%超。実績ナンバーワン。投資先が豊富。

5位 FUNDINNO(ファンディーノ)
日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスで、うまくいけば数十倍になって返ってくることも。
ファンドの募集が開始されました。

6位 クラウドバンク
証券会社が運営するクラウドファンディング。
140億円の募集実績がある。
クラウドバンク

7位 ラッキーバンク
不動産に特化したサービスで、利回りも高い。出金手数料無料も嬉しい。急成長中。
ラッキーバンク

会社員の方で、不測の事態があった場合はこちらの記事も参考にしてください。

ソーシャルレンディングのリスク、問題点とその対策

少額・短期間から投資でき、利回りも高くて話題のソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)。
しかし、完璧な投資商品はありませんから、リスクや問題点もあります。以下に挙げる特性を理解した上で、適材適所で活用していきましょう。

 

元本保証がない

元本保証はされません。借り手やソーシャルレンディング事業者に何かあった場合、最悪のケースだと投資した資金が一切返ってこないことがあります。
もちろん、逆に、投資額を超えて損をすることもありません。

元本保証はされませんが、元本割れがあったりすると投資家が離れていってしまうので、ソーシャルレンディング業者は色々と対策をしています。例えば、融資先の審査をしっかりと行ったり、担保を取ったり、会社代表者の連帯保証を取ったりしていることもあります。そのような業者を選べば比較的安心です。

当サイトで紹介しているソーシャルレンディング業者はほとんどが担保を取っているはずです。担保を取っていれば、借り手に何かがあったとしても、元本が保全できる確率は高まります。

また、クラウドクレジットが行っている保全策については以前こちらの記事で紹介しています。

ちなみに、今までソーシャルレンディングが元本割れしたという話は聞いたことがありません。
たとえば、maneoは過去6年間で600億円以上の貸し付けを行っていますが、元本割れはもちろん、予定利回りを下回ったことも一度もないそうです。

 

途中解約できない

ソーシャルレンディングは満期が決まっており、原則的に途中解約ができません。その期間中に必要になるお金を投資してしまわないように、運用期間を確認した上で投資しましょう。

途中解約はできませんが、そのおかげで解約しようかどうしようか迷って時間を無駄にすることもありません。株式投資だとつい途中で売りたくなってしまい、売ったら株価が上がっていったなんてこともありますが、ソーシャルレンディングではそういう心配はないです。

ソーシャルレンディングは運用期間があらかじめ決まっているため、収益をコントロールしやすいというメリットもあります。それについてはこちらの記事も参考にしてください。

 

投資後にできることがない

投資したあとは業者におまかせで、自分にできることはありません。逆に言うと何もしなくていいというメリットとも言えます。
そのため、忙しい会社員や、初心者でも始めやすいです。

 

満期前の償還(早期償還)

ソーシャルレンディングでは、貸し付けた資金が予定よりも早く投資家に返済されることがあります。
そうなると、他の投資先を探さないとなりませんので、手間がかかります。

ただ、早期償還は基本的にはメリットだと考えています。
なぜなら、短期間で高い利回りを得ることができるからです。
ソーシャルレンディング各社のファンド一覧を見ていると、年あたりの利回りは運用期間が長いほど上昇する傾向にあります。

たとえば、最近のみんなのクレジットのファンドの例をあげてみます。
《第100号》 不動産ローンファンドは18ヶ月で8.10%
《第101号》 不動産ローンファンドは16ヶ月で7.50%

100号案件が16ヶ月で償還されれば、101号案件と同じ運用期間なのに、利回りが0.60%高くなるということになるのです。
※利回りは年換算利回りです。

また、みんなのクレジットトラストレンディングといったキャッシュバックがある業者の場合は、運用期間が短くなるほど利回りが向上します。
運用期間が変わってもキャッシュバック額は変わらないからです。
ちなみに、私もつい先日、みんなのクレジットで9000円のキャッシュバックを受けました。

ただし、後述する待機時間も考慮すると、早期償還によって実質利回りが低下する可能性があります。

 

投資先が見えない

ソーシャルレンディングでは投資先の詳細が分からないようになっています。これは、怪しい事業や会社だから公開していないのではなくて、法律や金融当局によって規制されているためです。
投資先(借り手)を投資家(あなた)に公開してしまうと、貸金の扱いになり、投資家が貸金業者になってしまうという理屈です(!)。

なんとも奇妙な話です。このあたりの法制度がしっかりとしてくれば、アメリカのようにソーシャルレンディングがさらに普及すると思うのですが。

とにかく、投資家からは投資先が分からないので、ソーシャルレンディング事業者を信用するしかありません。信用できる業者を選ぶようにしましょう。当サイトでは、私たちが投資するに値しないと判断した業者は紹介していません。

 

分配金は雑所得

ソーシャルレンディングの多くは毎月分配金が支払われます。これは雑所得になるため、所得が多い人にとっては税制上不利です。

株の利益は約20%課税されるのですが、ソーシャルレンディングの場合、本業の所得が多い人は最大で約55%も課税されてしまいます。この場合、法人化を行うことで税金を減らせる可能性があります。また、収入の少ない家族がいれば、その人の名義にすることで節税することもできます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

株と違って特定口座のような仕組みがないため、確定申告が少し面倒です。
この辺は今後の法整備に期待したいところです。

 

投資までの待機時間がある

ファンドにはそれぞれ募集期間がありますが、募集終了日から実際に投資が実行されるまで時間があります。この間は資金をすでに振り込んでいるにもかかわらず利息が発生しないので、実質の利回りは低下します。

たとえば、クラウドクレジットの例を見てみましょう。(図はクラウドクレジットから引用して加工)

クラウドクレジット運用期間
赤枠で囲った部分を見てください。募集終了は2月下旬なのに、貸付実行は3月上旬になっており、この間は利息が発生しないことが分かります。

また、投資効率を考えれば、募集終了間際に投資するのがよいということになりますが、人気の案件だと、募集開始後すぐに投資しないと募集終了してしまうことがあります。たとえばラッキーバンクトラストレンディングではしばしば起こります。その場合、さらに待機時間は長くなります。

投資が実行されるまでは借り手にはお金が渡ってはいないでしょうが、ソーシャルレンディング事業者にはお金が渡っています。そのため業者の倒産リスクを負うことになります。
業者の倒産を避けるという観点では、クラウドクレジットmaneoには大企業が出資しているという点を考慮するとよいでしょう。

 

出金手数料がかかる

業者によっては出金手数料がかかります。一方で無料の業者もあります。
みんなのクレジットオーナーズブックは有料ですが、クラウドクレジットラッキーバンクトラストレンディングは無料です。

こちらの記事にまとめていますのでご覧ください。

 

おわりに

ソーシャルレンディングのリスクや問題点について見てきました。投資をする上で、リスクを知ることは大切です。
知ることでヘッジできるリスクもあります。複数の業者や案件に分散投資を行い、運用期間もずらすことで軽減できるリスクもあるということは覚えておきましょう。
分散するのは投資の基本です。

 

ソーシャルレンディングランキング

全て無料で口座開設できます。

1位 クラウドクレジット
海外に投資できる点が、他のサービスにはない特長で利回りも高め。
海外分散投資をしたいならおすすめ。伊藤忠商事が株主。
クラウドクレジット

2位 オーナーズブック
不動産特化。金利は5%と比較的低めだが、物件やリスクに対する説明が豊富なので、よく知った上で投資できる。SNS機能で投資家同士が交流できる点は他にない魅力。
オーナーズブック

3位 トラストレンディング
無料会員登録とメルマガ購読で1500円キャッシュバック。10万投資で合計5000円キャッシュバック

4位 maneo(マネオ)
日本初のソーシャルレンディング。最大手で業界シェア50%超。実績ナンバーワン。投資先が豊富。

5位 FUNDINNO(ファンディーノ)
日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスで、うまくいけば数十倍になって返ってくることも。
ファンドの募集が開始されました。

6位 クラウドバンク
証券会社が運営するクラウドファンディング。
140億円の募集実績がある。
クラウドバンク

7位 ラッキーバンク
不動産に特化したサービスで、利回りも高い。出金手数料無料も嬉しい。急成長中。
ラッキーバンク

 

ソーシャルレンディング投資状況を公開【2017年2月】

「共働き貯金.com(当サイト)の管理人はソーシャルレンディングを勧めているけど、本当に投資しているのだろうか?」
はい、もちろんしています。投資状況を公開してみます。

投資状況

みんなのクレジット

投資額:10万円
利回り実績:14.6%
分配金総額:1552円
キャッシュバック総額:13,000円

みんなのクレジットは「運用実績」のページで利回り実績が表示されるようになりましたね。
源泉徴収もしっかりとされていますし、文句ないです。

みんなのクレジット201702実績

以前の記事で予想した通り、新たなキャンペーンが開催されて利回りが上がりましたので、明日(2017/2/20)追加投資をするつもりでいます。
記事で言及した97号への投資はしてませんでした・・・

今なら新規口座開設で1000円キャッシュバック、15万円以上投資でさらに2000円キャッシュバックのキャンペーンも合わせて実施中です。

ラッキーバンク

投資額:30万円
年間利回り:9.4%
分配金総額:0円 (次回分配予定金額:2,891円)

ラッキーバンクも投資したばかりなので、まだ分配金はもらっていませんが、もうすぐ2,891円もらえるそうなので期待してます。

 

トラストレンディング

投資額:10万円
年間利回り:9.0% (キャッシュバックと誕生日プレゼント込みで14.5%)
分配金総額:0円
キャッシュバック総額:5,000円

トラストレンディングにも投資したばかりなので分配金はもらっていません。
キャッシュバック5000円はしっかり受け取っています。(メルマガ購読をして、10万円投資すればもらえます)
誕生日には500円分のQUOカードももらいました。

 

グリーンインフラレンディング

投資額:20万円
年間利回り:14%
分配金総額:0円

個人的に太陽光発電などの再生エネルギーが好きなので投資しています。利回りも高いですし。
本当は風力発電の方が好きなのですが、タイミングが悪かったようで投資できていません。風力発電所を眺めていると癒されますよね。(個人の感想です)

投資したばかりなので、まだ分配金は出ていません。

 

口座開設済みだが投資していない業者

以下の業者には口座開設をしていますが、まだ投資をしていません。

クラウドクレジットに投資をしていない理由は、私が外国株式を大量に保有しており、ポートフォリオが海外資産に偏っているからです。
ただし、海外資産を持っていない方は多いと思いますので、そういった意味でオススメしています。ソーシャルレンディングだけで海外に分散投資できるのは魅力です。
ちなみに、海外投資の確定申告については下記の記事で紹介していますが、結構面倒です。その点もクラウドクレジットを通せば楽になります。

オーナーズブックmaneoSBIソーシャルレンディングについては利回りが相対的に低いため、まだ投資していません。
はい、私のリスク選好が強いということです(笑)
これらの業者はリスクが比較的低いので、ソーシャルレンディング初心者の方には特にオススメです。
投資先の分散のため、私も今後の投資を検討しているところです。

FUNDINNOについては、まだファンドが募集されていないので、投資したくてもできない状況です。
日本初の株式投資型クラウドファンディングということで注目しています。

みんなのクレジット 2017スーパーボーナスシリーズ第2弾を考察

みんなのクレジット 満額成立

みんなのクレジットといえば複雑なキャッシュバックでお馴染みです。
今回は現在実施されているキャンペーンである2017スーパーボーナスシリーズ第2弾を考察します。

キャッシュバックの比較

みんなのクレジット2017スーパーボーナスシリーズ第2弾
https://m-credit.jp/news/detail/?nid=177より引用

投資額 キャッシュバック額 投資に対するキャッシュバック割合
400万 250,000 6.3%
300万 120,000 4.0%
200万 100,000 5.0%
100万 45,000 4.5%
75万 30,000 4.0%
50万 25,000 5.0%
35万 20,000 5.7%
15万 9,000 6.0%

キャッシュバック割合は少数第2位で四捨五入しています。

割合を見ると、15万円が低価格の割にコスパが良いことが分かります。

ローンファンドの比較

次は15万円を投資した場合の96~99号ローンファンドのキャッシュバックを含めた実質利回りを比較をします。

ファンド名 利回り キャッシュバック利回り 合計利回り 期間
《第99号》 不動産ローンファンド 8.5% 4.8% 13.3% 15ヶ月
《第98号》 不動産ローンファンド 8.3% 5.1% 13.4% 14ヶ月
《第97号》 M&Aローンファンド 8.0% 5.5% 13.5% 13ヶ月
《第96号》 M&Aローンファンド 8.7% 4.8% 13.5% 15ヶ月

利回りは少数第2位で四捨五入しています。

僅差ですが、97号が投資期間が短い割に利回りが高いですね。
97号に15万円投資することにします。

おわりに

しかし、最近は満額成立が減りましたね。
この調子だと、しばらく待てば、もっと利回りやキャッシュバックが良い案件が出てきそうな気もします。

みんなのクレジットの公式サイトはこちら