コミュニケーション

①家族仲良く②掃除③ながらをやめる~3つの節約術の紹介~

節約主婦

家計を見直したいときに気を付けるべきは「浪費」です。

必要以上に質素にする必要はなく、もやしだけ食べて我慢する必要もありません。
家族と仲良くすることで「浪費」が少なくなります。

家族との話し合いの時間を持とう

外出を控えるだけで浮くお金はあなどれません。
また電気代のことを考えると、家族それぞれが別々の部屋で過ごすより1つの部屋に集まったほうが節約になるはずです。
太陽光を利用できるうちは、電気をつけないで自然の明るさで過ごすことで電気代の節約にもなります。

「この週末の午前中は、みんなで一緒にいよう」と声をかけてみれば会話する時間を増やせます。
早寝、早起きは家族全員が「三文の得」です。
家族で午前中に、話し合い掃除などをするのもいいです。

掃除は節約につながるんですよ♪




掃除でスッキリ♪電気代もスッキリ!(^^)!

普段、照明器具のカバーを掃除してるでしょうか?派手に外すのは面倒で気が進まないはずですが、カバーは意外に汚れています。
知らず知らずのうちに汚れがたまって、余計な電気代がかかっていることもあります。
月に一回、少なくとも3か月に一回ぐらいは、照明器具のカバーを掃除してみましょう。

TVなども使わないときはコンセントを抜いてしまいましょう。待機電力の節約につながります。
こまめに掃除していると普段使っていない電気製品などを見直すきっかけにつながります。
掃除にはダイソンがおススメ。我が家はもう手放せないです。色々な場所で使えて、吸引力も減りません。購入額以上の価値はあります!


ダイソン掃除機
ダイソン掃除機(DYSON DC62motorhead DC62MH)

LED電球もおススメ

話題のLED電球は、玄関、廊下などに向いています。
省エネかつ長寿命で、衝撃に強く、スイッチを入れればすぐ明るくなります。

LED電球は他の電球に比べて値段は高いですが、
毎月のランニングコスト(日々の電気代)は大幅に安くなります。無理ない範囲で変えてみましょう。

我が家はこちらを使っています。安いと思うと無駄遣いしますが、ランニングコストは本当に安くなりましたよ♪
寿命が長いっていわゆる「カバンなら長持ちするヴィトン」と同じで、いいものを長く使うことが何よりも節約に役立ちます♪

アイリスオーヤマ LED電球 E26口金 60W形相当 電球色 広配光タイプ 密閉形器具対応 LDA8L-G-6T2

 

節約が難しいなら、「ながら」をやめよう

家族団らんや掃除などを紹介してきましたが、月10万円節約など、見違えるほどには家計が改善できないことも多いでしょう。
なかなか効果が実感しにくいため、長続きしないことも多いです。

ただ、次に紹介する「ながら」「だらだら」を止めるだけでも節約になります。
コツコツと実践することでお金が貯まりますし、「やるときはやる、遊ぶときは遊ぶ」と子どももメリハリがつくかもしれません。

「ながら」「だらだら」をやめよう

テレビ見「ながら」勉強をすると気づかないうちに時間が過ぎてることがありますし、
それほど興味ないテレビを「だらだら」見て電気代も高くつきます。
そもそも、勉強効率が悪いはずです。

人間は、一つのこと(勉強)に集中すると別のこと(テレビ)をシャットダウンしてしまいます。
それでいいんです。遊ぶときは、遊び、勉強するときは勉強する。
「二兎を追う者は一兎をも得ず」の格言通り、一つのことに集中すればいいと思います。
そのため「ながら」「だらだら」をやめることで、結果として集中力がある人間に育ちます。

これは、お菓子を食べ「ながら」とか、「だらだら」マンガを読みながらとか、どんなことでも同じです。
時間を決め、しっかりとマンガを読み、しっかりとスポーツをし、しっかりと寝て、しっかりと遊び、しっかり勉強する。

行動することは難しいですし、私もなかなかできていませんが、この「しっかり」が一つでもできるとすごく立派だと思います。
結果として、電気代やお菓子代が減り、家計にも「しっかり」役立ちます。




共働き×時間のすれ違いの解決アイテム!ホワイトボード!

white borad

共働きだと、お互い一緒にいる時間が少ないときってありませんか。
月曜から金曜まで家族団らんがなく、ほとんど顔を合わせない日もあるかもしれません。

お金よりも大事なことの一つが「家族愛=家族とのコミュニケーション」です。
行き過ぎると、自己中心的で自分の家族だけが良ければいいとなり、問題ですが。

家族とコミュニケーションを図る、そんなときに便利なのが、ホワイトボードです!
子どもの知育にもいいようで、お子さんがいる家庭でもおススメですよ。
お父さん、お母さん、お子さんそれぞれのスペースを作っておいて、書き込むわけです。
玄関に置いておけば、普段、仕事が忙しく子どもとお話しする時間がなかなか取れないお父さんも、コミュニケーションを図れます。

付箋(付せん)とか、ビジネス的で味気ないじゃないですか?付箋は職場だけにしておいて、ホワイトボードです!

お金の管理にも役立ちますよ。
今日のランチ代とかを1週間分ホワイトボードに書くわけです。うわ、外食高いなぁなんて思いますよ笑

なかなか伝えられないことをホワイトボードに書くのもいいですね。
大事なのは「家族間での共有」です。嬉しいことや楽しいこと、哀しいことなどを家族で共有できるっていいじゃないですか。
家族が同じ方向を向いている状態って大切ですよ。それが「家族愛」につながります。

私は、両親がケンカばかりで、すさんでましたからね。
今となってはいい思い出ですが。

そういうことがないように、家族が同じ方向を向けるように、家族間の共有を大切にしていきたいと考えています。
そのための一つのツールとして、ホワイトボードは役に立ちます。
(うちは反対に一緒にいすぎて、ケンカばかりなんですが笑)

私はAmazonで買いました。
マグエックス ホワイトボードMX A2サイズ MXWH-A2

ホワイトボードは磁石がくっつくわけですよ。我が家では数字が書かれているマグネットシートを買って、子どもに数字を教えてたりします。

コクヨ マグネットシート 数字 黒 マク-331

「これが1で、1+1=2」とかね。どうせなら四則演算できるのがいいですね。
なんで2になるか?って質問難しいですよね。人間が決めた、定義の問題なので、子どもが納得いくいい説明ありますか?

あと工夫次第ですが、女の子ならディズニープリンセスのシールをマグネットシートにくっつけてプリンセスごっこもできるわけです。
女の子は、ディスニープリンセス好きですから。(うちは、人形だけじゃ足りないようで、、、)

家族間での出来事の共有だけでなく知育にも役立つツール、ホワイトボードの紹介でした。