ハシゴ

投資をするときは、不測の事態があっても構わないように、ある程度の額を投資せずに、貯金しておく必要があります。
不測の事態というのは、たとえば会社をクビになったり、病気で働けなくなったり多額の医療費がかかったりといったことです。

でも、貯金(現金や普通預金、定期預金)の利息はとても少ないので、投資に回せば得られたはずの利益を得ることができなくなってしまいます。
つまり、あまり多額を現金で持っていると、せっかくの利益を逃してしまうことになります。機会損失です。
そのため、現金をいくら確保しておけばいいか、というのは投資する上でよく考える必要があります。

世間的には300万円だとか、給料6ヶ月分だとか色々と意見がありますが、人によって異なるのでここでは踏み込みません。
このお金のことは生活防衛資金と呼ばれていますので、ググってみるといいかもしれません。

ラダリングとは

さて、ラダリングという考え方があります。
これは、債券投資や定期預金のときに使われる考え方で、ラダリング(laddering, はしごの意味)のように満期が異なる商品を組み合わせて投資する方法です。

たとえば、満期が5年の定期預金は償還(お金が返ってくる)までに5年間待たなければいけませんが、5等分して、それぞれ満期が1年、2年、3年、4年、5年の定期に預金するとどうでしょうか?
毎年、5分の1が償還されるようになります。

さらに、満期1年の定期預金が償還されたら、次はまた満期5年の定期預金を契約します。

ラダリング

満期が長いほど金利が高くなる傾向にあるので、これにより5分の1が毎年償還されるにもかかわらず、高い金利を得ることができるようになるのです。
1年以内には使わないけど、5年以内には使うかもしれないお金を運用するのに向いている方法と言えます。

ラダリングをソーシャルレンディングに応用する

この考え方はソーシャルレンディングにも使えます。
ソーシャルレンディングの場合は、必ずしも希望のファンドが希望の日に償還されるわけではないですが、考え方は応用可能です。

たとえば、最近の案件を例に挙げると、以下のように期間をずらしてみてもいいかもしれません。

うまくラダリングをすることで、万が一の時に必要な資金を確保しつつ普通預金や定期預金を減らすことができるので、投資効率を高めることができます。

ソーシャルレンディングは満期が比較的短くて高利回りというメリットがあるので、私も今まではとりあえず定期預金に入れていた資金をソーシャルレンディングに振り分けています。

全て無料で口座開設できます。

1位 クラウドクレジット
海外に投資できる点が、他のサービスにはない特長で利回りも高め。
海外分散投資をしたいならおすすめ。伊藤忠商事が株主。
クラウドクレジット

2位 オーナーズブック
不動産特化。金利は5%と比較的低めだが、物件やリスクに対する説明が豊富なので、よく知った上で投資できる。SNS機能で投資家同士が交流できる点は他にない魅力。
オーナーズブック

3位 トラストレンディング
無料会員登録とメルマガ購読で1500円キャッシュバック。10万投資で合計5000円キャッシュバック

4位 maneo(マネオ)
日本初のソーシャルレンディング。最大手で業界シェア50%超。実績ナンバーワン。投資先が豊富。

5位 FUNDINNO(ファンディーノ)
日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスで、うまくいけば数十倍になって返ってくることも。
ファンドの募集が開始されました。

6位 クラウドバンク
証券会社が運営するクラウドファンディング。
140億円の募集実績がある。
クラウドバンク

7位 ラッキーバンク
不動産に特化したサービスで、利回りも高い。出金手数料無料も嬉しい。急成長中。
ラッキーバンク

会社員の方で、不測の事態があった場合はこちらの記事も参考にしてください。