社会保険料

社会保険料(健康保険料と厚生年金)を減らしたい、節約したい方は、春の残業を抑えましょう。というお話です。
サラリーマンやOLなどの会社員の方で、社会保険料を減らしたい!という方は、必見です。

社会保険料、高いですよね。まずは、社会保険料が決まるしくみを把握しておきましょう。




社会保険料の計算方法

社会保険の金額は「標準報酬月額」×「保険料率」で決まります。
保険料率は自分でコントロールできないので、「標準報酬月額」を少なくします。

標準報酬月額の決まり方

「標準報酬月額」は4月から6月の給料の平均で決まります。要は4月から6月の給料の合計÷3か月ということです。一年間の給料ではありません。
残業代が支給されるのは、1か月遅れになることが多いので、3月から5月の残業を減らせば、4月から6月の給料額面が下がります。
結果として、「標準報酬月額」が下がる可能性があります。
(細かいですが、給料だけではなく、会社で交通費が支給されていれば、その交通費は月割りで標準報酬月額に含まれて計算されます。)

春(3月から5月)の時期は残業を抑えよう!と意識するだけでも社会保険料が下がるかもしれませんね。その分、今の制度だと年金額も少し減ります。
標準報酬月額には等級があり、等級で負担額が変わります。等級を下げるのがポイントです。

具体的にどれぐらい変わる?

具体的にはどれぐらい変わるの?と疑問を持つ方もいらっしゃると思うので、具体例をご紹介します。
40歳以上で、残業をして標準報酬月額が380,000円の方が、春の残業を減らして、標準報酬月額が325,000円になったとします。

社会保険料具体例
上の表の赤枠部分をご覧ください。サラリーマン負担分は半分なので、折半額の列を見ます。
380,000円の場合は、社会保険料が健康保険21,964円(介護保険あり)、厚生年金34,546円の合計56,510円となります。
325,000円の場合は、社会保険料が健康保険18,496円(介護保険あり)、厚生年金29,091円の合計47,587円となります。

社会保険料の差額は、8,923円となります。毎月これだけ手取りが増えるわけです。
社会保険料を減らすだけで、年間10万超の差がでます。

なお、現在の社会保険料は、ボーナスからも引かれますが、ボーナスの場合は、保険料率をかけるだけなので、自分で削減節約はできません。

春に残業するなら夏以降にしようという方も増えるかもしれませんね。
時間を決めて仕事したほうが、ダラダラ仕事するより、ストレスもかからず、体にも健康的で生産性が上がるかもしれませんし。




社会保険料上がりすぎ?!

社会保険料が平成29年3月から上がります。
毎年上がっていますね。20年前ぐらいから、給料だけでなくボーナスからも社会保険料を取られるようになりました。

10年前の平成19年の社会保険料率は、会社員の負担分で健康保険4.715%(介護保険あり)、厚生年金7.498%でした。
平成29年からは、会社員の負担分で健康保険5.78%(介護保険あり)、厚生年金9.091%です。

要するに、ここ10年だけでみても12.213%→14.871%で2.658%上がっています。(東京都の場合)
ん?大したことない?額面30万円の場合、サラリーマン負担分で8,000円ほどあがっている計算です。
社会保険料は、給料から天引きされるので、額面30万円の給料の方は、8,000円手取り額が減っているわけです。
総務省が公表している「家計調査」で、3年連続して個人消費が減っているというデータも納得ですよね。

少子高齢化が進んでいるので、現状の年金や健康保険の制度の維持は、厳しいのではないでしょうか。将来世代に負担がいくことのないように望むばかりです。
病院に行かない人にメリットを与える制度にしてもいいんじゃないかと思います。

こちらの記事でも、給料から天引きされる税金や社会保険料の計算方法を紹介しています。