節約

節約の至上命題は固定費削減【お金が貯まる強い家計にする方法】

piggy-bank-1056615_640

お金が貯まる強い家計にするためにはどうしたらいいでしょうか?
まずは、節約しましょう。思い立ったら「節約」です。それだけで、ザクザクサクサクたまります。

節約するにはどうしたら?まず、食費をさげよう。外食を減らそう。頑張っても食費を削るにも限界があり、なかなか続きませんよね。(偏った食事はよくないですし。)
節約がもっとも効果を発揮するのは、「固定費」です。節約はまず「固定費」を下げることから始めるのが一番です。
固定費といえば、住居費、保険料、自動車、通信費、光熱費などがあります。

固定費とは、普段の生活の中で、頑張って節約しようにも下げられないコストです。人が呼吸をするように、固定費は家計にダメージを与え続けます。(言い過ぎですかね笑)
ただ、お金が貯まる家計にするため、固定費削減は、史上命題です。

結局、固定費を下げてもどこかで使ってしまいます。(だって人間だもの by 相田みつを)
ただ固定費を下げることは、収入があがらない昨今の状況では、家計を強くする一番効果的な方法です。

なぜ固定費を削減する必要があるのか?

ここでは、管理会計のお話を少ししますね。「あれ?なんか難しい?」、別に構えないで下さい。
「STOP THE TIME, SHOUT IT OUT、がまんできな~い(by B’z  LOVE PHANTOM)」基準です。(古いですね。同意します。)
この「がまんできな~い」基準を、損益分岐点と言います。
(ここでは、家計のお話しに落とし込んでお話ししますので、正確ではありません。ご承知おきを)

家計の損益分岐点とは

家計の損益分岐点ってなんぞや? 損益分岐点とは、利益が0円のときの収入のことです。
収入が損益分岐点以下であれば赤字、それ以上になれば黒字でその分の貯金が可能です。
家計の損益分岐点=固定費÷{1-(変動費÷月収)}で求めます。

変動費とは、食費・日用品代・被服費・お小遣い・趣味娯楽費・交通費・交際費・旅行代などを言います。
固定費と違って、自分でコントロールできる費用です。

食費を例にあげてみましょう。残業が多くなったりして、外食が多くなれば、食費は高くなります。
残業のときって無性に飲み物やお菓子を口にしたくありませんか?残業すると結果として、食費が上がったりすることも多いでしょう。
家に帰って食べると安くすみます。でも、たまには外食しますよね。
また、会社での付き合いもあります。断り続けるのも、良くないでしょう。家族ぐるみのお付き合いなどもあるでしょう。

こんな感じで、毎度毎度、自分との欲望のせめぎ合いで、食費が高くなったり、安くなったりします。
このような自分である程度コントロールできるコストを変動費といいます。
一方で、固定費である住居費は、自分がいくら努力しようにも削減できません。自分で値段をコントロールできないんです。
変動費と固定費の紹介は以上です。

さっそく、各家庭で、変動比率=変動費÷月収を計算してほしいのですが、「なんか難しいな?」という方は、変動費÷月収の理想的な目安である30%で計算してみましょう。

固定費が21万円とすると21万円を(1-0.3)の0.7で割るわけです。その結果、損益分岐点は30万円になります。
30万以上の手取り月収がないと赤字になります。30万ないと生活できないということです。毎月手取り30万以下が続けば、がまんできな~い基準です。

これがもし固定費を削減して、固定費が21万円から17.5万円(3.5万円減)になったらいかがでしょう。
17.5万円を0.7で割って損益分岐点は25万円になります。

3.5万円固定費を削減するだけで、手取り25万円で生活できるようになります。5万円手取りが下がろうが、生活ができます!
手取りが30万円のままでも、毎月5万円貯金することができます。

これは大きいですよ!
変動費は使うときと使わないときがあるので、日々の家計の状況を見て自分で決められます。変動費はセルコン(セルフコントロール)が可能なんです!
固定費は、かける費用を自分で決められないので、その固定費を削減することが優先です。
家計を強くするには固定費を削減することが一番です。固定費を削減すれば無敵状態が常に継続します!

固定費を削減する方法

固定費は、なかなか削減することが難しいと言われていますが、いったん削減するとみるみるうちに家計に余裕が出てきます。
固定費削減について、ステップ別に見ていきます。

ステップ1~己を見つめよ~

まずは、家計簿をつけている方は、家計簿を見つめてみましょう。それ以外の方もある程度感覚でわかると思います。
固定費には

  • 住居費
  • 保険料
  • 自動車
  • 通信費
  • 水道光熱費
  • 美容代(一部変動費ですが、固定費として扱います。)
  • クレジットカードの年会費

などがあります。

見直す固定費の検討については、人それぞれ価値感が違うので注意が必要です。
固定費のうち、どれを減らすかは家族でよく話し合ってください。(もちろん一人暮らしの方もよく考えてくださいね。)

例えば、自動車やバイクが趣味な男の人は自動車にかかるお金はなかなか減らせません。おそらく最後の「聖域」です。
他はいいけど、これだけは譲れない!という「聖域」が誰しもあると思います。
家族で、優先順位を決めて、これは減らしても大丈夫という固定費は減らしていきましょう。

ただ、聖域にも節度があります。生活をないがしろにしてまで、お金をツッコむのは良くありません。
考えればいろいろ出てきます。聖域でも削減できる余地はあります。

まずは、固定費を削減する項目を家族や自分自身と話し合ってください。決めたら即行動です。



ステップ2~あいみつもり~

固定費削減する項目を決めたら、「相見積もり(あいみつもり)」をとりましょう。
「だって人間だもの」の「あいだみつを」さんではありませんよ。「あいみつもり」です。
これが一番大切です。固定費削減のキーワード、それは「相見積もり」です。下げようと思ったら「相見積もり」を思い浮かべてください。

「相見積もり」とは、同じ商品などを複数の会社からも見積もってもらうことです。
つまり、品質がそれほど変わらないモノ(個人によって違います。)であれば、値段が安い業者を選ぶよということです。

「相見積もり」は行政や企業でもやっています。「相見積もり」をとることが、デフレを助長させているんじゃないかと思うほど効果があります。
競争入札という言葉を耳にしたこともいらっしゃると思います。あれは、複数業者から相見積もりをとっているわけです。

相見積もりの事例

たとえば、スマホの毎月の固定費を下げようという場合を考えてみてください。
A社、D社、S社の三大キャリアで見積もりをとりました。家族割などの適用で一番安かった〇社と契約しよう。

確かにこれも「相見積もり」です。個人的にスマホは三大キャリアがいい!という人はそれで大丈夫です。
ただ、スマホ(携帯)は高いし、そんなに気にしていないやという方は、最近では格安sim(MVNO)、ガラケーなどの手段もあります。

そのため、格安sim業者に「相見積もり」をとることを考えてみましょう。
格安simは、三大キャリアのスマホ料金に比べ、1台あたり、毎月6,000円以上も安くなるプランもあります。
(三大キャリアのスマホ料金は月8,000円として計算しています。)

家族で2台持っているなら、毎月12,000円、毎年144,000円の固定費削減です。
月12,000円の確定拠出年金を掛けられますね。毎年144,000円所得から引かれるので、節税となり年末の還付税金が多くなるかもしれませんね。
老後の資金も貯められますね!(あくまで一例です。)

キーワードは相見積もりです。
まずは毎月の支出をざっくりでも把握したうえで、この固定費を見直そうかなと思い立ったら、相見積もりです。
比較サイトなどで料金を調べて見積もりをとってください。

ただ、相見積もりをする上では、1つ注意が必要です。
あなたが、契約段階で相見積もりをとるということを業者に伏せておいたほうがいいケースやタイミングもあります。
例えば、引っ越し時期(3月末あたり)の引っ越し業者は繁忙期(すごく忙しい時期)です。
その場合、相見積もりをとる態度で交渉すると、「違うところにいってください!」なんて言わることもあります。
逆に、繁忙期以外では引越し業者の相見積もりを取ると、驚くほど安くなったりします。
引越し業の変動費は安いので、安くても仕事を取ったほうが得なのです。人やトラックを遊ばせていてもしょうがないですから。
TPO(Time Place Occasion 時、場所、場合)には注意しましょう。

具体的な固定費の削減方法

このように、毎月当たり前に支出している費用を見直すことで家計の固定支出を小さくできます。ぜひ家計の固定費を削減してみましょう。




【ステップ別節約】ヘアーカットで毎月3500円以上カット?!

髪

あなたは、美容室や理髪店にどれだけお金をかけていますか?
総務省統計局「小売物価統計調査報告」では、カットで約3,500円ぐらい、パーマで約7,500円ぐらいかかっています。

特に男性は、カットだけという方も多いでしょうが、毎月行く方は平均で毎月3,500円かけているわけです。
そのため、カットに行く回数が 毎月1回 → 3か月に1回 になるだけで、年間で28,000円も節約できる計算になります。
カットに行く回数が、 毎月1回 → 半年に1回 になれば年間35,000円も節約できます。

もちろん、女性も美容院代を節約できます。
美容院に行かなければ、お金だけじゃなく、時間の節約にもなります。美容院に行けば少なくても1時間ぐらいはかかりますが、セルフカットをすれば、その時間も半分以上は削減できます。

では、美容院や理髪店の頻度を少なくする方法と節約金額をステップ別にご紹介します。

ちなみに私は半年に一回髪を切りにいくか行かないかです。美容室代は、年間1万かかりません。
その分、パートナーの小遣いにいってますが、それでも十分節約できている自負はあります。
(結婚してから身なりを気にしなくなったというのもあるかもしれませんね、、、)

ステップ1~入門編~

毎月、髪を切りに美容院などに行っている方は、美容室などに行く回数を2か月に一回にしましょう。
気になるという方は、パートナーに髪を切ってもらいましょう。自分で切るのもありです。

それだけで、美容院などに行く回数(1回あたり3,500円)が、年間で12回(1か月に1回カット)→6回(2か月に1回カット)になります。
3,500円×6回削減=21,000円の節約となります。

まずはここから始めてみましょう!

ステップ2~応用編~

ステップ2は、カットの回数を3ヶ月に1回のペースにします。
身だしなみを気にするのであれば、セルフカットをするか、パートナーに切ってもらうことが必要になってきます。
また、カラーリングをしているのであれば、セルフ染めをするか、パートナーにしてもらいましょう。

これで、美容室に行ってカットしてもらう回数は、年に12回(1か月に1回カット)→4回(3か月に1回カット)に減ります。
3,500円×8回削減=28,000円の節約です。

ステップ1と比べても6回(2か月に1回カット)→4回(3か月に1回カット)になります。
ステップ1からの節約金額は3,500円×2回削減=7,000円の節約となります。

ステップ2は当面の目標です。28,000円の節約となり、半分を貯金したとしても、家族で何か贅沢ができる金額になります。

ステップ3~プロ編~

次は、カットの回数を半年に1回のペースにします。
出来る限り、パートナーに切ってもらいましょう。慣れてくれば、パートナーのカット能力も各段に上がっていきます。
そして、半年に1回、美容室でカットしてもらいます。
髪型をある程度維持するため、2か月~3か月に一回ぐらいの頻度で、毛先を切ったり、トップを梳いたり(すいたり)してれば、髪型は大抵維持できるものです。
メンテナンスを適宜行うことで、美容室でカットしてもらった状態の髪型が維持できます。

これで、美容室に行ってカットしてもらう回数は 12回(1か月に1回カット) → 2回(6か月に一回カット) になります。
3,500円×10回削減=35,000円の削減です。

ステップ1と比べれば、6回(2か月に1回カット)→2回(6か月に一回カット)になります。
ステップ1からの節約金額は3,500円×4回削減=14,000円の節約となります。

ステップ2と比べれば、4回(3か月に1回カット)→2回(6か月に一回カット)になります。
ステップ2からの節約金額は3,500円×2回削減=7,000円の節約となります。

ここまでくると、一か月あたり約3,000円の節約です。浮いたお金でパートナーと小旅行でも行っちゃってー。

ステップ4~髪の神編~

節約の神の域です。
美容室に行きません。すべてセルフカットか、パートナーに切ってもらいます。この場合、美容室代はかかりません。
まさに髪の神です。

節約の概念すら超越し、美容室にかかってたお金がすべて節約できます。
3,500円×12回削減=42,000円の削減です。

まずはステップ3までチャレンジ!その後、ステップ4を目指しましょう。
今後、浮くお金は貯金でもいいですし、パートナーに3年に1回ぐらいはブランドバックなども買ってあげることもできます。
お好きなように。

神の域までは、遥か遠い山頂かもしれませんが、まずはステップ1からチャレンジしてみませんか?
慣れてきたらステップ3までは、大丈夫です。ぜひ、チャレンジしてみましょう。

LICEL 自宅でプロ仕様 プロの力を借りなくても 初心者・美容師向け 高級ステンレス製 カットシザー/セニングシザー(カットはさみ/すきばさみ)ブルー 保管ケース付き はさみ自体にも[Licelロゴ入り]

 

ご褒美も

美容室に行く代わりに、自分で頭皮マッサージをしてみましょう。お金もかからず、毎日頭皮エステができます。
私も美容室に行く代わりに、お風呂の中で、頭皮エステを使用しています。気持ちいいですよ。

パナソニック 頭皮エステ(皮脂洗浄タイプ) シルバー調 EH-HM75-S


パナソニック 頭皮エステ サロンタッチタイプ ルージュピンク調 EH-HE98-RP

冬の暖房代(電気代) まだ○○円も払ってるの?節約しなきゃ損です!

寒い冬にかかる電気代のうち、最も多いのは暖房代でしょう。
今回は、その暖房代を節約する方法について紹介します。

重ね着をする

ブランケットに包まる女性

意外と薄着のままエアコンをつける人が多いようです。

節約したいなら、暖房器具をつける前に、服を着ましょう。

特に足元は冷えるので靴下、ルームシューズを履きます。
首元にもマフラーなどを巻きましょう。

妥協してはいけません。着れるだけ重ね着することです。
「十二単か?」とツッコまれるぐらい着込むのがポイントです。

また、ユニクロでお馴染みのヒートテックといった機能性の防寒着を有効活用しましょう。

その上で、ブランケットや毛布にくるまれば完璧です。

 

窓をふさぐ

窓とカーテン

部屋が寒くなるのはどこかから熱が逃げているからです。
一般的な住宅の場合、最も熱が逃げやすいのは”窓”からです。
窓を閉めていても、窓は壁と比べて断熱性が低いため熱が逃げやすくなっています。

もし、ガラス自体を交換できるのなら断熱ガラスにしましょう。
それができないのなら、窓ガラスに断熱シートや断熱フィルムを貼ります。

雨戸があれば閉めましょう。
カーテンも閉めましょう。
カーテンはなるべく厚手で断熱性が高いものを使い、床まで届く長さにしましょう。

逆に、晴れた昼間など、外の方が暖かい場合は雨戸やカーテンを開け、部屋を最大限に暖めて夜に備えましょう。
もし、昼間に部屋が暑くなってきたとしてもカーテンを閉じたりせず、服を脱いだり、ドアを開けて家全体を暖めたりしましょう。

 

暖房器具を見直す

エアコン

暖房器具の温度はなるべく低めに設定しましょう。

なるべく暖める範囲を狭めるようにしましょう。
たとえば、2部屋をつなげて暖めたりせずに、どちらか片方の部屋に集まるようにしましょう。

エアコン

節約のためを思って、エアコンを弱運転にしている人は自動運転にしましょう。
自動運転は電気代を節約するために最適化されています。

エアコンはフィルター掃除をこまめに(2週間に1度)掃除しましょう。
床に掃除機をかけるついでにフィルター掃除をする癖を付けてしまうといいです。

エアコンの吹き出し口や、室外機の周辺に空気の流れを妨げるものを置かないようにしましょう。
エアコンの前に洗濯物を干したりするのは止めましょう。

暖かい空気は天井付近に溜まりがちなので、サーキュレーターで空気を循環させるようにしましょう。

エアコンは、起動直後に最も電気代を使用します。
頻繁にオンオフしたりせず、短時間の外出の間はつけっぱなしにしましょう。
朝起きて、外出するまでの短時間だけつけるのは無駄です。なるべく我慢しましょう。

出かける予定があるときは、出かける直前にエアコンを切るのではなく、もっと早めに切りましょう。
出かける直前まで付けておくと、出かけたあとに人がいないのに暖かいという状態になってしまい無駄が大きいです。
エアコンを消してもすぐに寒くなるわけではないので、早めに消しておきましょう。

 

電力会社を見直す

電力会社選び

2016年4月から電力の小売が自由化されました。
なるべく安い電力会社を契約するようにしましょう。

我が家ではHTBエナジーを使用しています。電気料金が東京電力よりも5%安くなるのでお得です。
電気料金は毎月かかるため、5%でも安くなればトータルで見ると大きな電気代節約効果を得ることができます。