節約主婦

お金を貯めたいけれど、なかなかうまく貯金ができないと悩みを抱えている方も多いと思います。
貯金のために節約したいけれど、どこから手をつけたらいいか分からないという方も多いのではないでしょうか。

節約と聞くと、どこか毎日辛そうと思いがちですが、ちょっとした心掛けでいくらでも行うことができます。
工夫をして、節約を毎日の生活に取り入れてみましょう。

では、どのような節約方法があるのでしょうか。

光熱費の節約

まず初めに、一般家庭で最も使用頻度の高いものといえば、光熱費です。

電気代

水道光熱費の中でも特に節約できるのが電気代です。

電気代が多くかかってしまう家電の代表が、エアコン、冷蔵庫、そしてテレビといわれています。
こまめに電気を消すのはもちろんですが、
リモコンを使用する電化製品は待機電力を使用するため、
特に使用しない場合はコンセントを抜いておくとより電気代の節約になります。
長期間、家を空ける際にはさらに有効です。

テレビを見ていないのに付けっぱなしにしたり、時計代わりに見ているようだとやはり電気代は増えていってしまいます。

エアコンは冬と夏に一番使うので、電気代も高くなってしまいます。
特に夏はエアコンの使用が多くなる季節です。
扇風機を上手く利用して、より涼しくなるようにするのも良い方法です。

また、遮光カーテンを利用して、窓からの強い日差しで部屋の暑さを弱める工夫をすると良いでしょう。
最近は緑のカーテンが流行っています。
窓の外にゴーヤや朝顔など、つる性の野菜や植物などを作ることで、部屋の気温を下げることができます。

冷蔵庫は設定温度によっても、電気代が変わってきます。
冷蔵室は物を詰め過ぎると、より多くの電気代がかかってしまいます。
逆に冷凍室は凍ったものを重ねておくことにより、相乗効果で冷えやすくなります。
夏は特に食材が傷みやすいので、早めに冷凍しておくのも良い方法です。
熱を持ってる食材はしっかり冷ましてから冷蔵庫へ入れましょう。
夏は特に注意したい点ですが、冷蔵庫を何度も開け閉めすると庫内の温度が上がり、
温度を下げるのにかなりの電力を使ってしまいます。

照明やエアコンを点けるときは、各部屋で点けるのではなく一つの部屋にみんなで集まった方が安く済みます。

電力会社のプランによっては、昼よりも夜間の方が電気料金が安くなる場合もあります。




ガス代

ガスをご使用のご家庭では、なるべく火力を弱めてゆっくりと加熱した方が節約になります。
また電子レンジを使用した調理を行うと、電気代とガス代を合わせた合計額を節約できる場合があります。
例えば、ポテトサラダを作る場合、電子レンジで野菜に火を通しておくと、ガスで野菜を茹でるよりも節約になります。

もし、プロパン会社を使用していて、安いガス会社と契約したければ、
ガス料金の無料一括見積サイトを利用してみて下さい。
自分で近隣のガス会社を探し、料金を比較するのは時間もかかりますが、
こうした見積もりサイトは一回情報を入れるだけで全国2万社以上ある会社から、
おすすめガス会社を教えてもらえます。

さらに、契約変更をするときは解約手続きもしてくれるのです。
もちろん、見積もりだけして、良い会社が無ければ断っても構いません。
無料で料金を調べて比較してくれるサイトなので、利用しない手はありません。

水道代

水道水を使用するときは、使うときだけ水を出し、こまめに止めることが大切です。
特に水道を多く使用するお風呂では、シャワーの出しっぱなしを止めることでかなりの水道代を節約することができます。
またお風呂のお湯の量を見直すことで、さらに水道代の節約を行うことができます。

食器を洗う時は、水道の蛇口を一回半くらいひねった状態で水を桶に溜めて洗うようにしましょう。
お風呂の水は2日1回程度の交換にし、残り湯は洗濯機の洗い水にするお得になります。
金額でいうと2か月で3千円は節約できます。

食費の節約

次に、家計の大きな割合を占める食費の節約術についてご紹介します。

まずスーパーには基本的に週に1回しか行きません。
メニューなどは決めておかず、その時々で安売りされている食材を買いましょう。
スーパーによって特売日が決まっているならその日に行くようにしましょう。
その時もなるべく1週間で使い切れる量を意識して買いましょう。
あまりたくさん買い込んでも食材を使いきれず腐らせてしまい、もったいないからです。

会計の時には、私は楽天カードの一括払いで払っています。
そうすれば楽天ポイントが貯まるからです。
そして貯まった楽天ポイントで日用品を買います。
買い物だけでなく、公共料金などもカード払いにするとさらにポイントがたまりますよ。
ただし、カードだとつい買いすぎる癖がある方は現金の方がいいかもしれません。

さらに買い物の時、大体の1週間の食費の予算を頭に入れておきます。
その予算よりも買った金額が高かった場合は、
レシートを見直し無駄なものを買っていないか確認するクセを付けましょう。
レシートは取っておき、家計簿を付けるクセを付けましょう。

さて、次は買ってきた食材の保管方法の工夫についてです。

お肉などは冷凍する前に、1回で使う分ぐらいの大きさに小分けにして、ジップロックなどに入れて冷凍します。
乾燥してしまうので、必ず密封させましょう。

きのこ類は洗って冷凍します。
きのこは冷凍した方が栄養がアップしますし、1週間経っても痛まないので冷凍がオススメです。

野菜なども同様に、切って使うような野菜はあらかじめ切って冷凍しておくと、料理の効率もあがりますし一石二鳥です。

このようにすることでスーパーに行く回数を減らしましょう。
何回もスーパーに行くとその度に目に付いたものが欲しくなったり、
お腹が空いていればお菓子を買ってしまったりと、誘惑に負けて出費をしがちだからです。

どうしても足りないものが出てきた時はその足りないものだけを買うことを意識しましょう。
もし、余計なものまで買ってしまう場合は、ギリギリの金額だけを持ってスーパーに行くようにして下さい。

こうやって節約していくとどんどん食費を予算内に収められるようになっていきます。

もし、スーパーなどのポイントカードを持っていないという方や、かさばるので持ちたくない方であっても
ポイントカードを作成し、買い物ごとにポイントを貯めるようにしましょう。
Tポイントカードはコンビニやレンタルビデオなど色々なお店が加入していてオススメです。

お酒やジュースなどを飲みたくなってもコンビニや自販機では買わず、
ディスカウントストアでまとめ買いする方がお得です。

お子さん用におやつを買うときは、パンケーキミックスなどの材料を買って作った方が節約になります。

節約は小さいものからコツコツと

節約と言うと、どうしても大きいことに目が行きがちですが、
小さいことからコツコツと行うことでいずれそれが積もり積もって大きな節約に繋がります。
貯金をして、より豊かな生活を送るためにも日々できるところからちょっとずつ節約の幅を広げていってみてくださいね。

ただし、あまりに節約しすぎてストレスを溜めたりすると、やけ食いに走ったりすることもあります。
ストレスを溜めない程度に、たまには自分にご褒美のお菓子を買ったり、
ちょっとリッチな外食をしたりしてメリハリをつけ、いつもキツキツな節約をしないようにも気をつけましょう。




 

※私は主婦ではないですが、本記事は主婦の方に教えて頂いた節約術を編集したものです。